くらしと経済 2013年放送 http://www.otv.co.jp/kurakei/ ja-JP 2017-10-24T01:47:00+09:00 冬の定番「鍋料理」今年のトレンドは「プチ贅沢な鍋」? http://www.otv.co.jp/kurakei/2013_pre01/index.cgi?pg=131231 冬の定番「鍋料理」今年のトレンドは「プチ贅沢な鍋」? 冬の定番「鍋料理」今年のトレンドは「プチ贅沢な鍋」?<br />12月31日(火)<br />(金城) <br>こんにちは、金城わか菜です。<br>寒い時期に食べたくなる鍋料理。<br>今年は高級食材を使った「プチ贅沢鍋」が流行の兆しをみせています。<br>今回は鍋料理に関する話題を<br>野村證券 那覇支店 支店長の田辺稔さんに伺います。<br><br>(田辺)<br>よろしくお願いします。<br><br>(金城)<br>いよいよ今年も今日で最後ですね〜。<br>新年が近づくにつれ、さらに寒さが増してきました。<br><br>(田辺)<br>そうですね。<br>こういった寒い日には熱々の鍋料理が恋しくなりますよね。<br><br>(金城)<br>いいですね〜。<br>鍋と聞くだけで、不思議と身も心もホットな気分になれるような気がします。<br><br>(田辺)<br>この時期の鍋は格別ですよね。<br>今年は、「暑いときにあえて熱いものを」と「夏鍋」も流行っているんですよ。<br>もはや、鍋は一年中楽しめる料理と言えるかもしれません。<br><br>(金城)<br>確かにそうですね。<br>最近のトレンドはどうですか?<br><br><br>(田辺)<br>最近では、豆乳鍋やカレー鍋、コラーゲン鍋海鮮トマト鍋などが登場しブームになっています。<br>ここ数年売り上げを伸ばしているようです。<br><br>(金城)<br>確かに、最近スーパーなどで様々な種類の鍋つゆを目にします。<br><br>(田辺)<br>他にも、1人分に小分けされた鍋つゆや、食事の途中でスープを加えることで味を変えられる鍋つゆなど、ユニークな商品が人気になっています。<br><br>(金城)<br>家庭でいろんな楽しみ方ができそうですね!<br><br>(田辺)<br>また、今年の冬のトレンドとしては、高級食材を使った「プチ贅沢鍋」が流行の兆しを見せているようです。<br><br>(金城) <br>プチ贅沢鍋ですか。<br>具体的にどのような鍋でしょうか?<br><br>(田辺)<br>「高級肉鍋」「伊勢海老鍋」「松茸鍋」が人気です<br>ある調査で「食べて見たいプチ贅沢鍋」を聞いたところこれらが上位3位を占めました。<br><br />(金城)<br>高級肉に伊勢海老に松茸ですか!<br>特別な日のちょっとした贅沢にいいですね。<br><br><br><br>(田辺)<br>そうですね。<br>鍋はいろいろなアレンジがきくので、具材ひとつを高級にするだけでも、普段とひと味違った鍋になりますよね。<br><br>(金城)<br>他にも今後人気が出そうな鍋はありますか?<br><br>(田辺)<br>はい。<br>ある調査による「試してみたい鍋」では、このような鍋が挙げられました。<br><br />(金城)<br>トマト鍋やミルフィーユ鍋や明太もつ鍋は聞いた事があります!<br>ぜひ試してみたいですね!<br>また「ポン酢すき焼き」や「塩おでん」など耳慣れない鍋もありますね。<br><br>(田辺)<br>これらの鍋はテレビの人気バラエティに取り上げられて話題になったようです。<br>他にも、鍋の「シメ」にこだわった飲食店も増えてきているそうです。<br><br>(金城)<br>鍋の最後のシメといったら雑炊やうどんですよね!<br><br>(田辺)<br>そうですね。<br>また、そういった定番メニューの他にも餅やオムライス、チーズフォンデュなど多彩なメニューが登場しているんですよ。<br><br /><br /> 2017-10-24T01:47:00+09:00 静かなブームの兆し「健康食グラノーラ」 http://www.otv.co.jp/kurakei/2013_pre01/index.cgi?pg=131227 静かなブームの兆し「健康食グラノーラ」 静かなブームの兆し「健康食グラノーラ」<br />12月27日(金)<br />(金城) <br>こんにちは、金城わか菜です。<br>ここ数年、朝食を見直す動きが活発化し、健康食品「グラノーラ」が注目されています。<br>お話を野村證券那覇支店支店長の田辺稔さんに伺います。<br><br>(田辺)<br>よろしくお願いします。<br><br>(金城)<br>最近では朝の活動、朝活がブームですよね。<br>早起きは三文の徳と言いますし、何より健康的ですね。<br><br>(田辺)<br>ええ。<br>そんな中で見直されているのが「朝食」なんです。<br><br>(金城)<br>朝食ですか!<br>最近ではパンケーキがトレンドですよね。<br><br>(田辺)<br>そうですね。話題のパンケーキ店は行列が絶えないほど人気だそうですが、<br>その次のトレンドとして注目されているのが「グラノーラ」なんです。<br><br>(金城)<br>グラノーラは私もよく朝に食べます。<br>ドライフルーツやナッツなどがミックスされているシリアル食品ですよね。<br><br><br><br><br>(田辺)<br>グラノーラは、オーツ麦を中心とした穀物を、ハチミツなどの糖分や油脂分を加えて焼き上げたシリアルです。<br>もともと健康食品としてアメリカで生まれたそうです。<br><br>(金城)<br>でも、なぜ今グラノーラが人気を集めているのでしょうか?<br><br>(田辺)<br>日本の芸能人がグラノーラを朝食として紹介したり、人気カフェのメニューに<br>グラノーラがあったりと、「健康的でおしゃれな朝食」としての認知度が高まったことが大きいと思います。<br><br>(金城)<br>たしかにおしゃれなイメージがありますし、手軽に食べられるのもいいですよね。<br><br>(田辺)<br>そうですね。<br>さまざまな食感や味が楽しめますし、栄養価も高いんですよ。<br><br>(金城)<br>そもそもシリアル市場はどのくらいなのでしょう?<br><br>(田辺)<br>過去3年間の推移は右肩あがりで、2012年は前の年に比べて12.5%伸びています。<br><br />(金城)<br>たしかに2012年にかなり伸びていますね<br><br>(田辺)<br>この伸びを牽引しているのが「グラノーラ」という見方もあります。<br><br>(金城)<br>へ〜!そうなんですか!<br><br>(田辺)<br>その裏付けとして、ここ最近グラノーラ市場はかなり伸びてきていて、<br>2012年は94億円で前の年に比べ154.1%と急成長を遂げています。<br>つまりグラノーラ市場の伸びが、シリアル市場全体を押し上げていると言っても過言ではないのです。<br><br />(金城)<br>それはすごいですね。<br>最近のグラノーラのトレンドなどあれば教えてください。<br><br>(田辺)<br>最近では、フルーツが約1.5〜2倍入っている豪華版のグラノーラなどが人気です。<br>また、カフェやレストランのメニューに加えられることも増え、グラノーラ専門店まで登場したんです。<br><br>(金城)<br>グラノーラ専門店ですか!<br>私も行ってみたいです!<br><br>(田辺)<br>はい。<br>主に販売が中心で、季節限定の商品や市販にはない商品が取り扱われています。<br>数種類の材料から、オリジナルのグラノーラを作ることもできるんですよ。<br><br>(金城)<br>自分好みのグラノーラですか!作ってみたいです!<br><br>(田辺)<br>同店では通販事業も行っていて、供給が需要に追いつかず、注文から発送まで<br>2〜3ヶ月もかかるそうです。<br><br>(金城)<br>それはすごい人気ですね!<br><br>(田辺)<br>他にも手作りグラノーラ料理教室があったりグラノーラのレシピ本が出版されるなど、さまざまな展開をみせています。<br><br>(金城)<br>わたしもぜひグラノーラを試してみたいと思います。<br>ここで、放送時間のお知らせです。<br>次回の「くらしと経済」は12月31日火曜日のお昼11時15分〜お送りします。<br>新年は1月10日お昼11時20分〜となります<br>みなさんぜひご覧ください。<br>田辺支店長、今日はどうもありがとうございました。<br><br>(田辺)<br>ありがとうございました。<br><br /><br /> 2017-10-24T01:47:00+09:00 高齢化を支える「介護ロボット」 http://www.otv.co.jp/kurakei/2013_pre01/index.cgi?pg=131220 高齢化を支える「介護ロボット」 高齢化を支える「介護ロボット」<br />12月20日(金)<br />(金城) <br>こんにちは、金城わか菜です。<br>「超高齢社会」と呼ばれている日本。<br>こうしたなか、注目を集めているのが介護ロボット」です。<br>今回は介護ロボットの可能性について<br>野村證券那覇支店支店長の田辺稔さんに伺います。<br><br>(田辺)<br>よろしくお願いします。<br><br>(金城)<br>去年は日本の女性の平均寿命が2年ぶりに長寿世界一に返り咲いたことが話題になりましたね。<br><br>(田辺)<br>そうですね。<br>女性だけでなく男性の平均寿命も過去最高で世界5位に順位を上げたんですよ。<br><br>(金城)<br>長寿国日本として、嬉しいニュースですね。<br><br>(田辺)<br>はい。ただその一方で、子供の出生率が減っていて「少子高齢化」が大きな問題になっています。<br>昨年、内閣府が発表したデータによると日本の人口の24.1%が65歳以上という「超高齢社会」に突入しました。<br><br />(金城)<br>ほぼ4人に1人が65歳以上というわけですか。<br>(田辺)<br>そうなります。<br>このままいくと、2060年には高齢化率が39.9%にまで上昇し、約2.5人に1人が65歳以上という世界に類を見ない超高齢社会になると予測されています。<br><br>(金城)<br>今後、少子高齢化が進んでいくと、「介護」の面でもさまざまな問題が深刻になりそうですね。<br><br>(田辺)<br>すでに介護や支援を必要としている高齢者は急増しています。<br>内閣府の調査によると、平成22年で約491万人が日常生活で、何らかの助けを必要としている現状です。<br><br>(金城)<br>「介護」は誰もが直面する可能性のある、身近な問題と言えるのですね。<br><br>(田辺)<br>そうです。そこで現在注目されているのが「介護ロボット」です。<br>介護者の負担の軽減や介護に携わる人材不足の解消に役立つと言われています。<br><br>(金城)<br>なるほど!<br>介護ロボットとは実際にどういったものなのでしょう?<br><br>(田辺)<br>はい。介護ロボットは、使用目的により大きく3つに分けられます。<br>1つめは介護者の作業や動きをサポートする「介護者支援型ロボット」、<br>2つめは高齢者自身の動きを補助する「自立支援型ロボット」、<br>3つめは会話ができたり、一緒に遊ぶことでセラピー効果がある<br>「コミュニケーション・メンタルケア型ロボット」といったものです<br><br />(金城)<br>肉体面と精神面、双方の支援に役立つんですね。<br><br>(田辺)<br>そうなんです。<br>介護ロボットの魅力についての調査では、<br>1位の「介護者側の心身の負担が軽くなる」と答えた人が63.9%でした。<br>いかに介護者の肉体的、精神的な負担の解消が求められているかが分かります。<br><br>(金城)<br>そういった意味では、<br>介護ロボットは現場のニーズを捉えていて、今後普及していきそうですね。<br><br>(田辺)<br>企業側も新たなビジネスチャンスとして、介護ロボットの開発に力を入れています。<br>経済産業省の市場予測では、2015年の国内市場規模は167億円ですが、<br>2035年には4043億円にまで急速に拡大していく見通しです。<br><br>(金城)<br>今後、介護の現場でどんどん活躍していってほしいですね。<br>介護は誰もが直面する可能性のある問題です<br>これを機に、介護についてじっくりと考えてみてはいかがですか?<br>今日はどうもありがとうございました。<br><br>(田辺)<br>ありがとうございました。<br><br /><br /> 2017-10-24T01:47:00+09:00 産官学の創意工夫で進む「インフラ老朽化」対策 http://www.otv.co.jp/kurakei/2013_pre01/index.cgi?pg=131213 産官学の創意工夫で進む「インフラ老朽化」対策 産官学の創意工夫で進む「インフラ老朽化」対策<br />12月13日(金)<br />(金城) <br>こんにちは、金城わか菜です。<br>高度経済成長期に建設されたインフラの老朽化が深刻な社会問題になっています。<br>今回はインフラ老朽化対策の現状について<br>お話を、野村證券 那覇支店 支店長 田辺稔さんに伺います。<br>よろしくお願いします。<br><br>(田辺)<br>よろしくお願いします。<br><br>(金城)<br>田辺さん、トンネルや道路などの老朽化について関心が高まっていますね。<br><br>(田辺)<br>そうですね。<br>日本のインフラは、1960年代から70年代にかけて建設されたものが多く、それらが今後耐用年数の限界に達すると言われていて、国はインフラ老朽化対策が大きな課題となっています。<br><br>(金城)<br>具体的に老朽化はどれくらい進んでいるのでしょうか。<br><br>(田辺)<br>インフラの寿命は一般的に50年程度と言われていて、国土交通省によると<br>今後20年ほどで、50年を経過する施設の割合はトンネルの場合、<br>2022年におよそ31%、道路橋や河川管理施設は20年後に6割以上の施設が築50年以上になるとされています。<br><br />(金城)<br>そんなに数多くの道路橋や施設が限界年数を迎えるなんて、とても深刻ですね。<br>こうしたインフラの老朽化を、国はどのように考えているのでしょうか。<br>(田辺)<br>はい。<br>当然、国もこの事態を深刻に考えていまして、今年の1月に<br>「社会資本の老朽化対策会議」を立ち上げました。<br>全国の道路や港湾などのインフラを点検、実態を把握し、データベースを作ったり、今後の対策の行程表を作成しています。<br>また、点検などを効率良く進めるための新しい技術を導入するとしています。<br><br />(金城)<br>新しい技術、それはどんなものですか。<br><br>(田辺)<br>インフラの点検は、「目視」や「打音」により行われますが、<br>それだと時間もコストもかかります。<br>そこで、センサーなどを駆使した最新技術を導入すると考えています。<br>実際に、ある企業ではセンサーを搭載した車両によって、<br>道路陥没を引き起こす地下空洞を検知したという実績をあげています。<br><br>(金城)<br>それは頼もしいですね。<br>最新技術によって、早期発見、対策が出来たら良いですよね。<br><br>(田辺)<br>おっしゃるとおりです。<br><br>(金城)<br>ところで、こうしたインフラの老朽化は日本だけなのですか。<br><br>(田辺)<br>いえ、日本よりも先にアメリカで深刻な問題になりました。<br>アメリカも1970年代から80年代にかけて建設してたインフラが寿命を迎え、財源の確保などに頭を悩ませました。<br>そこで、アメリカは「PPP」という手法を取り入れたのです。<br><br><br>(金城)<br>「PPP」それはどういった手法なのですか。<br><br>(田辺)<br>「ppp」とは、インフラ整備や維持管理を政府だけが行うのではなく、<br>民間の資金や効率的な運営手法を活かす、官と民の連携された仕組みです。<br><br>(金城)<br>官民連携の仕組み。<br>それは、お互いにどういうメリットがあるのでしょうか。<br><br>(田辺)<br>行政は企業の力を借りることで、インフラに関するコストを抑えながら、民間の資金を活用することができます。<br>また、受託した企業は長期的に安定した収益を得ることが出来るわけです。<br><br>(金城)<br>なるほど。<br>日本もこうした事例を参考に、迅速なインフラ対策を期待したいものです。<br>ここで野村證券からセミナーのお知らせです。<br><br>(田辺)<br><br><br />☆第2回ハッピーライフセミナー☆<br><br>12月13日(金)午後2時〜3時30分<br>『相続発生後に起きることを知って事前に行う相続対策<br>      〜遺産分割・相続手続き・相続税申告と納税〜』<br><br>講師:税理士法人山田&パートナーズ<br>       パートナー 税理士 高橋 健太郎 氏<br><br /><br /> 2017-10-24T01:47:00+09:00 「藻」が燃料に? 進む次世代バイオ燃料開発 http://www.otv.co.jp/kurakei/2013_pre01/index.cgi?pg=131206 「藻」が燃料に? 進む次世代バイオ燃料開発 「藻」が燃料に? 進む次世代バイオ燃料開発<br />12月6日(金)<br />(金城) <br>こんにちは、金城わか菜です。<br>トウモロコシなどを原料にしたバイオ燃料。<br>その次の選択肢として、今「藻」が注目されています。<br>今日は、「藻類(そうるい)バイオ燃料」開発の現状について、<br>お話を、野村證券 那覇支店 支店長 田辺稔さんに伺います。<br>よろしくお願いします。<br><br>(田辺)<br>よろしくお願いします。<br><br>(金城)<br>田辺さん<br>最近、よく聞くバイオ燃料について教えてください。<br><br>(田辺)<br>はい。<br>バイオ燃料とはトウモロコシなどの「生物資源」から作られる燃料のことを言います。<br><br>(金城)<br>なるほど。<br>バイオ燃料はトウモロコシのほかにはどんなものから作られますか。<br><br>(田辺)<br>トウモロコシのほかに、サトウキビからも作られています。<br>そして今『藻』などの藻類が注目されているんです。<br><br>(金城)<br>『藻』というのは、あの海に生えているものですよね。<br>その『藻』からどうやって燃料が作られるのですか。<br><br><br>(田辺)<br>はい。<br>水中に生息する『藻』には、いろいろな種類がいまして、顕微鏡でしか見えない『微細藻類』呼ばれるものの中には、光合成のような課程で、石油のような成分を作りだすものがあるんです。<br><br>(金城)<br>なるほど。<br>その『微細藻類』からは、一体どのくらいの燃料が生産されるのですか。<br><br>(田辺)<br>トウモロコシの1ヘクタール当たりの年間燃料生産量は、0.2キロリットル、<br>アブラヤシの場合は6.1キロリットルですが、<br>微細藻類は47.7〜143.1キロリットルと、圧倒的に多く、<br>生産効率も高いとされています。<br><br />(金城)<br>そんなに多く生産されるんですか。<br>日本はエネルギー資源を輸入に頼っていますから、国内で効率良く生産出来れば、将来「産油国」になれるかもしれませんね。<br><br><br>(田辺)<br>おっしゃるとおりです。<br>国は2011年に策定した「緑と水の環境技術革命総合戦略」の中で、<br>重点分野として、藻類など新たな資源作物の利用を選定しています。<br>ある重工業メーカーでは、世界での藻類バイオマス燃料市場が年8000億円規模になるとみています。<br><br><br>(金城)<br>8000億円ですか。<br>とても期待が出来る市場になりそうですね。<br><br><br>(田辺)<br>そうですね。<br>この重工業メーカーは、今後、『藻』を原料に航空機燃料を量産することを発表しました。<br>2020年以降には、年間3億リットルを生産し、売上高300億円規模の<br>事業にすると計画しています。