くらしと経済 〜2013年放送

12月27日(金)静かなブームの兆し「健康食グラノーラ」

(金城)
こんにちは、金城わか菜です。
ここ数年、朝食を見直す動きが活発化し、健康食品「グラノーラ」が注目されています。
お話を野村證券那覇支店支店長の田辺稔さんに伺います。

(田辺)
よろしくお願いします。

(金城)
最近では朝の活動、朝活がブームですよね。
早起きは三文の徳と言いますし、何より健康的ですね。

(田辺)
ええ。
そんな中で見直されているのが「朝食」なんです。

(金城)
朝食ですか!
最近ではパンケーキがトレンドですよね。

(田辺)
そうですね。話題のパンケーキ店は行列が絶えないほど人気だそうですが、
その次のトレンドとして注目されているのが「グラノーラ」なんです。

(金城)
グラノーラは私もよく朝に食べます。
ドライフルーツやナッツなどがミックスされているシリアル食品ですよね。




(田辺)
グラノーラは、オーツ麦を中心とした穀物を、ハチミツなどの糖分や油脂分を加えて焼き上げたシリアルです。
もともと健康食品としてアメリカで生まれたそうです。

(金城)
でも、なぜ今グラノーラが人気を集めているのでしょうか?

(田辺)
日本の芸能人がグラノーラを朝食として紹介したり、人気カフェのメニューに
グラノーラがあったりと、「健康的でおしゃれな朝食」としての認知度が高まったことが大きいと思います。

(金城)
たしかにおしゃれなイメージがありますし、手軽に食べられるのもいいですよね。

(田辺)
そうですね。
さまざまな食感や味が楽しめますし、栄養価も高いんですよ。

(金城)
そもそもシリアル市場はどのくらいなのでしょう?

(田辺)
過去3年間の推移は右肩あがりで、2012年は前の年に比べて12.5%伸びています。

(金城)
たしかに2012年にかなり伸びていますね

(田辺)
この伸びを牽引しているのが「グラノーラ」という見方もあります。

(金城)
へ〜!そうなんですか!

(田辺)
その裏付けとして、ここ最近グラノーラ市場はかなり伸びてきていて、
2012年は94億円で前の年に比べ154.1%と急成長を遂げています。
つまりグラノーラ市場の伸びが、シリアル市場全体を押し上げていると言っても過言ではないのです。

(金城)
それはすごいですね。
最近のグラノーラのトレンドなどあれば教えてください。

(田辺)
最近では、フルーツが約1.5〜2倍入っている豪華版のグラノーラなどが人気です。
また、カフェやレストランのメニューに加えられることも増え、グラノーラ専門店まで登場したんです。

(金城)
グラノーラ専門店ですか!
私も行ってみたいです!

(田辺)
はい。
主に販売が中心で、季節限定の商品や市販にはない商品が取り扱われています。
数種類の材料から、オリジナルのグラノーラを作ることもできるんですよ。

(金城)
自分好みのグラノーラですか!作ってみたいです!

(田辺)
同店では通販事業も行っていて、供給が需要に追いつかず、注文から発送まで
2〜3ヶ月もかかるそうです。

(金城)
それはすごい人気ですね!

(田辺)
他にも手作りグラノーラ料理教室があったりグラノーラのレシピ本が出版されるなど、さまざまな展開をみせています。

(金城)
わたしもぜひグラノーラを試してみたいと思います。
ここで、放送時間のお知らせです。
次回の「くらしと経済」は12月31日火曜日のお昼11時15分〜お送りします。
新年は1月10日お昼11時20分〜となります
みなさんぜひご覧ください。
田辺支店長、今日はどうもありがとうございました。

(田辺)
ありがとうございました。

2013年 記事一覧へ戻る