<br><br>(金城)<br>『藻』に、そんなビジネスチャンスがあったとは驚きです。<br>ところで、先程『藻』には石油に似た成分が含まれると聴きましたが、<br>それをどのようにして取り出すのでしょうか。<br><br>(田辺)<br>原料となる『藻』などの『藻類』を巨大な培養槽で大量に培養し、<br>その後、分離槽で藻類だけを取り出して濃縮し、<br>いったん乾燥させ、薬品で細胞を粉砕して油性分だけを抽出するというわけです。<br><br />(金城)<br>なるほど。<br>コスト面はどうなのでしょうか?<br><br>(田辺)<br>先程紹介した、重工業メーカーだと、生産コストは1リットルあたり、<br>石油のおよそ10倍となるそうです。<br>コスト減が今後の課題となっています。<br><br>(金城)<br>低コスト化の課題をクリアして、効率良く生産させていきたいですね。<br>ここで野村證券からセミナーのお知らせです。<br><br><br>(田辺)<br><br><br />☆株式投資セミナー☆<br>12月12日(木) 午後1時〜2時30分<br>『今後の投資環境と参考銘柄についてお話しします』<br>  講師:野村證券 投資情報部 次長 田村勝彦<br><br>☆第2回ハッピーライフセミナー☆<br> 12月13日(金) 午後2時〜3時30分<br> 『「相続発生後に起こること」を知って、事前に行う相続対策<br>〜遺産分割・相続手続き・相続税申告と納税〜』<br>   講師:税理士法人山田&パートナーズ<br>         パートナー 税理士 高橋健太郎<br><br />ぜひふるってご参加ください<br><br>(金城)<br>ありがとうございました。<br><br /><br /> 2017-10-24T01:47:00+09:00 おいしいごはんで秋を演出!「炊飯器」は進化する! http://www.otv.co.jp/kurakei/2013_pre01/index.cgi?pg=131129 おいしいごはんで秋を演出!「炊飯器」は進化する! おいしいごはんで秋を演出!「炊飯器」は進化する!<br />11月29日(金)<br />(金城) <br>こんにちは、金城わか菜です。<br>おいしいご飯を炊くために欠かせない炊飯器さまざまな機能を持った炊飯器が登場しています。<br>お話を野村證券那覇支店 支店長の田辺稔さんに伺います。<br><br>(田辺)<br>よろしくお願いします。<br><br>(金城)<br>さっそくですが、田辺さん。<br>最近、旬の食材が増えてきてまさに「食欲の秋」ですね。<br><br>(田辺)<br>そうですね。<br>秋は野菜や果物など、美味しいものが多いですからね。<br>特に新米は格別ですね。<br><br>(金城)<br>美味しいですよね〜!<br>ご飯は、炊き方によっても美味しさが左右されますからね。<br><br>(田辺)<br>そうですね。炊き方と言えば、「はじめチョロチョロ、なかパッパ」ってご存じですか?<br><br>(金城)<br>ええ、聞いた事あります。<br>直火でごはんを炊く際の火加減を表現したものですよね。<br><br><br><br>(田辺)<br>そうです。<br>昭和中期までは鍋や釜などを使い直火で炊くのが主流でしたから、火加減も自分で調節しなければいけませんでした。<br>現在では炊飯器が普及し手軽に美味しく炊けるようになりましたよね<br><br>(金城)<br>そうですね。ところで炊飯器が登場したのはいつごろですか?<br><br>(田辺)<br>日本初の電気自動炊飯器が売り出されたのは1955年のことです。<br>炊飯は火加減や時間調節が少し特殊ですから電気自動炊飯器の登場は革命的でした。<br><br />(金城)<br>特に朝が忙しい主婦にとっては重宝されたでしょうね!<br><br>(田辺)<br>はい。<br>それ以降さまざまな進化を遂げ、最近の主流であるIHジャー炊飯器が誕生しました。<br><br>(金城)<br>IHジャー炊飯器の特徴はなんですか?<br><br>(田辺)<br>IHとは電磁誘導加熱方式のことで、電磁力の働きで内釜自体が直接発熱するため全体にむらなく熱を伝え、炊くことができるんです。<br><br>(金城)<br>なるほど。<br>よりおいしくお米を炊くために炊飯器は着実に進歩してきたんですね。<br><br><br><br>(田辺)<br>はい。<br>しかし炊飯器の技術が向上するなか、日本人のお米離れが指摘されているんです。<br>2011年に行われた「朝食に関する調査」によると「ごはん派」の34.8%に対し、「パン派」は49.3%とパン派の方が多いという結果になりました。<br><br />(金城)<br>へー意外です。<br>「パン派」の方がかなり多いんですね。<br><br>(田辺)<br>朝は登校や出勤の準備などで忙しいですから手間が少ないパンを選ぶ人が多いそうです。<br><br>(金城)<br>そうですか。<br>でもお米を主食とする日本人として「お米離れ」はちょっと寂しい気がします<br><br>(田辺)<br>そうですね。<br>その「コメ離れ」を解消するために炊飯器はさらに進化しているんですよ。<br><br>(金城)<br>そのことについて詳しく聞かせてください。<br><br>(田辺)<br>例えば、ご飯と一緒におかずを調理する事ができるものや今年発売の最新機種では人工知能を有したものまであるんです。<br><br>(金城)<br>人工知能ですか!?<br>一体どんな機能を搭載しているのですか?<br>(田辺)<br>前回食べたご飯の「かたさ」や「粘り」<br>についての感想を入力することで、<br>その人に合った食感を微調整し<br>理想とする味に近づけてくれるんです。<br><br>(金城)<br>自動でその人の好みの炊き方に<br>  合わせてくれる炊飯器ですか!<br>     私もぜひ試してみたいです!<br><br>(田辺)<br>今後さらに「ごはんのおいしさ」を<br>引き出してくれる炊飯器に期待したいですね<br><br>(金城)<br>本日はどうもありがとうございました。<br><br /><br /> <a href="http://www.otv.co.jp/kurakei/2013_pre01/file/1311290.jpg">[JPG画像]</a> <a href="http://www.otv.co.jp/kurakei/2013_pre01/file/1311291.jpg">[JPG画像]</a> 2017-10-24T01:47:00+09:00 新しい技術、新しい考え方で進化する「都市緑化」の今 http://www.otv.co.jp/kurakei/2013_pre01/index.cgi?pg=131122 新しい技術、新しい考え方で進化する「都市緑化」の今 新しい技術、新しい考え方で進化する「都市緑化」の今<br />11月22日(金)<br />(金城) <br>こんにちは、金城わか菜です。<br>温暖化対策として取り組まれてきた「都市緑化」暑さを和らげるだけでなく、新たな街づくりのきっかけにもなっているようです。<br>お話を野村證券那覇支店 支店長の田辺稔さんに伺います。<br><br>(田辺)<br>よろしくお願いします。<br><br>(金城)<br>今年の夏はここ数年にも増して暑い夏でした。<br>日本の夏は年々暑くなっているような気がします。<br>    <br>(田辺)<br>気象庁によると今年は全国927の観測点のうち150地点で観測史上1位の記録を更新したそうです。<br>中でも高知県四万十(しまんと)市では、国内観測史上最高の41℃を記録しています<br><br>(金城)<br>えー!<br>もはや異常気象ですね。<br><br>(田辺)<br>そうなんです。<br>こういった温暖化によって、都市部では「ヒートアイランド現象」が深刻化しているんです。<br><br>(金城)<br>「ヒートアイランド現象」とはビルのエアコンの排熱や温められたアスファルトなどの影響で都市部だけその周辺より気温が高くなる現象ですね。<br><br>(田辺)<br>はい。<br>今年、近畿や東海ではその影響がここ5年間で最も強く、今後さらなる悪化が心配されています。<br><br>(金城)<br>何か解決策はないのでしょうか?<br><br>(田辺)<br>はい。<br>対策としては「屋上緑化」が挙げられます。<br>東京都では建物の一部を緑化することを条例で義務づけたり、助成金を設けるなど積極的に取り組んでいます。<br><br>(金城)<br>なるほど。<br>植物は温暖化に有効と言われていますからね<br><br>(田辺)<br>そうですね。<br>2011年には全国で約25・2ヘクタールの屋上緑化が 新たに行われており、これはサッカーコート約34面分に相当するそうです。<br><br />(金城)<br>それはすごい!<br>しかし、2009年以降減っていますね? <br><br>(田辺)<br>2008年の世界的金融危機以降、建築着工件数が減ったなどといった理由があります。<br>しかしその一方で、緑化の技術も向上により屋上ではなく壁を緑化する「壁面緑化」が増えてきたことも大きな要因のひとつです。<br>実際、壁面緑化の施工面積は2009年以降も着実に増加しています。<br><br />(金城)<br>たしかに!<br>最近ではオシャレな壁面緑化を施した建物をよく目にします。<br><br>(田辺)<br>このように緑化事業の進化が、緑化の普及に貢献しています。<br>さらに近年では、温暖化対策だけでなく、憩いの場として活用する例が増えてきているんです。<br><br>(金城)<br>なるほど。<br>緑の少ない都心部では、癒しの空間になりそうです。<br><br>(田辺)<br>例えばある施設では、屋上に農園をつくり、収穫した野菜でバーベキューを楽しむことができるそうです。<br><br />(金城)<br>それは良いアイデアですね。<br>集客効果も期待できて、緑化にもさらに力が入りそうです。<br><br>(田辺)<br>そのとおりです。<br>他にもユニークなのが、単に植物を植えるだけでなく、周囲の公園や川などを再現した緑化を行い、様々な生物が生きる空間をよみがえらせようとする取り組みもあるんです。<br><br>(金城)<br>自然との共生にも役立っているんですね。<br><br>(田辺)<br>おっしゃる通りです。<br>地域活性化や快適な街づくりにつながるような緑化事業が広がっていってほしいですね。<br><br>(金城)<br>そうですね。<br>今日はどうもありがとうございました<br><br /><br /> <a href="http://www.otv.co.jp/kurakei/2013_pre01/file/1311220.jpg">[JPG画像]</a> <a href="http://www.otv.co.jp/kurakei/2013_pre01/file/1311221.jpg">[JPG画像]</a> 2017-10-24T01:47:00+09:00 手紙文化復活に向けて日本語について考える http://www.otv.co.jp/kurakei/2013_pre01/index.cgi?pg=131115 手紙文化復活に向けて日本語について考える 手紙文化復活に向けて日本語について考える<br />11月15日(金)<br />(金城) <br>こんにちは、金城わか菜です。<br>11月23日は「いいふみの日」手紙について考える良い機会です。<br>今回は、手紙文化の現状について<br>お話を野村證券那覇支店 支店長の田辺稔さんに伺います。<br><br>(田辺)<br>よろしくお願いします。<br><br>(金城)<br>田辺さん、「いいふみの日」について教えてください。<br><br>(田辺)<br>わかりました。<br>突然ですが、金城さんは、友達や身近な人から直筆の手紙をもらったら嬉しいですよね。<br><br>(金城)<br>はい。とても嬉しいです。<br>特に、直筆だとその人の思いやぬくもりが伝わってくる感じがします。<br><br>(田辺)<br>そうですよね。<br>金城さんがおっしゃったように手紙の大切さを思い出す日として、特別な日が「いいふみの日」というわけです。<br>実は、毎月23日は「ふみの日」として、郵政省により定められているんです。<br><br>(金城)<br>なるほど。<br>しかし、最近では電子メールやSNSなどで便利にコミュニケーションが取れる時代になっています。<br>やはり、手紙を書く人は減ってきているのでしょうか。<br>(田辺)<br>文科省によると、中学3年生に「ハガキの表書きの記載方法」を調査したところ、正しく回答できた子どもは74.2%でした。<br>このことからも、手紙やハガキを書く機会が減っていることが伺えますよね。<br><br />(金城)<br>今は、子どもの頃から、携帯電話やパソコンを使う時代ですからね。<br>手書きの文字を書く機会も減っているのかもしれないですね。<br><br>(田辺)<br>はい。こうした状況を受けて、最近では、子ども達に手紙やハガキの書き方を教える取り組みが広がっています。<br><br>(金城)<br>それは素晴らしい取り組みですね。<br>子どもの頃に正しい書き方を身に付ければ、大人になっても忘れることはなさそうです。<br><br>(田辺)<br>おっしゃるとおりです。<br>ある調査によると「手書きで手紙は書くようにすべき」という回答は、若年層のほうが多いという結果がでていますので、若い人の手書きに対する意識は高いようです。<br><br>(金城)<br>若い世代で意識が高まっているのは、とても良いことですね。<br>手紙を書くことで、文章力や正しい漢字の使い方も身に付けられたら良いですよね。<br><br>(田辺)<br>そうですね。<br>また、手書きの文字を書くうえで、筆記用具はかかせないのですが、最近の文具・事務用品市場では、おもしろい結果が出ています。<br><br><br>(金城)<br>それはどういった結果ですか。<br><br>(田辺)<br>ある調査によりますと、国内の文具・事務用品市場は、年々縮小傾向にあるのですが、ノートやボールペンの市場は2009年度から拡大しているのです。<br><br>(金城)<br>それはどうしてですか。<br><br>(田辺)<br>リーマン・ショック以降、会社がコスト削減のために社員用の文具を購入しない企業が増えたのですが、その結果、自分で文具を選ぶ大人が増え、文具の魅力に気づき、こだわるようになったからだそうです。<br><br>(金城)<br>なるほど。<br>この機会に皆さん、「ふみの日」に大切な方へ手紙を送ってみてもいいかもしれませんね。<br>ここで野村證券からセミナーのお知らせです<br><br>(田辺)<br><br /><br /> <a href="http://www.otv.co.jp/kurakei/2013_pre01/file/1311150.jpg">[JPG画像]</a> <a href="http://www.otv.co.jp/kurakei/2013_pre01/file/1311151.jpg">[JPG画像]</a> 2017-10-24T01:47:00+09:00 乾燥が気になる季節、水の力でキレイに http://www.otv.co.jp/kurakei/2013_pre01/index.cgi?pg=131108 乾燥が気になる季節、水の力でキレイに 乾燥が気になる季節、水の力でキレイに<br />11月8日(金) O.A<br />(金城) <br>こんにちは、金城わか菜です。<br>乾燥が気になるこの季節、上手な水分補給が大切です。<br>今回は水の力について<br>お話を野村證券那覇支店 支店長の田辺稔さんに伺います。<br><br>(田辺)<br>よろしくお願いします。<br><br>(金城)<br>次第に風が冷たくなっていくこの季節。<br>空気が乾燥して肌のカサつきが気になります<br><br>(田辺)<br>カサカサ肌は体内の水分量が大きく影響しています。<br>肌だけをケアすればいいと考えがちですが、実は体全体の水分量を適切に保つことが大切なんです。<br><br>(金城)<br>体の水分が不足すると脱水症状も心配ですし健康のためには水分補給は欠かせないということですね。<br><br>(田辺)<br>そうですね。<br>また水分補給には汗をかいて失われたマグネシウムやナトリウムなどのミネラルを補う効果もあるんです。<br><br>(金城)<br>なるほど。<br>そのミネラルがたくさん含まれているのがミネラルウォーターなのでしょうか?<br><br>(田辺)<br>そうですね。<br>ただ、ミネラルウォーターと一口にいってもその種類は様々で、現在日本で流通している銘柄は約1000種もあるんです。<br>   <br>(金城)<br>そんなにあるんですか!<br>たしかに硬水や軟水などをよく耳にしますがどういったものなのですか? <br><br>(田辺)<br>水に含まれるカルシウムとマグネシウム濃度の違いです。<br>濃度が高い方が硬水、少ない方が軟水と言われます。<br>汗をかくスポーツの後などには硬水の方が適しているんですね。<br><br>(金城)<br>そうですか。<br>約1000種類もの銘柄が流通しているんですから、ミネラルウォーター市場はかなり伸びていそうですね。<br><br>(田辺)<br>おっしゃる通りです。<br>ミネラルウォーター類の国内生産の推移を見ると、1982年にはおよそ9万キロリットルだった生産量が2012年ではおよそ279万キロリットルと30年間でおよそ32倍に伸びているのです。<br><br />(金城)<br>すごい伸び率ですね。<br>それだけ水に対してこだわりを持つ人が増えているということでしょうか?<br><br>(田辺)<br>そうなんです。<br>2011年に発表された「自宅用飲料水の対策に関する意識調査」によると、「浄水器の設置」や「市販のミネラルウォーターを購入」といった項目が大半を占め、各家庭で安心でおいしい水が飲めるように工夫しているんです。<br><br />(金城)<br>私も積極的にミネラルウォーターを飲むように心がけています。<br><br>(田辺)<br>最近ではミネラルウォーターを使った商品幅も増えていて、ミネラルウォーターにレモンやオレンジなどのフレーバーエッセンスを溶け込ませた商品や炭酸水などが人気を集めています。<br><br>(金城)<br>炭酸水は美容の面でも注目されていますよね<br><br>(田辺)<br>はい。<br>特にヘッドスパで利用されていて、普段のシャンプーより皮脂汚れがよく落ち、髪の修復効果もあるようですよ。<br><br>(金城)<br>水は飲むだけでなく、生活全般を潤してくれるんですね。<br>では野村證券からセミナーのお知らせです。<br><br>(田辺)<br><br /><br /> <a href="http://www.otv.co.jp/kurakei/2013_pre01/file/1311080.jpg">[JPG画像]</a> <a href="http://www.otv.co.jp/kurakei/2013_pre01/file/1311081.jpg">[JPG画像]</a> 2017-10-24T01:47:00+09:00 「イプシロン」が運ぶ未来「宇宙太陽光発電」 http://www.otv.co.jp/kurakei/2013_pre01/index.cgi?pg=131101 「イプシロン」が運ぶ未来「宇宙太陽光発電」 「イプシロン」が運ぶ未来「宇宙太陽光発電」<br />11月1日(金) O.A<br />(金城) <br>こんにちは、金城わか菜です。<br>今年9月に打ち上げに成功した国産ロケット「イプシロン」。<br>この「イプシロン」が「宇宙太陽光発電」のカギを握っています。<br>今回は「宇宙太陽光発電」について<br>野村證券那覇支店 支店長の田辺稔さんに伺います。<br><br>(田辺)<br>よろしくお願いします。<br><br>(金城)<br>田辺さん、「イプシロン」について教えてください。<br><br>(田辺)<br>「イプシロン」は日本が従来打ち上げたロケットよりも、小型化し、打ち上げの簡素化と高性能化低コスト化を目指したロケットです。<br><br>(金城)<br>なるほど。<br>その「イプシロン」はどういう役目をするのですか?<br><br>(田辺)<br>惑星観測衛星を搭載し金星や火星などを調査する役目があります。<br>2017年度には「宇宙太陽光発電」の実証実験衛星が搭載され、打ち上げられる予定です。<br><br>(金城)<br>太陽光発電は知っているのですが、「宇宙太陽光発電」とはどういうものなのでしょうか。<br><br><br><br>(田辺)<br>はい。<br>太陽光発電は、火力や原子力に代わる、「再生可能エネルギー源」ですが、夜間や、悪天候の下では発電ができません。<br>宇宙空間にソーラーパネルを設置し、強烈な太陽光で安定して発電を行うという計画が「宇宙太陽光発電」です。<br />(金城)<br>なるほど。<br>太陽のエネルギーを安定して活用出来れば、エネルギーや資源の問題も解決できそうですし、とても良いアイディアですね。<br><br>(田辺)<br>おっしゃるとおりです。<br>実は、既に政府主導で、研究が進んでまして2030年頃の実用化、2040年頃の商用発電開始を目指しています。<br><br>(金城)<br>いつ頃から研究が始まったのですか?<br><br>(田辺)<br>日本で、研究が始まったのは、1980年代からで、1991年には、初めて<br>宇宙太陽光発電システム設計プロジェクトが立ち上がり、現在、日本はこの分野で、世界を大きくリードしている状況です。<br><br>(金城)<br>世界を大きくリードですか。それは、とても頼もしいですね。<br><br>(田辺)<br>はい。日本政府は2008年に、「宇宙基本法」を制定し、それに基づき「宇宙基本計画」を作りました。<br>その中で、推進すべき、四つの研究開発プログラムの一つとして、宇宙太陽光発電が挙げられています。<br><br><br>(金城)<br>なるほど。<br>宇宙太陽光発電は、国策というわけですね。<br>具体的に太陽光を集めるには、どのような方法があるのですか。<br><br>(田辺)<br>反射鏡を設け、<br>常に動かし太陽光を集める方法や、ソーラーパネル自体を回転させ、太陽に向ける方法などがあります。<br><br>(金城)<br>作られた電気は、<br>どのようにして地上に送るのですか。<br><br>(田辺)<br>「マイクロ波」か「レーザー」のいずれか、または併用して、地上に送ります。<br>今後「イプシロン」が運ぶ実証実験衛星では小さなソーラーパネルを持った、発電装置を使って実際に電気をマイクロ波で地上に送り、きちんと届くのかを実験します。<br><br>(金城)<br>なるほど。<br>宇宙で作った電気を、日本が初めて地上へ送ることになると思うとワクワクしますね。<br>ここで野村證券からセミナーのお知らせです<br><br>(田辺)<br /><br /> <a href="http://www.otv.co.jp/kurakei/2013_pre01/file/1311010.jpg">[JPG画像]</a> <a href="http://www.otv.co.jp/kurakei/2013_pre01/file/1311011.jpg">[JPG画像]</a> 2017-10-24T01:47:00+09:00 薬の調剤にとどまらない活躍をみせる薬剤師 http://www.otv.co.jp/kurakei/2013_pre01/index.cgi?pg=131025 薬の調剤にとどまらない活躍をみせる薬剤師 薬の調剤にとどまらない活躍をみせる薬剤師<br />10月25日(金) O.A<br />(金城) <br>こんにちは、金城わか菜です。<br>主に、医薬品の服薬指導の役割をもつ薬剤師。<br>今回は、医療に欠かせない薬剤師について<br>お話を野村證券那覇支店 支店長の田辺稔さんに伺います。<br><br>(田辺)<br>よろしくお願いします。<br><br>(金城)<br>薬剤師と言えば、調剤薬局はもちろん、市販薬を販売しているドラッグストアなどにもいらっしゃいますよね。<br><br>(田辺)<br>そうですね。実は現在薬剤師の方は増えてきていて、厚生労働省の調査によると、2010年12月時点での薬剤師の数は、27万6,517人で、1990年と比べると、20年間で2倍に迫る勢いで増加しているんです。<br><br />(金城)<br>ということは、薬局も増えているんですか?<br><br>(田辺)<br>はい。2011年度末では、5万4、780カ所で、2009年度末から1000カ所以上増加しています。<br><br>(金城)<br>いざというときに頼りになる存在ですから、薬局が増えているのはありがたいことです。<br><br><br><br>(田辺)<br>この背景には、超高齢社会に向けた官学あげての取り組みがあります。<br>2006年に薬学部が4年生から6年生に移行し、より実践的で高度な教育を行っており、それだけ薬剤師への期待は大きいものがあります。<br><br>(金城)<br>なるほど。ちなみに、今後、高齢社会はどのように進展していく見込みなんでしょうか。<br><br>(田辺)<br>内閣府によると2012年10月1日時点で65歳以上の高齢者人口は3、079万人。高齢化率は24.1%です。<br>2025年には高齢化率は30%を越え、2060年にはほぼ40%になる見込みです。<br><br />(金城)<br>総人口が減少しているのに対し、高齢化率が増えているのがわかりますね。<br><br>(田辺)<br>このような高齢社会に向けて、薬剤師は薬局での調剤に留まらず、医師の訪問診療に同行して薬の服用を指導したり、薬剤師だけで訪問して薬の効果をチェックする地域医療を行っているケースもあります。<br><br>(金城)<br>これには、どういうメリットがあるんですか。<br><br>(田辺)<br>介護系のヘルパーと情報交換することで飲み忘れ対策を防いだり、訪問して初めて、複数の医療機関で受診していて、同じ薬が処方されていたことが判明した場合の対策を考えるきっかけになります。<br><br>(金城)<br>なるほど。実際に訪問することで見えてくることがあるんですね。<br><br><br>(田辺)<br>そうなんです。また薬剤師は、今お話した地域医療の他にも、チーム医療での活躍も期待されているんです。<br><br>(金城)<br>チーム医療とはなんですか。<br><br>(田辺)<br>チーム医療は、医師や看護師、薬剤師、栄養士、理学療法士などが協力して最善の治療を実現させようとするものです。<br><br>(金城)<br>薬剤師はそれにどう関わっているんですか。<br><br>(田辺)<br>薬剤師は、薬のエキスパートとして、医師とは異なる視点で治療をチェックし、使用する薬の変更を医師に提案することもあるんです。<br><br>(金城)<br>なるほど。健康に明るく楽しく生活するため薬や医療の質が高まっていくことに期待したいですね。<br>それでは、ここで野村證券からセミナーのお知らせです。<br><br>(田辺)<br /><br /> <a href="http://www.otv.co.jp/kurakei/2013_pre01/file/1310250.jpg">[JPG画像]</a> <a href="http://www.otv.co.jp/kurakei/2013_pre01/file/1310251.jpg">[JPG画像]</a> 2017-10-24T01:47:00+09:00 2012年度は過去最高!増加するチーズ消費量 http://www.otv.co.jp/kurakei/2013_pre01/index.cgi?pg=131018 2012年度は過去最高!増加するチーズ消費量 2012年度は過去最高!増加するチーズ消費量<br />10月18日 O.A<br />(金城) <br>こんにちは、金城わか菜です。<br>タンパク質やカルシウム、ビタミンAやビタミンBの成分を含むチーズ。<br>今回は、チーズの市場規模や新トレンドについて<br>お話を野村證券那覇支店支店長の田辺稔さんに伺います。<br><br>(田辺)<br>よろしくお願いします。<br><br>(金城)<br>田辺さん、今やピザやグラタンなど、チーズを使った食品は献立の定番になっていますよね。<br><br>(田辺)<br>そうですね。昭和50年代にはチーズケーキのブームもあり、それまで多かったプロセスチーズからナチュラルチーズへと消費者の志向が変化してきました。<br><br>(金城)<br>プロセスチーズとナチュラルチーズは何が違うんですか。<br><br>(田辺)<br>ナチュラルチーズは、原料の乳を乳酸菌や酵素で発酵させて固めて熟成させて作るものです。<br>一方のプロセスチーズは、ナチュラルチーズを原料にして加工し、保存性を高めたものになります。<br><br>(金城)<br>なるほど〜。ちなみにモッツァレラチーズやクリームチーズもありますよね。<br><br><br><br>(田辺)<br>それらは、ナチュラルチーズの種類の中の、熟成させないフレッシュチーズとよばれるカテゴリーの種類の1つです。<br>チーズは、硬さや熟成方法に応じて様々な種類があり、1000種類以上あると言われています。<br><br>(金城)<br>非常に多いですね!<br>そんなチーズなんですが、実際どれくらい消費されているんですか?<br><br>(田辺)<br>農林水産省の発表によると、輸入も含めたチーズ全体の国内総消費量は、前の年度に比べ6%増加し、30万1,495トンと過去最高となります。<br>総消費量は1995年以降増え続けていて、統計を取り始めた1973年に比べると約5倍も成長しています。<br><br />(金城)<br>なるほど。チーズは、様々な調理にも利用できますが、おやつやお酒の席でのちょっとしたおつまみとしても利用できるのでいいですよね。<br><br>(田辺)<br>そうですね。ある調査によると、家でお酒を飲むいわゆる「家のみ」でのおつまみについて、チーズが35.4%で3位にランクインしています。<br><br>(金城)<br>1位の枝豆と2位の刺身・たたきとの差はわずかなので、今後チーズが1位に踊り出る可能性も十分にあるかもしれませんね。<br><br>(田辺)<br>そうですね。<br>スーパーなどでは、チーズとワインの品揃えを充実させる動きも活発です。<br>珍しい例ではチーズと手作り雑貨を販売するお店が登場するなど、女性が魅力を感じるものを厳選して消費者に提案するケースも見られます。<br />(金城)<br>商品ジャンルの垣根を越えていて本当珍しいですね!<br><br>(田辺)<br>また、日本の大手航空会社では、国際線の機内食で国産チーズをメニューに<br>加えた例があります。<br>これは、世界を飛び回り、本場のチーズの味を知るビジネスパーソンや海外からの旅行客に向けて国産チーズの魅力を伝えているんです。<br><br>(金城)<br>飲食業に限らず、さまざまな分野でチーズが注目されているんですね。<br><br>(田辺)<br>そうなんです。なので、皆さんも是非、いろいろなチーズを愉しんでみてください。<br><br>(金城)<br>それでは、ここで野村證券からセミナーのお知らせです。<br><br>(田辺)<br /><br /> <a href="http://www.otv.co.jp/kurakei/2013_pre01/file/1310180.jpg">[JPG画像]</a> <a href="http://www.otv.co.jp/kurakei/2013_pre01/file/1310181.jpg">[JPG画像]</a> 2017-10-24T01:47:00+09:00 「夢の解読」に成功 謎の解明にまた一歩前進 http://www.otv.co.jp/kurakei/2013_pre01/index.cgi?pg=131011 「夢の解読」に成功 謎の解明にまた一歩前進 「夢の解読」に成功 謎の解明にまた一歩前進<br />10月11日 O.A<br />(金城) <br>こんにちは、金城わか菜です。<br>私たちが普段寝ている時に見る「夢」。<br>身近にありながら、謎の多い学問分野です。<br>今回は、夢の研究がもたらす未来について<br>お話を野村證券那覇支店支店長の田辺稔さんに伺います。<br><br>(田辺)<br>よろしくお願いします。<br><br>(金城)<br>寝ている間に見る楽しい夢や、何かヒントをくれるような夢は<br>覚えてておきたいものですが、起きたらすぐ忘れてしまう事も多いです。<br><br>(田辺)<br>今おっしゃったように、夢は見た本人が忘れてしまうなどの理由で、謎の部分が多い分野なのです。<br>しかし、着々と研究は進んでいて、現在では夢の内容を解読する事が可能になりました。<br><br>(金城)<br>それはすごい!<br>どうやって夢の内容を解読するのですか?<br><br>(田辺)<br>「MRI」を高機能化し、脳の反応を把握し<br>画像化することが可能になった「fMRI」という装置を使います。<br><br>(金城)<br>その「fMRI」について詳しく教えてください。<br><br>(田辺)<br>例えば、人に「本」や「車」など多くの分野の画像を見せ、<br>その時の脳の反応のパターンを「fMRI」に記録します。<br>そして、その人が夢を見ている時の脳の反応を観測し事前に記録しておいた<br>「本」や「車」などの反応を示したら、その夢を見たか確認できるというわけです。<br>これを実験した結果、約70%の確率で夢の内容を当てる事ができたそうです。<br><br />(金城)<br>夢を見ている時の脳の反応で、内容を解読するわけですね!<br><br>(田辺)<br>はい。<br>この技術を駆使し実際の夢に近い映像を作ることも可能になっています。<br><br>(金城)<br>まるでSF映画のようですね!<br>夢の謎を解く大きな手がかりになりそうです。<br><br>(田辺)<br>そうですね。<br>そうなれば、悪夢に悩む人の治療や、夢と同じく脳内で生じる幻覚の仕組みなどの解明にも役立つかもしれません。<br><br>(金城)<br>なるほど。<br>精神医学や心理学などの分野で応用できそうですね。<br><br>(田辺)<br>おっしゃるとおりです。<br>さらに近く実現しそうな例では、夢の内容を把握するときと同じように、<br>脳の活動パターンを検知して脳の信号で家電などの機械を操作する技術もあります。   <br><br />(金城)<br>それは例えば、「エアコンをつけたい」と思えば、エアコンを操作できるわけですね<br><br>(田辺)<br>簡単に言えばそういうことです。<br>主に介護やリハビリ、医療分野などでの実用化を目指していて、<br>夢の研究をしている企業と住宅メーカーなどが共同でプロジェクトを<br>進めています。<br><br>(金城)<br>お年寄りや体の不自由な方には、<br>普段の生活で大きな手助けになりそうですね<br><br>(田辺)<br>そうですね。<br>また、脳の働きをコンピューターで再現する「脳シュミレーター」の研究も進んでいて、これにより人間に近い脳を持つロボットやコンピューターが誕生するかもしれません。<br>今後の成果が楽しみですね。<br><br>(金城)<br>文字通りの夢のようなテクノロジーが現実のものとなろうとしている事がわかりました。<br>ここで、セミナーのお知らせです。<br><br>(田辺)<br /><br /> <a href="http://www.otv.co.jp/kurakei/2013_pre01/file/1310110.jpg">[JPG画像]</a> <a href="http://www.otv.co.jp/kurakei/2013_pre01/file/1310111.jpg">[JPG画像]</a> 2017-10-24T01:47:00+09:00 「バラスト水」をめぐって今世界で起こっていること http://www.otv.co.jp/kurakei/2013_pre01/index.cgi?pg=131004 「バラスト水」をめぐって今世界で起こっていること 「バラスト水」をめぐって今世界で起こっていること<br />10月4日(金)<br />(金城) <br>こんにちは、金城わか菜です。<br>大型貨物船に不可欠な「重し」の役割をしている「バラスト水」。<br>今回は、そのバラスト水をめぐり世界で起きていることについて<br>野村證券那覇支店支店長の田辺稔さんに伺います。<br><br>(田辺)<br>よろしくお願いします。<br><br>(金城)<br>早速ですがバラスト水について詳しく教えてください。<br><br>(田辺)<br>バラスト水とは大型貨物船の重しになる海水の事です。<br>大型貨物船は貨物を下ろしてしまうとそのぶん軽くなり、<br>不安定になる危険性があります。<br>そこで、海水を船底に取り込み「重し」にし安定を保つのです。<br><br>(金城)<br>海水を重し代わりにするとはいいアイデアですね。<br><br>(田辺)<br>はい。<br>しかし、このバラスト水をめぐって様々な問題が指摘されています。<br><br>(金城)<br>いったいどのような問題があるのでしょう?<br><br>(田辺)<br>海水を取り込む際に、プランクトンなど、その海域の生き物も取り込まれます。<br>そして別の国で貨物を積み込む際にバラスト水を放出するのですが、<br>その時、一緒に生物も放出され現地の海の生態系を乱す原因になってしまったのです。<br><br />(金城)<br>なるほど。<br>外来の生物が入り込むことで、本来の生態系を変化させてしまうわけですね<br><br>(田辺)<br>そうなんです。<br>例えば、ワカメは、もともと日本や北東アジアに生息していますが<br>1970年以降、地中海やオーストラリア、最近ではアメリカでも見つかったそうです。<br><br>(金城)<br>となると、ワカメは日本近海から持ち運ばれた可能性がありそうですね。<br><br>(田辺)<br>そうなんです。<br>さらに、米国東海岸に生息するアンチョビやその稚魚を食べるクラゲが<br>バラスト水によってヨーロッパとアジアの中間に位置する黒海に入り込み、<br>現地のアンチョビ漁獲量が減ったという例もあります。<br><br>(金城)<br>この問題について何か解決策はあるのでしょうか?<br><br>(田辺)<br>この問題については一国で解決できる問題ではないので、<br>国際的な議論の結果「バラスト水管理条約」が採択されました。<br><br>(金城)<br>それはどのような条約なのでしょうか?<br><br>(田辺)<br>まず排出するプランクトンや細菌の量に基準値を設け規制すること。<br>そして基準値を守れるようなバラスト水処理の仕組みの導入の義務化が主な内容です。<br><br>(金城)<br>バラスト水は実際に、どのように処理されているのですか。<br><br>(田辺)<br>様々な方法がありますが主な処理技術として高精度フィルターで海水をろ過し、さらに低濃度の化学薬品を入れて処理する方法をとっています。<br><br />(金城)<br>なるほど。<br>しかし、化学薬品を使う事で海を汚してしまう事はないのですか?<br><br>(田辺)<br>排出時に薬品は無害化される様になっています。<br>また、薬品を使わない電気分解や船の構造を工夫し、<br>バラスト水の量を65%削減するといった様々な方法も開発されていています。<br><br>(金城)<br>バラスト水処理のために色々なアプローチがされているんですね。<br>ここで野村證券からセミナーのお知らせです<br><br>(田辺)<br /><br /> <a href="http://www.otv.co.jp/kurakei/2013_pre01/file/1310040.jpg">[JPG画像]</a> <a href="http://www.otv.co.jp/kurakei/2013_pre01/file/1310041.jpg">[JPG画像]</a> 2017-10-24T01:47:00+09:00 暮らしや産業に活かされる「菌」のエネルギー http://www.otv.co.jp/kurakei/2013_pre01/index.cgi?pg=130927 暮らしや産業に活かされる「菌」のエネルギー 暮らしや産業に活かされる「菌」のエネルギー<br />9月27日(金) <br />(金城) <br>こんにちは、金城わか菜です。<br>食品の加工や、健康の維持など、様々な形で活用されてきた「菌」の力。<br>今回は菌の持つ大きな可能性について<br>野村證券那覇支店 支店長の田辺稔さんに伺います。<br>よろしくお願いします。<br><br>(田辺)<br>よろしくお願いします。<br><br>(金城)<br>菌といえば「乳酸菌」や「納豆菌」が体に良いと注目されていますよね。<br><br>(田辺)<br>そうですね。<br>実は今、「婚活」や「就活」のような様々な「活」の中に、<br>「菌活」というのもあるんです。<br><br>(金城)<br>「菌活」ですか?<br>それはどういった事をするのですか?<br><br>(田辺)<br>「乳酸菌」や「納豆菌」など、体に良いとされる菌が含まれる食品を積極的に取り入れる習慣を指すようです。<br>今年4月、20〜40歳代の女性を対象に行われた調査によると、ヨーグルトやキノコ、納豆など菌を含む食品を摂取する頻度は「1日1食以上」が実に82%を占めることがわかりました。<br><br />(金城)<br>女性の間では、「菌活」が既にひろがっていると言えそうですね。<br>ところで「乳酸菌」とはよく聞く言葉ですがどのような働きをするのですか。<br><br>(田辺)<br>「乳酸菌」はいわゆる「善玉菌」の一種で、整腸作用をはじめ様々な健康に役立つ働きをする菌です。<br>逆に健康に害をもたらす菌を「悪玉菌」といいます。<br>人間の腸内ではこの二種類の菌がせめぎあっており、健康のためには、善玉菌が多い方が良いのです。<br><br />(金城)<br>なるほど。<br>「菌活」をすることで善玉菌を、悪玉菌より増やすことにつながるのですね。<br><br>(田辺)<br>おっしゃるとおりです。<br>悪玉菌は完全になくなることはないので、「菌活」によって善玉菌優性の状態を維持することが大切なのです。<br><br>(金城)<br>なるほど。<br>私も健康のために「菌活」を試していきたいです。<br><br>(田辺)<br>また、菌の力は健康だけでなく、さまざまな分野で活用されているんですよ。<br><br>(金城)<br>どういった分野で活用されているのですか。<br><br><br><br><br><br>(田辺)<br>例えば、アメリカのある大学では、土の中にいる菌の力で電気を作ろうという研究が進められています。<br>有機物を分解するときに電子を放出する「発電菌」と呼ばれる種類があり、それを利用し電池をつくるという取り組みです。<br><br>(金城)<br>それはすごい!<br>どのくらいの電気を作れるのですか。<br><br>(田辺)<br>まだ発展段階で、テレビをつける様な電力はまかなえませんが小さな電力でまかなえるLED照明などは可能です。<br><br>(金城)<br>菌による発電技術も徐々に進歩しているんですね。<br><br>(田辺)<br>そうなんです。<br>実は菌で発電するという研究は日本でも進んでいるんですよ。<br><br>(金城)<br>それはどういった取り組みですか。<br><br>(田辺)<br>発電菌の性質を活かして有機物を分解させることで汚水を浄化しながら、その際に発生する電気で施設内の照明など必要な電力をまかなおうという計画です。<br><br>(金城)<br>それはすごいですね。<br>菌の力で汚水処理も発電もできれば、コストも抑えられますし、衛生環境改善と電力不足解消という一石二鳥の問題解決ができそうです。<br><br><br><br>(田辺)<br>そうですね。<br>また、発電菌は日本の水田の土壌にも多く、田んぼが発電装置となるといったようなユニークな考え方もあるんですよ。<br>今後の菌の力の活用法に注目していきたいですね。<br><br>(金城)<br>目に見えない小さな菌に大きな力が秘められていることがわかりました。<br>今日はどうもありがとうございました。<br><br>(田辺)<br>ありがとうございました。<br><br /><br /> <a href="http://www.otv.co.jp/kurakei/2013_pre01/file/1309270.jpg">[JPG画像]</a> <a href="http://www.otv.co.jp/kurakei/2013_pre01/file/1309271.jpg">[JPG画像]</a> 2017-10-24T01:47:00+09:00 国をあげて進められる「都市インフラ」まるごと輸出 http://www.otv.co.jp/kurakei/2013_pre01/index.cgi?pg=130920 国をあげて進められる「都市インフラ」まるごと輸出 国をあげて進められる「都市インフラ」まるごと輸出<br />9月20日(金)<br />(金城) <br>こんにちは、金城わか菜です。<br>発展途上の国に向けて、インフラ設備を輸出しようという動きが加速しています。<br>今回は、都市インフラ輸出の動向についてお話を、野村證券那覇支店 <br>支店長の田辺稔さんに伺います。<br><br>(田辺)<br>よろしくお願いします。<br><br>(金城)<br>田辺さん、長く続いた円高から円安傾向に変わり、自動車などの産業も元気を取り戻し、景気回復に繋がると言われていますね。<br><br>(田辺)<br>そうですね。<br>株価も上がり、徐々にではありますが、景気も回復に向かっているようです。<br><br>(金城)<br>非常に良い傾向ですが、日本の輸出状況はどうなっているのでしょうか。<br><br>(田辺)<br>2012年の輸出総額は63兆7435億円で、輸出品目のトップは、自動車で14.5%となっています。<br><br />(金城)<br>この表を見ると、鉄鋼が2位に上がってきていますね。<br>その理由はなんですか。<br><br><br><br><br>(田辺)<br>鉄鋼は、主に韓国や中国、タイに輸出されてまして、これらの国は、建物を多く作るために、鉄鋼を必要としているというわけです。<br>日本はこれまで、自動車や半導体といった単一品目を輸出してきたのですが、<br>最近は、都市インフラを丸ごと輸出しようという動きになっています。<br><br>(金城)<br>インフラというのは、社会や産業の基盤の事ですよね。<br>それを丸ごと輸出というのはどういうことでしょうか。<br><br>(田辺)<br>例えば鉄道なら、車両だけでなく時間通りに運行できるシステムも含めて。<br>水道ならポンプだけでなく、水道料金を徴収できるシステムも含めて、パッケージで輸出しようということです。<br><br>(金城)<br>なるほど。<br>物そのものだけではなく、ノウハウも含めて買って頂こうというわけですね。<br><br>(田辺)<br>その通りです。<br>政府はインフラ輸出に力を入れており、環境技術も含めて、インフラをパッケージでアジアに展開することを決定しています。<br>ある銀行では、2010年からの10年間で、アジアで約700兆円の需要があると見ていますから、日本の経済再生の大きなチャンスと言えそうです。<br><br>(金城)<br>とても素晴らしい考えですね。<br><br>(田辺)<br>そうですね。<br>また、都市インフラの輸出はアジアだけではないのです。<br><br>(金城)<br>それはどういうことですか。<br>(田辺)<br>ロシアでは、急激に高度成長し、都市化した結果、駐車場不足や交通渋滞、<br>大気汚染などの問題が深刻化しています。<br>これが、高度成長で、公害を乗り切った日本の技術や経験を活かせると考え、ロシアに対し、都市インフラの輸出を提案しています。<br><br>(金城)<br>ところで、こうした都市インフラの輸出は企業が主体なのですか。<br><br>(田辺)<br>たしかに企業主体ではあるのですが、地方自治体も乗り出しています。<br>横浜市は、フィリピン中部の都市整備を総合的に支援することで、フィリピン政府と合意しているようです。<br><br>(金城)<br>なるほど。<br>日本の企業や地方自治体が、振興国のインフラ需要に応え、お互いにメリットのある展開になることを期待したいですね。<br>ここで、野村證券からセミナーのお知らせです。<br><br>(田辺)<br><br /><br /> <a href="http://www.otv.co.jp/kurakei/2013_pre01/file/1309200.jpg">[JPG画像]</a> <a href="http://www.otv.co.jp/kurakei/2013_pre01/file/1309201.jpg">[JPG画像]</a> 2017-10-24T01:47:00+09:00 健康志向でニーズ高まる野菜ジュース http://www.otv.co.jp/kurakei/2013_pre01/index.cgi?pg=130913 健康志向でニーズ高まる野菜ジュース 健康志向でニーズ高まる野菜ジュース<br />9月13日(金) <br />(金城) <br>こんにちは、金城わか菜です。<br>健康維持、生活習慣病の予防のためにも心がけたい規則正しい食生活。<br>そんな中、手軽に野菜を摂取する方法として野菜ジュースが注目されています。<br>お話を野村證券那覇支店 支店長の田辺稔さんに伺います。<br>よろしくお願いします。<br><br>(田辺)<br>よろしくお願いします。<br><br>(金城)<br>最近の野菜ジュースは飲みやすくて、栄養もしっかりとれるのでとても便利ですよね。<br><br>(田辺)<br>そうですね。<br>以前からトマトジュースといった定番商品はありましたが、好き嫌いがわかれる商品でした。<br>その点、最近は、種類も豊富で、甘さを感じる野菜成分をミックスさせるなどいろいろな改良がされていて、人気を集めています。<br><br>(金城)<br>おいしいのでおやつ感覚で飲めますよね。<br>実際に野菜ジュースの市場はどれくらい伸びているのでしょうか。<br><br>(田辺)<br>今年5月に発表されたデータによると、2012年の野菜ジュースなどの<br>野菜系飲料の生産量は前の年に比べ10.9%増え、56万4100キロリットルを記録しました。<br><br />(金城)<br>かなり伸びてきていますね。<br>どのような商品が人気なのですか。<br><br>(田辺)<br>にんじんミックスジュースの2012年の生産量は前の年の304・7%を記録しているほか、トマト果汁飲料の生産量に関しては2008年の800klから2012年は3900klへと5倍に迫る勢いで増えています。<br><br>(金城)<br>5倍はスゴイですね!<br>人気の背景にはどういったものがあるのでしょう。<br><br>(田辺)<br>メーカーが従来のものより、商品を飲みやすく改良したことと、消費者が健康対策の実践に手軽に取り入れられる事が人気の背景になっています。<br><br>(金城)<br>野菜ジュースは、人々の健康志向に応えているという事ですね<br><br>(田辺)<br>そうなんです。<br>合成保存料や合成着色料を使用しないこと。<br>塩分やカロリーが控えめであることまた「1本飲めば野菜何g分の栄養がある」といったわかりやすい宣伝方法を用いることで消費者の心をつかんでいます。<br><br>(金城)<br>確かに野菜不足を気にしている人なら思わず手を伸ばしますよね。<br><br>(田辺)<br>近年では野菜不足は進行していて、厚生労働省による調査によると、推奨されている1日の摂取量が350gに対し、2011年の成人の野菜摂取量は平均で277・4gと大きな開きがあります<br><br />(金城)<br>若い人を中心にかなり不足していますね。<br>野菜不足解消のきっかけとして、野菜ジュースをぜひ飲んでほしいですね。<br><br>(田辺)<br>そうですね。<br>30種類もの野菜をブレンドした商品も販売されていますし、市販のものだけでなく家庭でジューサーを使って野菜ジュースを作る事も人気を集めています<br><br>(金城)<br>確かに。<br>野菜だけでなく、果物やヨーグルト、豆乳をいれて自分なりにアレンジすることもできるので、自分好みの味を見つける楽しみがあっていいかもしれませんね。<br>私もぜひ野菜ジュースを飲んだり作ったりしてみたいと思います。<br>ここでセミナーのお知らせです。<br><br>(田辺)<br><br /><br /> <a href="http://www.otv.co.jp/kurakei/2013_pre01/file/1309130.jpg">[JPG画像]</a> <a href="http://www.otv.co.jp/kurakei/2013_pre01/file/1309131.jpg">[JPG画像]</a> 2017-10-24T01:47:00+09:00 ITを駆使して進化する「交通」新時代 http://www.otv.co.jp/kurakei/2013_pre01/index.cgi?pg=130906 ITを駆使して進化する「交通」新時代 ITを駆使して進化する「交通」新時代<br />9月6日(金) <br />(金城) <br>こんにちは、金城わか菜です。<br>IT技術を駆使して、自動車事故を未然に防ぐ時代がやってきました。<br>今回は、進化する交通の最前線についてお話を野村證券那覇支店 <br>支店長の田辺稔さんに伺います。<br><br>(田辺)<br>よろしくお願いします。<br><br>(金城)<br>田辺さん、自動車事故を未然に防ぐとは、どういうことでしょうか。<br><br>(田辺)<br>最近、車内に搭載したカメラやセンサー、レーダーなどで先行車や歩行者、障害物を感知し、衝突を回避することが出来る車があるのをご存じですか。<br><br>(金城)<br>CMでもよく見かける「自動ブレーキ」を搭載している車のことですね。<br><br>(田辺)<br>そうです。<br>これまでは、シートベルトやエアバッグなど事故後の被害を軽減するものが中心でした。<br>しかし、近年では、IT技術を駆使して事故の発生そのものを未然に防ごうという傾向になりつつあるんです。<br><br>(金城)<br>なるほど。<br>事故が未然に防げるのはいいことですね!<br>そのIT技術についてもっと詳しく教えてください。<br><br><br>(田辺)<br>先ほどの、自動ブレーキもIT技術を駆使してできたものですが、他にも、車の最終形とも言われている、ハンドルを握る必要のない「自動走行車」があります。<br><br>(金城)<br>自動で走るとは、まるでSF映画のようですが、どのような仕組みになっているんですか。<br><br>(田辺)<br>人は運転席に座っていますが、一切操作せずに、車体の前後に搭載したセンサーで車線を区切る白線を読み取ってハンドル角度を調整し、走行車線をキープします。<br><br>(金城)<br>なるほど。これは速度も自動ですか。<br><br>(田辺)<br>もちろんです。<br>障害物や渋滞があれば安全な速度に減速もしますし、前方車両との距離はレーダーで観測し、アクセルとブレーキを操作して一定に保ちます。<br><br>(金城)<br>これは自動車事故だけでなく、渋滞も減るでしょうね。<br><br>(田辺)<br>そうなんです。<br>他にも、ITSスポットという言葉を聞いたことがありますか?<br><br>(金城)<br>ITSスポットですか?<br>それは何でしょうか。<br><br>(田辺)<br>ITSスポットとは、ETCと同じ通信技術で、ドライバーに多用な情報サービスを受けられる道路上のエリアのことを言います。<br>(金城)<br>このITSスポットによって、<br>何が出来るのですか。<br><br>(田辺)<br>ITSスポットと車に搭載された対応のカーナビにより、広範囲の渋滞データで賢くルートを選択するダイナミックルートガイダンスや、道路上の落下物情報の提供、事故多発地点の注意喚起を行い、安全運転支援が出来るようになります。<br><br />(金城)<br>実際、実用はされているんですか?<br><br>(田辺)<br>はい。<br>2011年に、高速道路上を中心にITSスポットを全国およそ1,600カ所に設置し、サービスを開始しています。<br><br>(金城)<br>なるほど。<br>IT技術によって、より住みやすい環境がつくられていきそうですね。<br><br>(田辺)<br>そうですね。<br>他にも、ドライブスルーに着く前に車に搭載された端末の画面でメニューを見て注文し店舗では商品を受け取るだけのキャッシュレス決済なども可能になります。<br><br>(金城)<br>それは、とても便利ですね。<br>今後、IT技術を使った「交通」の益々の進化が楽しみです。<br>では、ここで野村證券からセミナーのお知らせです。<br><br><br>(田辺)<br><br /><br /> <a href="http://www.otv.co.jp/kurakei/2013_pre01/file/1309060.jpg">[JPG画像]</a> <a href="http://www.otv.co.jp/kurakei/2013_pre01/file/1309061.jpg">[JPG画像]</a> 2017-10-24T01:47:00+09:00 家事代行サービスを利用する人が増えている! http://www.otv.co.jp/kurakei/2013_pre01/index.cgi?pg=130830 家事代行サービスを利用する人が増えている! 家事代行サービスを利用する人が増えている!<br />8月30日(金)<br />(金城) <br>こんにちは、金城わか菜です。<br>最近、掃除や洗濯、育児など、家事代行サービスを利用する人が増えています。<br>今回は、家事代行サービスの現状について、<br>野村證券那覇支店 支店長の田辺稔さんに伺います。<br><br>(田辺)<br>よろしくお願いします。<br><br>(金城)<br>田辺さん、最近は女性の社会進出が増え、働く女性は、家事に育児に忙しい時代になっていますね。<br><br>(田辺)<br>そうですね。<br>そんな働く女性に向けたサービスとして、最近では「家事代行サービス」というものがあり、利用者も増えてるようです。<br><br>(金城)<br>家事代行サービスって、一部の高所得者が依頼するというイメージがあるのですが。<br><br>(田辺)<br>いえ、最近では料金も手頃になっていまして一般家庭でも利用者は増えているようです。<br><br>(金城)<br>具体的にどのような事を行うのか教えてください。<br><br><br>(田辺)<br>はい。<br>家事代行サービスにもいろいろありますが、掃除、洗濯、料理などの家事全般、<br>または一部を代行する「総合型」、エアコンなどの清掃に特化した「専門清掃」、<br>日常の洗濯物に対応する「洗濯代行」などに分けられています。<br><br />(金城)<br>なるほど。様々な種類があるのですね。<br>洗濯も頼めるんですか。<br><br>(田辺)<br>はい。ある会社では、普段、クリーニングに出さない靴下や、Tシャツ、タオルなどの日々の洗濯物を集荷スタッフに渡すだけで、洗濯から乾燥、たたんで仕上げまでしてくれます。<br><br>(金城)<br>それは便利ですね。<br>料金はどのくらいなんですか。<br><br>(田辺)<br>6キロから8キロの洗濯物が入るレギュラーサイズのバッグで2800円です。<br><br>(金城)<br>雨などで洗濯物が溜まった時に利用したいサービスですね。<br><br>(田辺)<br>それでもやはり、敷居が高くて頼みづらいという方もいると思います。<br>その方たちの為に「お試しトライアルプラン」を設けている業界大手の会社もあります。<br><br>(金城)<br>それはいいですね。<br>どういうプランなのでしょうか。<br>(田辺)<br>はい。部屋の掃除から、アイロンがけ、料理などのサービスが受けられます。<br>これは、初回のみですが、2時間半で4800円という料金となっています。<br><br>(金城)<br>4800円、<br>これなら気軽に試すことが出来ますね。<br><br>(田辺)<br>そうですね。<br>まずは試してみて、気に入ったのなら、その後も利用すると良いと思います。<br><br>(金城)<br>ところで、こうした「家事代行サービス」の市場規模はどのくらいなのでしょうか。<br><br>(田辺)<br>ある調査によると、「総合型」は、およそ290億円、「専門清掃」は、およそ560億円、「洗濯代行」は、およそ230億円と推計されてます。<br>また、サービス利用意向から将来の市場規模を推計したところ、それぞれの調査時点の2.4倍から6倍に、市場が拡大する見込みがあると考えられています。<br><br>(金城)<br>将来的に、成長が期待できるというわけですね。<br><br>(田辺)<br>おっしゃるとおりです。このデータはあくまで25歳から44歳までの女性を対象にしたものですが、利用者層は、単身世帯や高齢者世帯も考えられるため、実際の市場規模は、この数字よりも大きいと考えられます。<br><br><br>(金城)<br>今後が楽しみです。<br>ここで野村證券からセミナーのお知らせです。<br><br /><br /> <a href="http://www.otv.co.jp/kurakei/2013_pre01/file/1308300.jpg">[JPG画像]</a> <a href="http://www.otv.co.jp/kurakei/2013_pre01/file/1308301.jpg">[JPG画像]</a> 2017-10-24T01:47:00+09:00 物への愛着とエコ意識に応えるリペアビジネス http://www.otv.co.jp/kurakei/2013_pre01/index.cgi?pg=130823 物への愛着とエコ意識に応えるリペアビジネス 物への愛着とエコ意識に応えるリペアビジネス<br />8月23日(金)<br />(金城) <br>こんにちは、金城わか菜です。<br>エコな生活を送る指針として5Rという考え方があります。<br>お話を野村證券那覇支店 支店長の田辺稔さんに伺います。<br>よろしくお願いします。<br><br>(田辺)<br>よろしくお願いします。<br><br>(金城)<br>田辺さん、早速ですが、5Rについて詳しく教えてください。<br><br>(田辺)<br>3Rという言葉は聞いたことありますよね?<br><br>(金城)<br>はい。<br>ゴミの発生量を減らす「リデュース」、そのままの形で再利用する「リユース」<br>使い終わったものを再び原材料として使う「リサイクル」のことですよね。<br><br>(田辺)<br>そうです。その3Rに、修理して物を長く使う「リペア」<br>不要なものは買わない・もらわない「リフューズ」を加えたものを<br>5Rと言います。<br><br />(金城)<br>使い捨てにしないという点では、リペアとリユースは通じるところがありますね。<br>今後、日本でそれらが浸透していく可能性は高いのでしょうか。<br><br><br>(田辺)<br>世間のリペアに対する意識は決して低くないといえるでしょう。というのも、<br>内閣府の調査によるとごみを少なくするための心掛けとして、「壊れたものは修理して長く使う」が1.4%とほぼ半数の解答が得られました。<br><br />(金城)<br>なるほど。ただ、リペアは自分で修理できるものもあれば、専門知識や道具が必要なものもありますよね。<br><br>(田辺)<br>そうです!なので、企業はそこにビジネスチャンスを見出して、サービスを展開しています。<br><br>(金城)<br>詳しく教えてください。<br><br>(田辺)<br>例えば、靴の修理です!<br>革靴なら耐水加工などの特殊な表面処理を行うことで長持ちさせることができます。<br>高級靴を購入したら、まずはこのようなリペアサービス店に持ち込む消費者も<br>いるほどです。<br><br>(金城)<br>壊れないように、事前に対処するんですね。<br><br><br>(田辺)<br>他にも、靴と同じ皮革製品として、鞄の擦り切れた持ち手の交換や<br>スーツケースなどの金具の補修から再塗装まで行う店舗もあります。<br><br>(金城)<br>幅広いリペアサービスがありますが、他にも注目のリペアサービスはありますか。<br>(田辺)<br>リペアの対象はピアノなどの高価な楽器、<br>桐たんすや本革のソファーといった高級家具など、多様化しています。<br><br>(金城)<br>なるほど。しかし、それらの費用は相応の額になりそうですよね。<br><br>(田辺)<br>修理に対価を支払うことに価値を感じられるかどうかが前提にあり、<br>費用がかかる分、愛着が強くなって、より一層大切に使おうという意識に<br>つながるようです。<br><br>(金城)<br>思い入れのあるものは、簡単に捨てずに修理して使いたいと考える方の<br>ニーズに応えてくれているんですね。<br><br>(田辺)<br>思い入れがあるといえば、子どものぬいぐるみのクリーニングからホツレの修繕、長年お付き合いで毛が抜けてしまった部分は似た種類の繊維などで「植毛」してくれるリペアサービスまであります。<br><br>(金城)<br>これは子どもを笑顔にするいいサービスですね。<br>私もリペアサービスを活用しながら、エコなライフスタイルを実施して行こうと思います。<br>ここで野村證券からセミナーのお知らせです。<br><br>(田辺)<br><br />(金城・田辺)<br> ありがとうございました。<br><br /><br /> <a href="http://www.otv.co.jp/kurakei/2013_pre01/file/1308230.jpg">[JPG画像]</a> <a href="http://www.otv.co.jp/kurakei/2013_pre01/file/1308231.jpg">[JPG画像]</a> 2017-10-24T01:47:00+09:00 種類も味も多様化!見直される「缶詰」の魅力 http://www.otv.co.jp/kurakei/2013_pre01/index.cgi?pg=130816 種類も味も多様化!見直される「缶詰」の魅力 種類も味も多様化!見直される「缶詰」の魅力<br />8月16日(金)<br />(金城) <br>こんにちは、金城わか菜です。<br>すぐに食べられる便利さや栄養価の高さから今、缶詰が注目されているようです。<br>今回は缶詰ブームについて野村證券那覇支店支店長の田辺稔さんに伺います。<br>よろしくお願いします。<br><br>(田辺)<br>よろしくお願いします。<br><br>(金城)<br>缶詰というとサケやサバの水煮といったイメージが強いですが、<br>最近は種類がずいぶん豊富になったような気がします。<br><br>(田辺)<br>そうですね。<br>最近ではおでんやラーメン、だし巻き卵、パンなどの缶詰も出ていますし、 厚切りベーコンやムール貝の白ワイン煮など従来は見られなかったような惣菜系の缶詰が増えています。<br><br>(金城)<br>惣菜系の缶詰は、夕食のおかずをもう一品というときに便利ですよね。<br><br>(田辺) <br>そうですね。さらに最近では、300種類もの缶詰をお酒のおつまみとして楽しめる「缶詰バー」が登場したり、昨年、東京・秋葉原では「缶詰フェスティバル」も開催されました。<br> <br>(金城)<br>それは驚きです。<br>ぜひ行って見たいですね。<br>それにしても、なぜ今缶詰が人気なのですか。<br><br>(田辺)<br>様々な背景がありますが、一つには大震災以降、保存食・備蓄食として缶詰が見直されたことが挙げられます。<br>これまで下降していた食品缶詰生産は、震災後、32年ぶりに前の年を上回りました。<br>特に水産缶詰生産が伸び、これが全体を押し上げています。<br><br />(金城)<br>全国的な備蓄意識の高まりが缶詰の消費につながっているわけですね。<br><br>(田辺)<br>そうなんです。<br>他にも、ツナ缶1つとってもトマト味やケチャップ味などの多様化が進んで選択肢が増えたことに加え、ちょっとしたアレンジで贅沢な一品になったりするアイディアがブログなどで発信されるようになったことも人気の背景としての1つです。<br><br>(金城)<br>缶詰をアレンジするレシピ本もかなりでていますからね。<br>ちなみに栄養価も高いということですが、 具体的に教えて下さい。<br><br>(田辺)<br>それは缶詰の製法に秘密があります。缶詰内の空気を抜いた状態で加熱殺菌するため、栄養の損失が少なく、タンパク質、脂質、 糖質の三大栄養素も安定で、熱に弱いビタミンC類も液汁にかなり残るようです。<br><br />(金城)<br>ミカン缶詰にはミカン10個分、サバの缶詰にはサバ丸ごとの栄養分が入っているですね。これには驚きです!<br><br><br><br>(田辺)<br>おっしゃるとおりです。<br>また、実は缶詰には出荷量を調整したり、それによる価格の変動を抑える役割もあるんです。<br><br>(金城)<br>それはどういう事ですか?<br><br>(田辺)<br>農水産物は季節によって収穫や漁獲量が大きく変わるので、多く獲れた時に一部を市場から切り離し、それによる価格の変動を抑えることができるそうです。<br><br>(金城)<br>なるほど。<br>缶詰にはそういう役割もあるわけですね。<br><br>(田辺)<br>また、地方の名産品の缶詰はインターネットで手軽に取り寄せられるようになり、それに伴い缶詰の需要も拡大するため、地方の経済活性化にも貢献するでしょう。<br><br><br>(金城)<br>なるほど。重くてかさばる缶詰はインターネット販売向きと<br>言えるかもしれませんね。<br>味も種類も多彩になってきた缶詰。<br>もっと利用したいと思います。<br><br>今日はありがとうございました。<br><br><br>(田辺)<br>ありがとうございました。<br><br /><br /> <a href="http://www.otv.co.jp/kurakei/2013_pre01/file/1308160.jpg">[JPG画像]</a> <a href="http://www.otv.co.jp/kurakei/2013_pre01/file/1308161.jpg">[JPG画像]</a> 2017-10-24T01:47:00+09:00 主戦場はコンビニ!? 進化を続ける和菓子 http://www.otv.co.jp/kurakei/2013_pre01/index.cgi?pg=130809 主戦場はコンビニ!? 進化を続ける和菓子 主戦場はコンビニ!? 進化を続ける和菓子<br />8月9日(金)<br />(金城) <br>こんにちは、金城わか菜です。<br>日本が誇る伝統的な和菓子。最近ではユニークな新作和菓子も登場しています。<br>今回は、進化する和菓子について、野村證券那覇支店 支店長の田辺稔さんに伺います。<br><br>(田辺)<br>よろしくお願いします。<br><br>(金城)<br>田辺さん、団子や柏餅など、和菓子にもたくさんの種類がありますが、<br>いつ頃から日本の文化として、定着したのですか。<br><br>(田辺)<br>和菓子が大きく発展したのは、江戸時代からと言われています。<br>現在食べられている和菓子の多くは、この頃に生まれたものです。<br><br>(金城)<br>なるほど。ところで、<br>和菓子市場の状況はどうでしょうか?<br><br>(田辺)<br>日本マーケティングレポートが昨年発表した「デザート白書」によると、<br>和風な生菓子の出荷額は、2010年度のおよそ4087億円から、<br>2014年度にはおよそ4319億円に達すると見られています。<br>これには、特にコンビニ各社の存在感が強まりをみせています。<br><br />(金城)<br>確かに、コンビニにはオリジナルの和菓子や冷蔵で販売するチルド和菓子が<br>多く置かれていますよね。<br><br><br><br>(田辺)<br>チルド和菓子は常温よりも糖分が抑えられ、健康志向やダイエット意識の高い女性層に人気があるようです。<br><br>(金城)<br>なるほど。和菓子は健康志向にマッチしているというわけですね。私も大好きです!<br><br>(田辺)<br>はい。<br>コンビニの利用者も、女性やシニアの割合が高まっていて、相乗効果が期待できます。<br>今やコンビニが和菓子市場の成長のカギを握っていると言えます。<br><br>(金城)<br>これは、和菓子業界にとって追い風になりそうですね。<br><br>(田辺)<br>そうなんですが、実は、良いニュースばかりではないのです。<br><br><br>(金城)<br>それはどういう意味でしょうか。<br><br>(田辺)<br>確かに個人での消費は伸びているのですが、贈答品としては需要が減ってきています。<br>若者を中心にお中元やお歳暮を贈る人が減ってきていて、百貨店での和菓子の販売の割合は今後減っていくと言われています。<br><br>(金城)<br>お中元やお歳暮など失われつつある日本の風習をいかに復活させるかが<br>今後の課題といえそうですね。<br>ちなみに、人気の和菓子を教えてください。<br><br><br>(田辺)<br>はい。和菓子で人気が高いのは、「たい焼き」や「今川焼き」ですね。<br>これらは、屋台で販売されていることも多く気軽に買えるのも人気の秘訣です。<br><br>(金城)<br>たい焼きは正に身近な和菓子と言えますね。<br>ところで田辺さん、最近は、定番の和菓子だけでなく、新しい和菓子も開発されているようですね。<br><br><br>(田辺)<br>はい。洋菓子の要素を取り込んだ、オシャレな和菓子もあります。<br>生クリームが入ったどら焼きや、プリンを入れた大福、新鮮な果物を乗せたぜんざいなど、ユニークな和菓子も登場し、コンビニを中心に広がっています。<br><br><br>(金城)<br>やはり、市場拡大にはコンビニが関わってくるということですね。<br>老舗の和菓子店では、コーヒー味の羊羹も販売されていると聞きました。<br><br>(田辺)<br>そうですね。自由な発想で和菓子も進化していて、<br>これからも、次々と新しい和菓子が開発されていくと思われます。<br><br>(金城)<br>暑い日が続きますが、水ようかんやみつ豆などの和菓子を食べて、この夏を涼しく過ごしたいですね。<br>本日はありがとうございました。<br><br>(田辺)<br>ありがとうございました。<br><br /><br /> <a href="http://www.otv.co.jp/kurakei/2013_pre01/file/1308090.jpg">[JPG画像]</a> 2017-10-24T01:47:00+09:00 「建設機械は無人運転」の時代がやってくる? http://www.otv.co.jp/kurakei/2013_pre01/index.cgi?pg=130802 「建設機械は無人運転」の時代がやってくる? 「建設機械は無人運転」の時代がやってくる?<br />8月2日(金)<br />(金城) <br>こんにちは、金城わか菜です。<br>普段あまりなじみのない建設機械の世界。<br>今、GPS技術などを駆使した無人運転の時代に入ろうとしています。<br>お話を野村證券那覇支店 支店長の田辺稔さんに伺います。<br><br>(田辺)<br>よろしくお願いします。<br><br>(金城)<br>建設機械といえば、工事現場でよくみかけるクレーンやパワーショベルがありますよね。<br><br>(田辺)<br>そうですね。<br>地面を掘ったり、重量物を吊り上げたり、他にも様々な機械があり、解体機や<br>粉々に砕く破砕機といったものもあります。<br><br>(金城)<br>なるほど。やはり建設機械は<br>工事現場などに欠かせないと思うのですが、市場規模を教えてください。<br><br>(田辺)<br>はい。こちらは建設機械の市場規模を本体と補修部品の合計出荷金額で示したものですが2012年度では、国内出荷がおよそ7千800億円であるのに対し、海外向けがおよそ1兆3千700億円となっています。<br><br />(金城)<br>建設機械の市場は世界にあるということですね。<br>ちなみに、今、建設機械はめざましい発展を遂げているそうですね。<br><br>(田辺)<br>そうなんです。建設機械の無人運転の時代になろうとしています。<br>例えば、オーストラリア北西の鉄鉱山では、日本の最大手メーカーの超大型ダンプトラックが既に10台、無人で稼動しています。<br><br>(金城)<br>これはまた想像を絶しますが、どのような仕組みになっているんですか。<br><br>(田辺)<br>カーナビでもお馴染みのGPS技術によって位置を把握し、高速無線通信ネットワークなどを使って遠隔操作しています。<br><br>(金城)<br>これには、どのような背景があるんですか。<br><br>(田辺)<br>例えば、インドネシアの石炭鉱山では、100トン級のダンプトラックがひしめき合って事故が多いそうです。<br>無人化には、そうした人的ミスによる事故の防止という目的もあり、交替や休憩などの必要もなくなるので生産性向上も図ることができます。<br><br>(金城)<br>危険な気もしましたが、逆に安全性も効率も高いわけですね。<br><br>(田辺)<br>他にも、ある最大手メーカーから自動運転が可能な新型ブルドーザーもでてきています。<br>整地する際、地面の凸凹をセンサーで把握し設計画面に従って、土を削ってならす深さを数センチ単位で性格に調整できるそうです。<br>これは、ブルドーザーの熟練作業員でなくても作業可能になり、人件費の抑制や工事期間の短縮などのメリットがあるとされます。<br><br />(金城)<br>今後は建設機械の無人化・自動化が進みそうですね。<br><br><br>(田辺)<br>そうですね。<br>この最大手メーカーでは、無人運転・自動運転の建設機械を次世代の戦略商品と位置づけています。<br>さらに、世界中で働く建設機械の遠隔管理を進めてきた国内2番手メーカーでも無人ダンプトラックの稼動試験を始め、2017年度までに実用化する計画です。<br><br>(金城)<br>今後の建設機械の動向が楽しみです。<br>本日は、知られざる建設機械の世界について、お話を伺いました。では、ここで野村證券からセミナーのお知らせです。<br><br><br>(田辺)<br><br /><br /> <a href="http://www.otv.co.jp/kurakei/2013_pre01/file/1308020.jpg">[JPG画像]</a> <a href="http://www.otv.co.jp/kurakei/2013_pre01/file/1308021.jpg">[JPG画像]</a> 2017-10-24T01:47:00+09:00 業種の多様化が進むドライブスルー店舗 http://www.otv.co.jp/kurakei/2013_pre01/index.cgi?pg=130726 業種の多様化が進むドライブスルー店舗 業種の多様化が進むドライブスルー店舗<br />7月26日(金)<br />(金城) <br>こんにちは、金城わか菜です。<br>ファストフード店などで設置され広く知られているドライブスルー。<br>今や業種を超えて、様々なジャンルで活用されています。<br>お話を野村證券那覇支店支店長の田辺稔さんに伺います。<br>よろしくお願いします。<br><br>(田辺)<br>よろしくお願いします。<br><br>(金城)<br>ドライブスルーは時間がない時や、雨の日は駐車場から店内までの途中に雨に濡れずに済むので便利ですよね。<br><br>(田辺)<br>そうですね。なので最近は、ファーストフード店だけでなく、<br>他の飲食業でもドライブスルーを導入する店舗が増えてきているんです。<br><br>(金城)<br>どんなものがありますか。<br><br>(田辺)<br>牛丼に、カレー、寿司、そば・うどん、ラーメン、アイスクリーム、たこ焼きなどがあります。<br><br>(金城)<br>麺類もあるんですね!<br>例えば、急ブレーキ踏んだ際、熱いスープがこぼれたりする心配はないのでしょか。<br><br>(田辺)<br>ドライブスルー専用で、どんぶりの容器を水平に固定できるペーパートレーを使えば、安心して持ち帰ることができるそうですよ。<br><br>(金城)<br>なるほど。いろいろと工夫しているんですね。<br>飲食以外でも色んな業種のドライブスルーがあるといいですよね。<br><br>(田辺)<br>実はですね。<br>Yahoo!が「消費者の方々が利用したいドライブスルー」について調査したところ最も多いのが「銀行」でした。2番目が「クリーニング」、3番目が「調剤薬局」、4番目が「公営ギャンブル投票券」、5番目が「書店」でした。<br><br />(金城)<br>ドライブスルーの銀行ってあるんですか。<br><br>(田辺)<br>実はあるんですよ!これまでにもドライブスルーのATMはありましたが、<br>今年4月に愛知県に窓口業務も行うドライブスルー型銀行が全国で初めて開業しました。<br><br>(金城)<br>ほとんどの窓口業務に対応するんですか?<br><br>(田辺)<br>はい。キャッシュカードを持ってくれば、利用者による伝票記入やタッチパネル操作が不要な「記入レス」と「印鑑レス」による窓口取引が可能です。<br><br>(金城)<br>なるほど。これは便利ですね。<br>他にも、ドライブスルー化が進んでいる業種はありますか?<br><br>(田辺)<br>先ほどのyahoo調査の2位の「クリーニング店」があります。<br>利用者は車から降りずに洋服を預け、受け取ることができ、中には、<br>24時間対応のロッカーやボックスを設置している店もあります。<br>営業時間外の深夜早朝でも大丈夫なので好評を博しているようです。<br><br>(金城)<br>会社の行き帰りにもよれるのはいいですね。<br><br>(田辺)<br>他にもユニークな業種があって、今年4月に群馬県に全国初のメガネ専門店が開業しました。<br><br>(金城)<br>メガネをドライブスルーでですか!?<br><br>(田辺)<br>車に乗ったまま専用レーンに入り、電子看板から試しにかけたいものを選びます。専用の窓口でその眼鏡を受け取り車内で試着し、気に入ったら購入する仕組みです。<br><br>(金城)<br>なるほど。今後も多様な業種でドライブスルーは設置が進んで、買い物も楽しくなりそうです。<br>では、ここで野村證券那覇支店からセミナーのお知らせです。<br><br>(田辺)<br><br /><br /> <a href="http://www.otv.co.jp/kurakei/2013_pre01/file/1307260.jpg">[JPG画像]</a> <a href="http://www.otv.co.jp/kurakei/2013_pre01/file/1307261.jpg">[JPG画像]</a> 2017-10-24T01:47:00+09:00 白物家電の国内市場拡大! デジタル家電を逆転 http://www.otv.co.jp/kurakei/2013_pre01/index.cgi?pg=130719 白物家電の国内市場拡大! デジタル家電を逆転 白物家電の国内市場拡大! デジタル家電を逆転<br />7月19日(金)<br />(金城) <br>こんにちは、金城わか菜です。<br>洗濯機、炊飯器、エアコン、掃除機など生活必需品ともいえる家電製品。<br>今回は、伸展が著しい白物家電の動向を中心に<br>お話を野村證券那覇支店支店長の田辺稔さんに伺います。<br>よろしくお願いします。<br><br>(田辺)<br>よろしくお願いします。<br><br>(金城)<br>白物家電とは、確か、冷蔵庫や掃除機など、 生活・家事に関わる製品は白が基調になることが多いことから、そう呼ばれているんですよね。<br><br>(田辺)<br>そうです。<br>一方で、DVDレコーダーやテレビなど 娯楽に関連する製品は黒物家電、またはデジタル家電と呼ばれています。<br><br><br>(金城)<br>どちらも生活を豊かに、 そして便利にしてくれる製品ですね。<br>ちなみに、年間ではどれくらいの家電製品が 販売されているのでしょうか。<br><br>(田辺)<br>日本電機工業会によると、白物家電の2012年度の国内出荷実績は、2兆2千166億円となっています。<br>2兆円を超えたのは3年連続で、過去10年間で2番目に高い出荷金額です。<br><br />(金城)<br>デジタル家電と比較するとどうですか。<br>(田辺)<br>同じ期間でのデジタル家電の国内出荷実績は1兆4千795億円で10年ぶりに白物家電が逆転しました。<br><br>(金城)<br>その背景には、何があるのでしょうか。<br><br>(田辺)<br>白物家電は、震災以降の節電の意識と3年連続の猛暑を背景に、<br>長時間の使用でも電気代を安く抑えられるエアコンが登場したことがあげられます。<br>また、黄砂などの浮遊物に対して、室内の空気を清潔に保つ為の空気清浄機の<br>販売数も伸びてきているんです<br><br>(金城)<br>なるほど。では、今後、伸展しそうな製品はありますか?<br><br>(田辺)<br>そうですね・・・。<br>今後、最も購入したい家電で言うと、1位にホームベーカリー、2位にLED電球3位にサイクロン掃除機が挙がっています。<br><br />(金城)<br>お掃除ロボットは、自動で動いて掃除してくれるので便利ですよね。<br><br>(田辺)<br>そうですね。家事が軽減されて、家族の会話が増えたという声もあります。<br><br>(金城)<br>掃除機が家庭を円滑にしてくれるのですね。他にも注目の家電はありますか?<br><br>(田辺)<br>土鍋使用の高級炊飯器や、コーンポタージュなどが作れるジューサー、本格的なカフェラテやカプチーノが飲める<br>エスプレッソマシンなど、多機能・高性能な白物家電が続々と登場しています。<br><br>(金城)<br>なるほど。また、最近ではネット家電という言葉を耳にしますよね!?<br><br>(田辺)<br>それは、家電にワイファイなどのネットワーク機能を搭載して、<br>外出先から操作できるのが一般的な特徴です。<br><br>(金城)<br>例えば、どのようなものがありますか?<br><br>(田辺)<br>例えば、帰宅前に外出先からエアコンをつけたり、<br>お風呂を沸かしたりといったことが可能になります。<br><br>(金城)<br>なるほど。ますます生活が便利になって行きそうですね。今後も家電がどのような進化を遂げて行くのか楽しみです。<br>それでは、ここで野村證券からセミナーのお知らせです。<br><br>(田辺)<br><br /><br /> <a href="http://www.otv.co.jp/kurakei/2013_pre01/file/1307190.jpg">[JPG画像]</a> <a href="http://www.otv.co.jp/kurakei/2013_pre01/file/1307191.jpg">[JPG画像]</a> 2017-10-24T01:47:00+09:00 家庭で!病院で! 「身ぶり手ぶり操作」が今後の主流に? http://www.otv.co.jp/kurakei/2013_pre01/index.cgi?pg=130712 家庭で!病院で! 「身ぶり手ぶり操作」が今後の主流に? 家庭で!病院で! 「身ぶり手ぶり操作」が今後の主流に?<br />7月12日(金)<br />(金城) <br>こんにちは、金城わか菜です。<br>スマートフォンやタブレットの普及とともに「タッチパネル」による操作も定着しつつあります。<br>今回は、デジタル機器の新しい操作方法の動向について、<br>野村證券那覇支店 支店長の田辺稔さんに伺います。<br><br>(田辺)<br>よろしくお願いします。<br><br>(金城)<br>「タッチパネル」のあの独特な操作方法に慣れないという人も多いのではないでしょうか。<br><br>(田辺)<br>そうですね。<br>しかし、「タッチパネル」は今後の操作方法の主流になると考えられています。<br>練習は必要ですが、慣れてしまえば案外快適になるかもしれませんよ。<br><br>(金城)<br>意外と将来は何でもタッチパネルで操作ということもあるかもしれませんね。<br>そもそもタッチパネルは、新しい技術なのでしょうか。<br><br>(田辺)<br>実は、30年ほどの歴史があるようです。<br>いくつかの方式があり、そのうち「抵抗膜方式」は80年代から開発され、<br>カーナビなどに利用されています。<br>スマートフォンには「投影型静電容量方式」という比較的新しい技術です。<br><br />(金城)<br>なるほど。タッチパネルは、いつのまにか身の回りに増えてきたという印象ですね。<br><br>(田辺)<br>そうですね。最近は、自動販売機や会議などで使われる白板にもタッチパネル式のものがあります。<br><br>(金城)<br>なるほど。タッチパネルの活用方法もいろいろ増えているんですね。<br><br>(田辺)<br>タッチパネルや、パソコンのキーボードやマウスなどの操作方法も含め、これらは「ユーザーインターフェース」と呼ばれています。<br>「接点」や「橋渡し」といった意味で、文字通り利用者とパソコンの仲立ちをします。<br>「音声入力」もこの1つです。<br><br>(金城)<br>スマートフォンに向かって、地名を言うと地図を表示されるのも音声を使ったユーザーインターフェースということですね。<br><br>(田辺)<br>音声認識は、移動時や手が離せないときには便利ですし、手足の不自由な方々にとっても役立つ技術だと思います。<br>場合に応じてユーザーインターフェースが選べる時代になってきたと言えそうです。<br><br>(金城)<br>まるでSF映画のような世界ですね。<br><br>(田辺)<br>今後は、さらにSF映画的なユーザーインターフェースが身近になるかもしれません。<br>「身ぶり」「手ぶり」を使う「ジェスチャー操作」です。<br><br>(金城)<br>なんだか楽しそうですね。<br><br>(田辺)<br>例えば、手を軽く振ると窓やカーテンが開くテレビのチャンネルが切り替るなど、これからの住まいの方向性を示すような技術が現実化しつつあります。<br>もともとは、家庭用ゲーム機として開発された技術ですが、その技術を応用して活用しているようです。<br><br>(金城)<br>それはどういったところで活用されてるんですか。<br><br>(田辺)<br>ある病院では、手術中の医師が手術の際にセンサーに手をかざすと、カルテを表示させたりしているようです。<br>他には、ゲーム感覚を取り入れたリハビリへの応用研研究が進められています。<br><br>(金城)<br>なるほど。ジェスチャー操作は医療分野を中心に普及していきそうですね。<br><br>(田辺)<br>パソコン画面に視線を向けると画面をスクロールさせる視線認識も開発されているようです。<br><br>(金城)<br>見ているものが認識されるなんて、夢のような技術ですね。<br>ここで野村證券からセミナーのお知らせです。<br><br>(田辺)<br><br /><br /> <a href="http://www.otv.co.jp/kurakei/2013_pre01/file/1307120.jpg">[JPG画像]</a> <a href="http://www.otv.co.jp/kurakei/2013_pre01/file/1307121.jpg">[JPG画像]</a> 2017-10-24T01:47:00+09:00 「捨てるエネルギー」を活かす▼新たな発電方法が拡大 http://www.otv.co.jp/kurakei/2013_pre01/index.cgi?pg=130705 「捨てるエネルギー」を活かす▼新たな発電方法が拡大 「捨てるエネルギー」を活かす▼新たな発電方法が拡大<br />7月5日(金)<br />(金城) <br>こんにちは、金城わか菜です。<br>今後の電力確保に向けて、これまで捨てられたエネルギーを活用しようという取り組みが広がっています。 <br>お話を野村證券那覇支店支店長の田辺稔さんに伺います。よろしくお願いします。<br><br>(田辺)<br>よろしくお願いします。<br><br>(金城)<br>まずは、「捨てられたエネルギー」について教えてください。<br><br>(田辺)<br>「捨てられたエネルギー」は、例えば工場などの設備の排水・排熱・<br>他にも、文字通り捨てられるだけのゴミや交通量が多い橋などで絶えず発生している振動などを利用したエネルギーです。<br><br>(金城)<br>なるほど。ゴミや振動も大切なエネルギー源ということですね。<br><br>(田辺)<br>はい。ゴミは、燃やす際の熱エネルギーを利用して「廃棄物発電」が行われていて、また、廃棄物中の水分や不純物を固形化して発電用の燃料にできるなど、様々な可能性を秘めています。<br><br>(金城)<br>なるほど。では、振動の方はどうでしょう。<br><br>(田辺)<br>振動で発生する発電は、その場のエネルギーをその場で利用できる<br>大きなメリットがあります。<br>オフィス通路の進路を示す誘導灯などに実用化されています。<br><br>(金城)<br>振動だけで電気が作れれば、運用コスト面でもメリットがありそうですね。<br><br>(田辺)<br>そうですね。また、更に注目されているのが温泉の持つエネルギーです。<br>九州には一般の住宅に温泉水を供給する事業者もあり、大分県別府市にある会社は、噴出する源泉を管理していますが、自宅に供給してもなお余ってしまうことから、常々もったいないと感じていたそうです。<br><br>(金城)<br>もしかして、その余った温水をエネルギーに利用したのですか。<br><br><br>(田辺)<br>そうです。それを「バイナリー発電」といいます。<br>捨てられていた温水を利用し、沸点の低い液体によって温めて蒸発させ、<br>その蒸気でタービンを回します。<br>全国初の温泉熱発電となるこの発電設備は、今年の2月から稼動を開始しています。<br><br />(金城)<br>ただ、その会社は温泉水を供給する会社ですよね。発電した電力はどのように使うのですか。<br><br>(田辺)<br>電力会社に販売します。国では、昨年、太陽光や風力などで発電された電力を、<br>決められた期間、決められた価格で買い取ることを電力会社に義務づける<br>「再生可能エネルギー固定価格制度」を開始しています。<br><br>(金城)<br>その温泉熱発電は再生可能エネルギーの1つとして考えられるということでしょうか。<br><br>(田辺)<br>そうですね。温泉熱発電は地熱発電の一種として対象に含まれます。<br><br>(金城)<br>なるほど。最初にお話したゴミなどの破棄物発電も対象になっているんですか。<br><br>(田辺)<br>生ゴミなどのバイオマスだけを利用する廃棄物発電は対象になっていますが、<br>廃プラスチックなども含んだ廃棄物は対象になっていません。<br><br>(金城)<br>しかし、メーカー側にとって、捨てられるエネルギーをすべて買い取り対象にしてほしいというのもあるのではないでしょうか?<br><br>(田辺)<br>そうですね。なので、メーカー側も産業排熱の徹底利用に照準を当てています。<br><br>(金城)<br>徹底的に有効活用できる方向に進むといいですね。<br><br>では、ここで野村證券那覇支店からセミナーのお知らせです。<br><br>(田辺)<br><br /><br /> <a href="http://www.otv.co.jp/kurakei/2013_pre01/file/1307050.jpg">[JPG画像]</a> <a href="http://www.otv.co.jp/kurakei/2013_pre01/file/1307051.jpg">[JPG画像]</a> 2017-10-24T01:47:00+09:00 賑わう国内イベントで人気高まる国内旅行 http://www.otv.co.jp/kurakei/2013_pre01/index.cgi?pg=130628 賑わう国内イベントで人気高まる国内旅行 賑わう国内イベントで人気高まる国内旅行<br />6月28日(金)<br />(金城)<br>こんにちは。金城わか菜です。<br>近年、海外旅行ではなく国内旅行を選ぶという人が増えているようです。<br>今回は、盛んな国内旅行について話を<br>野村證券那覇支店 支店長の田辺稔さんに伺います。<br><br>(田辺)よろしくお願いします。<br><br>(金城)<br>田辺さん、今、国内旅行が人気ということですが、<br>どれくらいの人が国内旅行に行っているんですか。<br><br>(田辺)<br>レジャー白書2012によると、<br>2011年は余暇活動の最多で「5千580万人」。<br>さらに2010年には圏外だった「帰省旅行」が2千380万人で<br>19位に入りました。<br><br>(金城)<br>日本の人口がおよそ1億3千万人なので・・・<br>2人に1人が「帰省」を含めて国内旅行をしているということですね。<br><br>(田辺)<br>そうですね。実際、世論調査によると、生活の中で力を入れたいトップ項目は<br>「レジャー・余暇」、次いで「所得・収入」・「資産・貯蓄」となっています。<br><br />(金城)<br>なるほど。金銭的なことより、いかに余暇を充実させるかを<br>考える人が多いんでしょうね。<br>ちなみに、国内旅行が盛んな理由はなんですか。<br><br>(田辺)<br>震災後の自粛ムードの反動の他、さらに格安航空会社の登場など、<br>移動の選択が増えたことが要因と考えられます。<br>最近では、急速な円安の進行によって海外旅行愛好者も国内旅行にシフトしてきています。<br><br>(金城)<br>なるほど。社会的な背景以外でも人気の要因はありますか。<br><br>(田辺)<br>各地域の伝統工芸や農業などを絡めた体験型ツアーを企画したり、<br>イベントでいうと、今年は、伊勢神宮が「式年遷宮の年」として<br>「お伊勢参りツアー」も企画されています。<br><br>(金城)<br>国内の見所は豊富ですね。<br><br>(田辺)<br>また、沖縄では、今年3月に新石垣空港が開港していますし、<br>東京スカイツリーなど新名所も話題性十分です。<br>そして、旅の醍醐味であるご当地グルメも忘れてはいけません。<br><br>(金城)<br>そうですね。ちなみに、旅行客はどれくらいの費用をかけているんですか。<br><br>(田辺)<br>観光庁の調査によると、2012年10月〜12月までの<br>国内宿泊観光旅行の平均単価は5万3080円。<br>旅行者数は10%増えて4千463万人、消費額は8.7%アップの2兆3688億円でした。<br><br />(金城)<br>話を聞いていて、国内旅行がものすごく盛況だということがわかりました。<br>今後の展望も教えてください。<br><br>(田辺)<br>観光庁によると、国内観光旅行の満足度について、満足したのは90%を超えています。<br>また、60%以上が再び訪れたいという意向を示しています。<br>今後も国内旅行をする人は、増加するでしょう。<br><br>(金城)<br>増加する理由はなんですか。<br><br>(田辺)<br>時間・金銭・子育て終了などによって「ゆとりができた」。<br>また、「言ってみたいところがある」・「日本をもっと知りたい」ということが理由としてあげられます。<br>一方で、旅行は増えないと考えている人もいるんです。<br><br>(金城)<br>それはなぜですか。<br><br>(田辺)<br>「混雑する時期に旅行に行きたくない」<br>「家族と休暇が重ならない」<br>「有給休暇をとりにくい状況である」といったことがあげられます。<br><br>(金城)<br>「混雑」という理由で旅行者が離れていってしまわないよう、人気の観光地も工夫が必要ですね。<br><br>(田辺)<br>そうですね。地域ぐるみで連携して、快適に観光ができるような仕組みを<br>作ってくれるとありがたいものです。<br>そして、新たな客層をいかに取り込むか、それが旅行業界のさらなる成長のカギになるかもしれません。 <br><br>(金城)<br>本日はありがとうございました。<br><br /><br /> <a href="http://www.otv.co.jp/kurakei/2013_pre01/file/1306280.jpg">[JPG画像]</a> <a href="http://www.otv.co.jp/kurakei/2013_pre01/file/1306281.jpg">[JPG画像]</a> 2017-10-24T01:47:00+09:00 今や生活の一部。「中古品」市場は1兆円規模へ! http://www.otv.co.jp/kurakei/2013_pre01/index.cgi?pg=130621 今や生活の一部。「中古品」市場は1兆円規模へ! 今や生活の一部。「中古品」市場は1兆円規模へ!<br />6月21日(金)<br />(金城)<br>こんにちは。金城わか菜です。<br>生活の消費形態として、中古品の購入が普及しています。<br>今回は、中古品の市場や現状について<br>お話を野村證券那覇支店 支店長の田辺稔さんに伺います。<br><br>(田辺)よろしくお願いします。<br><br>(金城)<br>中古品の購入が普及しているということですが、<br>市場規模はどれくらいなんでしょうか。<br><br>(田辺)<br>自動車を除く中古品の市場規模は2007年のおよそ3千452億円から<br>2011年には、およそ1兆9百億円まで成長しています。<br>また、これに中古車と中古住宅を加えると3兆円以上になるとも言われています。<br><br>(金城)<br>それほど、中古品を利用する人が多くなっているんでしょうね。<br><br>(田辺)<br>ある調査によると、この1年で、自動車や住宅を除く中古品を購入した人は、46.4%となり、割合を世代別でみると、20代の割合が56%で、<br>30代が最も多い57.5%となっています。<br><br />(金城)<br>若い世代ほど、利用が多いことは意外です。<br><br>(田辺)<br>今では、中古品はネットでも購入できますし、それほど、<br>中古市場は身近な販売チャンネルになっているということです。<br><br>(金城)<br>今、おっしゃった「ネット」で中古品を扱っているのをよく目にしますね。<br><br>(田辺)<br>実際、品物によって違いますが、DVDやバッグなどは実店舗よりネットで<br>購入する方が多くなっています。<br>中古品市場におけるネットの存在感は高まってきているんですね。<br><br />(金城)<br>なるほど。しかしですね、ネットにしても<br>実店舗にしても、やはり中古品ということで購入するのに「抵抗がある」と<br>いう人もいるのではないでしょうか。<br><br>(田辺)<br>いると思います。<br>しかし、その部分では、クリーニングにより清潔さを保つことや<br>偽物を見抜く知識や小傷を治す技術など管理がしっかりとされています。<br><br>(金城)<br>なるほど。管理がしっかりしていると、中古品を利用するのも安心ですね。<br>これは、益々、中古品市場の活性化に繋がりそうですね。<br><br>(田辺)<br>活性化と言えば、実は市場の活性化に伴い、中古品の小型店舗の数も増えているんです。<br><br>(金城)<br>それはどういうことでしょう。<br><br>(田辺)<br>中古販売を行うには、商品の品数も揃えなくてはなりません。<br>なので、消費者に近い場所に小型で、中古品店舗の買い取り専門店が<br>地域には多くあるんです。<br><br>(金城)<br>環境についての意識の向上や、ものを大切に使うとかの風潮は強くなっていると思うんですが、<br>売りに出すより、「そのまま使おう」という人も多いのではないでしょうか。<br><br>(田辺)<br>そうかもしれませんが、見方を変えれば、まだ使えるモノは捨てるのではなく、<br>必要とする人に使ってもらおうという意識が広がっているとも言えます。<br><br>(金城)<br>なるほど。これは、中古品は循環型のインフラとして機能していると言えそうですね。<br><br>(田辺)<br>そうですね。さらに、新政権は物価を上昇させ、<br>デフレ脱却を目指していますが、これも中古品市場の活性化に繋がるでしょう。<br><br>(金城)<br>詳しく教えてください。 <br><br>(田辺)<br>物価があがると、中古品と新品との価格差が大きくなり、お買い得感が高まります。<br>また、円安が進めば、ブランド品や家電など 日本の中古輸出が盛んになり、<br>中古販売企業の海外進出も行われるようになると思います。<br><br>(金城)<br>なるほど。捨てればゴミになるだけですが、売れば誰かが使ってくれて、家の中も片付きます。私ももっと利用してみたいと思います。<br><br>本日はありがとうございました。<br><br><br /><br /> <a href="http://www.otv.co.jp/kurakei/2013_pre01/file/1306210.jpg">[JPG画像]</a> <a href="http://www.otv.co.jp/kurakei/2013_pre01/file/1306211.jpg">[JPG画像]</a> 2017-10-24T01:47:00+09:00 アナログとデジタル融合も!今「文房具」が面白い! http://www.otv.co.jp/kurakei/2013_pre01/index.cgi?pg=130614 アナログとデジタル融合も!今「文房具」が面白い! アナログとデジタル融合も!今「文房具」が面白い!<br />6月14日(金)<br />(金城)<br>こんにちは。金城わか菜です。<br>多彩さや新しい機能が備わり、まさしく百花繚乱と言われている文房具。<br>今回は、文房具の動向やその背景についてお話を<br>野村證券那覇支店 支店長の田辺稔さんに伺います。<br><br>(田辺)よろしくお願いします。<br><br>(金城)<br>この前、1本で黒の太さ3種類が切り換えられる「就職活動用ボールペン」<br>なるものを見つけました。最近、そうした思いがけない文房具が<br>増えてきていますね。<br><br>(田辺)<br>そうですね。一種の文房具ブームと言えるかもしれません。<br>そうした風潮に乗って、ある出版社では、<br>優れた文房具を選ぶ「文房具屋さん大賞」というものを企画しました。<br><br>(金城)<br>面白い企画ですね。<br>どのような賞品が選ばれたんですか。<br><br>(田辺)<br>例えば、シャープペンシルの部門では、書く度に芯が9度ずつ回転して、<br>常に尖った部分で書けるという商品が受賞しました。<br>また、大賞に選ばれたのは、「消せるボールペン」です。<br><br />(金城)<br>消せるボールペンはペンなのに、何度でも書き直すことができ便利なので、<br>私も利用しています。<br>そもそも、ボールペンなのに消せるというのは画期的ですよね。<br><br>(田辺)<br>そうですね。なので、国内では2007年に発売され、<br>2011年までに累計4億円を売上げ、ロングセラーとなりました。<br>このように、ユニークな文房具も増えてきていますが、<br>これまでなかった新ジャンルも登場しているんです!<br><br>(金城)<br>新ジャンル!?それはなんですか?<br><br>(田辺)<br>例えば、ページをスマートフォンで撮影すると、<br>斜めから撮っても正面から撮ったように補整されて<br>デジタル・データとして記録できるというノートです。<br><br>(金城)<br>なるほど。紙に手書きした内容をデータとして残して整理できるわけですね。<br>これは、アナログとデジタルを融合させた、確かに新しいジャンルだと思います。<br><br>(田辺)<br>スマホやタブレット端末でスケジュールなどを管理する人も増えてきましたし、<br>こうした「スマホ連携文具」とも呼ばれるジャンルが新たな潮流になっているんです。ただ、手帳の分野に目を移すと興味深い真実がわかりました。<br><br>(金城)<br>興味深い真実とはなんでしょうか。<br><br>(田辺)<br>スマホなどの普及が進んで、従来の手帳が<br>使われなくなるような気がしますが、<br>紙の手帳が依然と活用されていることから、実は今、<br>手書きの手帳が見直されているんです。<br><br />(金城)<br>紙の手帳が依然と活用されるのにはどのような理由があるんですか。<br><br>(田辺)<br>やはりデジタル機器だと「操作が面倒」、「絵や図などが自由に書けない」という理由あげられます。<br>実際、今デジタル機器を使っていても、翌年には、手書きに移行しようという方もいるんです。<br><br>(金城)<br>確かに、思いついた時に図を書いてメモを付けたりといったことは、<br>手書きの方が簡単ですね。<br><br>(田辺)<br>そうなんです。また、若い世代で余白の広い大きめな手帳が<br>支持されていることからも、自由に書き込める手書きならではの<br>特徴が見直されていると言えます。<br><br>(金城)<br>デジタル機器の普及で、逆にアナログならではの利点が<br>浮き彫りになってきたと言えますね。<br>デジタルとアナログ、両者のメリットを活かすところに、<br>今後の文房具の方向性がありそうです。<br><br>では、ここで野村證券那覇支店からセミナーのお知らせです。<br><br>(田辺)<br><br /><br /> <a href="http://www.otv.co.jp/kurakei/2013_pre01/file/1306140.jpg">[JPG画像]</a> <a href="http://www.otv.co.jp/kurakei/2013_pre01/file/1306141.jpg">[JPG画像]</a> 2017-10-24T01:47:00+09:00 歯の健康維持に向け、注目されるオーラルケア http://www.otv.co.jp/kurakei/2013_pre01/index.cgi?pg=130607 歯の健康維持に向け、注目されるオーラルケア 歯の健康維持に向け、注目されるオーラルケア<br />6月7日(金)<br />(金城) <br> こんにちは、金城わか菜です。<br> 「健康は 食から 歯から 元気から」を標語に6月4日から10日は「歯と口の健康週間」です。<br><br> 今日は歯の健康維持に向けて、野村證券 那覇支店 支店長 田辺稔さんに伺います。よろしくお願いします。<br><br>(田辺)<br>よろしくお願いします。<br><br>(金城)<br> 田辺さん、今週は「歯と口の健康週間」ですが、<br>最近は歯の健康を考えている人が増えているようですね。<br><br>(田辺)<br>はい。子供から年配の方まで、歯の健康を気にする人は昔に比べると、確実に増えています。<br>その背景には、日本歯科医師会が提唱する「8020運動」が関係している考えられます。<br><br>(金城)<br>「8020運動」とは「80歳までに自分の歯を20本残そう」という運動のことですよね。<br><br>(田辺)<br>はい。「8020運動」は1989年に始まり、<br>2005年には80歳から84歳で21.1%、85歳以上で8.3%でしたが、<br>2011年の調査では、それぞれ28.9%、17.0%まで増加してます。<br>これは、過去最高の「8020」を達成していることになります。<br><br />(金城)<br> なるほど。ここまで成果が出た要因はなんでしょう?<br>やはり歯磨きのおかげでしょうか?<br><br>(田辺)<br>そうですね。歯を残すためには歯磨きに加え、不規則な生活を改めることも大切です。<br>生活習慣の乱れが、歯を失う原因で最も多い歯周病を引き起こすとも言われています。<br><br>(金城)<br>歯周病を予防するためにも規則正しい生活と、歯磨きをすることが大事なのですね。<br><br>(田辺)<br> はい。しかし、歯の磨き方は人によって違います。<br>歯科医院で、正しい磨き方を教わったほうが良いですね。<br><br>(金城)<br> 歯科医院は、虫歯の治療だけではなく、歯磨きの正しい磨き方も指導しているのですね。<br><br>(田辺)<br>はい。歯科医院では、ほかに歯の清掃や歯石の除去などが行われています。<br>定期的に受診することで大事に至る前の、早期発見、早期対策が可能になります。<br><br>(金城)<br>自分で出来る対策としては、どのような方法がありますか? <br><br>(田辺)<br> 最近では、電動歯ブラシ以外に、飲んでも健康に害のない歯磨き粉や、<br>歯間ブラシなどのオーラルケア商品が注目されています。 <br><br>(金城)<br>電動歯ブラシは、私の周りでも使っている人を良く見ますが、<br>なぜそんなに人気が出たのですか?<br><br>(田辺)<br>携帯性が向上して手軽に持ち歩けるということが人気の理由と考えられます<br>電動歯ブラシの普及は、2009年度と2011年度では、<br>数量ベースでおよそ2.4倍に拡大しており、急成長していると言えます。<br><br><br>(金城)<br>なるほど。オーラルケア商品以外では、他にどのような方法がありますか?<br> <br>(田辺)<br>はい。最近ではホワイトニングなどの施術を行う、デンタルエステサロンなどが全国で増えているようです。<br><br>(金城)<br>歯科医院に限らず、多方面から歯のケアを考えられる時代になったのですね。<br>これらを利用して、いつまでも歯の健康を保ちたいものです。<br>ここで野村證券からセミナーのお知らせです。<br><br>(田辺)<br><br /><br /> <a href="http://www.otv.co.jp/kurakei/2013_pre01/file/1306070.jpg">[JPG画像]</a> <a href="http://www.otv.co.jp/kurakei/2013_pre01/file/1306071.jpg">[JPG画像]</a> 2017-10-24T01:47:00+09:00 「メタンハイドレート」などの海洋資源が日本を救う!? http://www.otv.co.jp/kurakei/2013_pre01/index.cgi?pg=130531 「メタンハイドレート」などの海洋資源が日本を救う!? 「メタンハイドレート」などの海洋資源が日本を救う!?<br />5月31日(金)<br />(金城)<br>こんにちは。金城わか菜です。<br>石油や天然ガスなど、エネルギー資源の枯渇が不安視されている中、<br>未来のエネルギー資源としてメタンハイドレートが注目されています。<br>お話を野村證券那覇支店 支店長の田辺稔さんに伺います。<br><br>(田辺)よろしくお願いします。<br><br>(金城)<br> 田辺さん。メタンハイドレートはどういうものなんですか?<br><br>(田辺)<br>メタンハイドレートのメタンは天然ガスの主成分でハイドレートは「水和物」を意味します。<br>メタン分子の周りを、水分子が囲んで個体になったものがメタンハイドレートです。 <br><br />(金城)<br>具体的にどういう物質なのか教えてください。<br><br>(田辺)<br>はい。メタンハイドレートは「燃える氷」と呼ばれています。<br>触ると冷たく、火を近づけると燃え始め、燃えたあとには水しか残りません。<br><br>(金城)<br> 不思議な物質ですね。<br><br>(田辺)<br>もともと、メタンハイドレートは永久凍土地帯や水深500メートル以上の<br>海底に存在します。<br>(金城)<br>しかし、日本には、大規模な永久凍土地帯は存在しないですよね。<br><br>(田辺)<br>おっしゃるとおりです。なので日本では、海洋のみに存在することになります。<br>そのメタンハイドレートが最近、日本の海域で産出されたことが確認されました。<br><br>(金城)<br> なるほど。メタンハイドレートが日本で産出されたのには驚きですね。<br>一体どのくらいの量があるのでしょうか?<br><br>(田辺)<br> 東部南海トラフ海域においては、およそ1.1兆立方メートルの<br>メタンガスに当たるメタンハイドレートと推測されています。<br>日本の2011年度の液化天然ガス輸入量の11年分の資源量となるそうです。<br><br>(金城)<br>11年分ですか?すごい量ですね。<br><br>(田辺)<br>ただ、メタンハイドレートは、石油や天然ガスと違い、固体であって、<br>かつ存在している地層の温度圧力条件では安定なため、そのままでは自噴しません。<br><br>(金城)<br>では、どのように採取するのですか?<br> <br>(田辺)<br>メタンハイドレートを地層の中で分解させ、メタンガスだけを採取します。<br>採取方法としては、実験やシュミレーションで<br>圧力を減らして採取する「減圧法」が有効であることがわかりました。<br><br>(金城)<br>日本でのメタンハイドレート開発の現状はどうなっているのでしょうか?<br> <br>(田辺)<br> 日本では、90年代前半から基礎研究が始まりました。<br>また、2001年7月には経済産業省より「我が国におけるメタンハイドレート開発計画」が発表され、本格的なメタンハイドレート開発研究が    スタートしました。<br><br>(金城)<br> 実用化はいつ頃になりそうですか?<br><br>(田辺)<br>2018年度までには、技術基盤を確立することを<br>目標としているということですから、実用化はそれ以降になりそうです。 <br><br>(金城)<br>今後の開発に期待して、早く実用化してほしいですね。<br><br>(田辺)<br>そうですね。<br>更にメタンハイドレートの他に海洋資源に関する嬉しいニュースがあります。<br><br>(金城)<br>それは何ですか?<br><br>(田辺)<br>レアアースが今回、日本近海に豊富に眠っていることが明らかになったんです。<br>レアアースは、レアメタルの一部で希少な資源です。<br><br>(金城)<br>メタンハイドレートもレアアースも日本の海底にまだ眠っているなんて、  海洋資源に期待が高まりますね。 <br><br>(田辺)<br>おっしゃるとおりです。今後の進展が楽しみです。<br><br>(金城)本日はありがとうございました。<br><br /><br /> <a href="http://www.otv.co.jp/kurakei/2013_pre01/file/1305310.jpg">[JPG画像]</a> 2017-10-24T01:47:00+09:00 「ブルーライト」対策のグッズが続々登場! http://www.otv.co.jp/kurakei/2013_pre01/index.cgi?pg=130524 「ブルーライト」対策のグッズが続々登場! 「ブルーライト」対策のグッズが続々登場!<br />5月24日(金)<br />(金城)<br>こんにちは。金城わか菜です。<br>最近、パソコンやスマートフォンから発せられる「ブルーライト」の対策グッズが増えています。<br>今回は、ブルーライト対策グッズについて、<br>野村證券那覇支店 支店長の田辺稔さんに伺います。<br><br>(田辺)<br> よろしくお願いします。<br><br>(金城)<br>ブルーライト対策グッズが増えているということですが、<br>ブルーライトは私たちの体にどういう影響を与えるのでしょうか?<br><br>(田辺)<br>ブルーライトは波長が短いため、散乱しやすく、チラつきなどの原因となり<br>脳はピント合わせに苦労するようです。<br>また、他の光よりもエネルギーが強いため、目の疲れや肩や首の凝りなどに<br>影響すると考えられています。<br><br>(金城)<br> なるほど。<br>パソコンによる肩こりや目の疲れは、このブルーライトが要因になっていたわけですね。<br><br>(田辺)<br>はい。これまでは姿勢の悪さや、ストレス等が要因とされていましたが、 <br>最近の研究で、ブルーライトが大きな要因になっていることがわかりました。<br>また、夜にパソコンやスマホを操作すると、その光が原因で、<br>睡眠のリズムが乱れることもあると指摘されています。<br><br>(金城)<br>睡眠のリズムが乱れると体調も崩しやすくなりますし、注意が必要ですね。<br><br>(田辺)<br>はい。パソコンやスマートフォンなど<br>液晶画面の大半にLEDが使われているので<br>日常的に私たちがブルーライトにさらされる機会は増えています。<br><br>(金城)<br>そのブルーライト対策のためか、最近、パソコン用のメガネをかけている人よくを目にしますよね。<br><br>(田辺)<br>そうですね。<br>パソコン用メガネは、ブルーライトを抑える効果があり、<br>昨年の秋頃から目が悪い人はもちろんのこと、<br>普段メガネをかけない人からも人気が出て、大ヒット商品となっています。<br><br>(金城)<br>なるほど。<br>今やパソコンやスマホは、私たちの生活に欠かせないものとなっています。<br>パソコン用メガネ以外にも、ブルーライト対策グッズはあるのでしょうか?<br><br>(田辺)<br>はい。続々と登場しています。<br>パソコンやスマホ用のフィルムやルーペが代表的です。<br>また、ブルーライトをおよそ30%減らすことのできる<br>ブルーライト対策付きスマホも登場しています。<br><br><br />(金城)<br>スマホも開発されているとは驚きです。<br>それはどういった仕組みになっているんですか。<br><br><br>(田辺)<br>「ブルーライトカットモード」という機能を搭載し、これをオンにすると、<br>青色の発色を抑えたディスプレイ画面が表示され、<br>ブルーライトをおよそ30%減らすことができます。<br><br>(金城)<br>なるほど。これはいいですね〜。<br>こうした対策グッズが増える一方で、利用者の意識はどうなのでしょうか?<br><br>(田辺)<br>ある調査会社が、デスクワークの多い職種に<br>「デスクワークの疲労軽減の対策をとっているか」アンケートしたところ<br>「対策をおこなっている」と答えた人が49.4%。<br>「特に何もしていない」と答えた人が50.6%と、<br>ほぼ半分の回答となりました。<br>また、対策を行っていると答えた人の中で、<br>「パソコン用メガネで対策している」と答えた人は7.7%でした。<br><br />(金城)<br>なるほど。この結果を見る限りでは、ブルーライト対策はまだそこまで、<br>浸透していないということですね。<br><br>(田辺)<br>そうですね。ただ前よりか意識する人が増えたのは確かです。<br>なので、今後、ブルーライト対策グッズの需要は、<br>更に高まる可能性は十分にあるでしょうね。<br><br>(金城)<br>ブルーライト対策をしっかりして、体調に気をつけたいですね。<br>ありがとうございました。<br><br /><br /> <a href="http://www.otv.co.jp/kurakei/2013_pre01/file/1305240.jpg">[JPG画像]</a> <a href="http://www.otv.co.jp/kurakei/2013_pre01/file/1305241.jpg">[JPG画像]</a> 2017-10-24T01:47:00+09:00 実用化に向けて動き出す!夢の省エネ技術「超電動」 http://www.otv.co.jp/kurakei/2013_pre01/index.cgi?pg=130517 実用化に向けて動き出す!夢の省エネ技術「超電動」 実用化に向けて動き出す!夢の省エネ技術「超電動」<br />5月17日(金)<br />(金城)<br>こんにちは。金城わか菜です。<br>電力の効率を工場する革新的技術として「超電導」が注目されています。<br>お話を野村證券那覇支店 支店長の田辺稔さんに伺います。<br><br>(田辺)よろしくお願いします。<br><br>(金城)<br>田辺さん、「超電導」とは、文字通り「電気が流れやすい」という意味でよろしいでしょうか。<br><br>(田辺)<br>はい。その通りです。そもそも、「超電動」はある物質をどんどん冷やしていくと、ある温度以下で電気抵抗がゼロになる現象を指しています。<br><br>(金城)<br>電気抵抗がなくなると、どうなるんですか。<br><br>(田辺)<br>多くの電気が流せるようになり、電流が大きくなるため、大きな磁石が生まれます。<br>コイルにそうした電線を使った電磁石が「超電導磁石」で、より大きな電力と磁力を利用できるようなります。<br><br>(金城)<br>なるほど。ちなみにどういう物に利用されているんですか。<br><br>(田辺)<br>医療分野では、体内の様子を撮影する「MRI」の他、<br>磁力によって客車が軌道の中で浮上して進む 「リニアモーターカー」などに利用されています。<br>また、今後の普及が期待される電気自動車に使われる可能性もあります。<br><br />(金城)<br>なるほど。幅広い分野で使われているんですね。<br><br>(田辺)<br>あと1つ、実用化に向けた動きが加速しているのは、電気を送る送電ケーブルの分野です。<br>現在使われている、銅の送電ケーブルを超電導ケーブルに置き換えた場合、<br>家庭に届くまでの発電された電気の損失は、小さくなります。<br>また、発電のために排出される二酸化炭素は削減されるそうです。<br><br>(金城)<br>超電動ケーブルは、省エネと地球温暖化防止にも貢献できるということですね。<br>この技術は、どこまで進んでいるんですか。<br><br>(田辺)<br>現在、国内で様々な実験や実験計画を行っていることろです。<br>特に注目されているのは、北海道石狩市で大学などが中心になって実験をしています。<br><br />(金城)<br>石狩市での実験が注目されている理由を教えてください。<br><br>(田辺)<br>石狩湾新港地域には、実験に参加しているインターネット会社の通信を支えるデータセンターがあります。<br>そこは365日、24時間フル稼動していて空調も含めた使用電力量が莫大です。<br>そうした施設が近くにあれば、省エネ効果を確かめやすいというのが<br>第一の理由としてあげられます。<br><br><br>(金城)<br>第一ということは、他にも理由もあるんですか。<br><br>(田辺)<br>もう一つは、近くに液化天然ガスの基地があることです。<br>太陽光発電設備を付近に作って、超電導ケーブルでの損失量を確認します。<br>現在600社以上が操業するこの地域で、新技術が確立されれば、関連企業が<br>さらに誘致できるというわけなんです。<br><br>(金城)<br>地域をも活性化できる可能性があるんですね。<br>いろんな意味で、是非力を入れて言ってほしい分野ですね。<br><br>では、ここで野村證券那覇支店からセミナーのお知らせです。<br><br><br /><br /> <a href="http://www.otv.co.jp/kurakei/2013_pre01/file/1305170.jpg">[JPG画像]</a> <a href="http://www.otv.co.jp/kurakei/2013_pre01/file/1305171.jpg">[JPG画像]</a> 2017-10-24T01:47:00+09:00 「困り事解決産業」へ発展?大きく変わる物流業界 http://www.otv.co.jp/kurakei/2013_pre01/index.cgi?pg=130510 「困り事解決産業」へ発展?大きく変わる物流業界 「困り事解決産業」へ発展?大きく変わる物流業界<br />5月10日(金)<br />(金城)<br>こんにちは。金城わか菜です。ネット通販の市場拡大を追い風に、<br>物流業界が変わりつつあります。<br>お話を野村證券那覇支店 支店長の田辺稔さんに伺います。<br><br>(田辺)よろしくお願いします。<br><br>(金城)<br>ネット通販は、いつでも注文ができ、翌日には宅配というサービスもあって、サービスの進化には驚くばかりですね。<br>これは、どのような仕組みになっているんですか。<br><br>(田辺)<br>今日の物流センターでは、デジタル表示器のランプが点灯している棚に係員が行き、表示された数の商品を集める「デジタルピッキング」が普及しています。<br>これは、人為的な間違いがなく、作業効率は2倍になると言われています。<br><br>(金城)<br>なるほど。<br>人の手で全て作業するのではなく、機械に頼って効率を図っているんですね。<br><br>(田辺)<br>そうなんです。今日では、デジタル機器の性能も向上し、<br>最近では、コンピューター音声に合わせてピッキングを進めていく<br>「音声物流」システムも登場するなど効率化が進んでいます。<br><br>(金城)<br>宅配サービスが益々便利になる背景には、物流センターの進化があるというわけですね。<br><br>(田辺)<br>そうなんです。<br>また、物流業界では、物を運ぶという役割を基本に、<br>その先のニーズを積極的に探るという、サービスの質の変化も起きています。<br><br>(金城)<br>具体的に教えてください。<br><br>(田辺)<br>例えば、神奈川県にある物流センターに、靴の修理工房があるんですが、<br>これは、「近くに店舗がない」・「店舗で修理を待ちたくない」といった  お客様の声に応えて開発されたもので、靴の修理工房と宅配会社が<br>宅配網を生かしてお客様から靴を引き取り、修理して宅配するというサービスです。<br><br>(金城)<br>宅配会社の物流センターに工房を置けば、集配にかかる時間のロスが省けますね。<br><br>(田辺)<br>はい。お客様には、最短2日で修理済みの靴が届きます。また送料は無料で、<br>煩わしかった見積もりの手続きを省く為に料金も1,350円に一本化しました。<br><br>(金城)<br>これまでにない新しい発想ですし、運ぶ・集める・届けるといった役割が持つ意味を問い直すと、まだまだ様々な可能性がありそうですね。<br><br>(田辺)<br>そうなんです。岩手県の山あい集落では、買い物代行サービスを展開しています。<br>65歳以上の高齢者が住民の8割近くを占め、買い物に困っている例が多いことに着目したサービスで、<br>配達した際に高齢者の安否を確認する「高齢者見守りサービス」の役割も担っています。<br><br />(金城)<br>靴修理や高齢者見守りサービスなど、宅配業者は世の中の困り事を解決するサービスに力を入れ始めたとも言えそうですね。<br><br>(田辺)<br>そうですね。他にも、多くのテナントを抱える商業施設では、<br>日々集荷・配送される荷物の数も莫大になり搬入・搬出用のエレベーターが<br>混雑するなどの問題が起きるんですが、それらを一元管理するサービスもあります。<br><br>(金城)<br>宅配業界各社は発送が柔軟で、異業種との連携にも積極的のようですし、<br>新しい価値を生み出そうという意欲に溢れている気がしますね。<br>では、ここで野村證券那覇支店からセミナーのお知らせです。<br><br /><br /> <a href="http://www.otv.co.jp/kurakei/2013_pre01/file/1305100.jpg">[JPG画像]</a> <a href="http://www.otv.co.jp/kurakei/2013_pre01/file/1305101.jpg">[JPG画像]</a> 2017-10-24T01:47:00+09:00 多様な視聴ツールで広がる動画配信市場 http://www.otv.co.jp/kurakei/2013_pre01/index.cgi?pg=130503 多様な視聴ツールで広がる動画配信市場 多様な視聴ツールで広がる動画配信市場<br />5月3日(金)<br />(金城)<br>こんにちは。金城わか菜です。<br>週末の過ごし方の定番でもあるDVDや録画番組の視聴。<br>それらの動画視聴に関して、新しいサービスが続々と登場しています。   お話を野村證券那覇支店 支店長の田辺稔さんに伺います。<br><br>(田辺)よろしくお願いします。<br><br>(金城)<br>動画視聴の新しいサービスとは、どういったものがありますか。<br><br>(田辺)<br>ネットでの注文による来店不要型のサービスが登場しています。<br>ある調査によると、レンタルビデオ店は70.6%、無料映像配信サービスは40.4%、宅配レンタルは32.3%の人が利用しています。<br><br><br />(金城)<br>なるほど。宅配レンタルの場合、ネットで予約したDVDが自宅に届き、<br>見終わったら郵便で返却ができるので便利ですよね。<br><br>(田辺)<br>しかし、レンタルビデオ店や宅配レンタルは、返却を忘れてしまうと延滞料金がかかりますよね。<br>そこで、インターネットを介して動画を配信するサービスが注目されています。<br>近年、その市場は急速に拡大してきているんです。<br><br>(金城)<br>どれほど拡大しているんですか。<br><br><br>(田辺)<br>動画配信サービスの市場は、2011年の799億円から2017年には1,368億円に拡大すると見込まれています。<br><br>(金城)<br>倍近くも拡大するんですね。<br>スマートフォンやタブレット端末も普及してきていますし、<br>それで動画配信サービスも利用しやすくなったのではないでしょうか。<br><br>(田辺)<br>そうですね。しかし、どんな端末で映像を視聴しているかの調査によると、<br>依然として、利用が最も多いのは「テレビ」となっています。<br>それにしても、スマートフォンやタブレット端末が、<br>現在の利用率から大きく伸びているのも事実です。<br><br><br />(金城)<br>なるほど。ちなみに、利用方法はどのようなものでしょうか。<br><br>(田辺)<br>番組単位・コンテンツ単位で購入して、有効期間内であれば、<br>何度でも視聴できるものや、月単位の定額制で、<br>決められたコンテンツの中から好きなものが見放題になるサービスもあります。<br><br>(金城)<br>これらは、気軽に楽しめそうですね。<br>何か話題のコンテンツや番組があれば教えてください。<br><br>(田辺)<br>例えば、大手スーパーが子供向け作品を中心とした動画配信サービスを開始した他、ビジネス向けに特化した配信サービスが注目されています。<br><br><br>(金城)<br>子供向け番組の配信サービスは、教育ツールとして期待できそうですね。<br><br>(田辺)<br>そうですね。また、現在は、色々な場所でインターネットを<br>楽しめる環境が整いつつありますし、先程も話があったように、<br>タブレット端末も普及してきていているので、<br>それらに伴って、今後更に、新しいサービスも生まれてくるでしょうね。<br><br>(金城)<br>今後が楽しみです。<br>では、ここで野村證券那覇支店からセミナーのお知らせです。<br><br /><br /> <a href="http://www.otv.co.jp/kurakei/2013_pre01/file/1305030.jpg">[JPG画像]</a> <a href="http://www.otv.co.jp/kurakei/2013_pre01/file/1305031.jpg">[JPG画像]</a> 2017-10-24T01:47:00+09:00 医療費増大を背景に介護予防ビジネスが活況 http://www.otv.co.jp/kurakei/2013_pre01/index.cgi?pg=130426 医療費増大を背景に介護予防ビジネスが活況 医療費増大を背景に介護予防ビジネスが活況<br />4月26日(金)<br />(金城)<br>こんにちは。金城わか菜です。<br>高齢化が進んでいる日本。<br>その中で、介護予防ビジネスの動きが目立っています。<br>今日はその現状について、お話を野村證券那覇支店支店長の田辺稔さんに伺います。<br><br>(田辺)よろしくお願いします。<br><br>(金城)<br>田辺さん、やはり今後、このまま高齢化は進んでいくのでしょうか。<br><br>(田辺)<br>そうですね。<br>人口に占める高齢者の割合は年々高まっています。今後も推測値ではありますが、<br>2015年で26.8%、2060年では39.9%となる見通しです。<br>これは、国民の2.5人に1人が65歳以上の高齢者で、<br>世界的に見ても前例のない、超高齢社会になるでしょう。<br><br />(金城)<br>高齢社会が進むと、いろいろなところにしわ寄せがきそうですね。<br><br>(田辺)<br>その通りです。例えば、医療費の増大は深刻です。<br>ここ数年はずっと前年を上回って推移し、2011年度の医療費は、<br>前の年に比べて1.2兆円増え、37兆8千億円になりました。<br><br />(金城)<br>医療費の将来の見通しはどうでしょう。<br><br>(田辺)<br>2013年度は41兆6千億、2020年度が52兆1千億、<br>2025年度は60兆7千億円という見通しになっています。<br><br />(金城)<br>本当に深刻ですね。これは、対策を講じないと大変ですね。<br><br>(田辺)<br>そうですね。<br>医療機関を利用する機会を減らすため、<br>健康な高齢者が一人でも多い社会を構築することが理想ですね。<br>近年は、自ら健康を維持しようとフィットネスクラブなどに通って、<br>積極的に運動する高齢者が増えているようです。<br><br>(金城)<br>なるほど。フィットネスクラブでは、どういったことを行っているんですか。<br><br>(田辺)<br>ある業界大手会社では、介護予防専門のインストラクターの下、<br>マシンを使用した筋力トレーニングや体操を中心とした1回3時間のプログラムなどを行っています。また、最近では、運動以外も行っているんです。<br><br>(金城)<br>運動以外に何を行っているんですか。<br><br>(田辺)<br>脳を鍛えるトレーニングです。インストラクターが出す課題に対して、<br>それに対する動きを行うのですが、頭が混乱してうまくいかない。<br>この「思うようにいかない」ということで脳を刺激し、<br>機能改善を図っていく仕組みになっています。<br><br>(金城)<br>なるほど。<br>具体的にどのようなプログラムを行っているんですか。<br><br>(田辺)<br>例えば、「2つのお手玉を真上に投げ、左右の手をクロスしてキャッチする」などがあります。<br>ゲーム感覚で一見簡単そうですが、実際に行うと難しく頭を使います。<br>これが脳を活性化させるそうです。<br><br>(金城)<br>面白いですね。高齢者向けのトレーニングがこうやって増えていくといいですね。<br><br>(田辺)<br>そうですね。最近では、介護事業者の中にも、<br>食事や入浴の介助といったサービスだけでなく、<br>身体機能を維持・回復する運動サービスを提供する施設が増えてきたようです。<br><br>(金城)<br>なるほど。<br>また、これで質の高い介護予防サービスが普及・浸透していけば、<br>介護が不要な高齢者も徐々に増えていきそうですね。<br>日本の未来のためにも、是非、期待したいです。<br>本日はありがとうございました。<br><br /><br /> <a href="http://www.otv.co.jp/kurakei/2013_pre01/file/1304260.jpg">[JPG画像]</a> <a href="http://www.otv.co.jp/kurakei/2013_pre01/file/1304261.jpg">[JPG画像]</a> 2017-10-24T01:47:00+09:00 海外にも進出する地方自治体アンテナショップ http://www.otv.co.jp/kurakei/2013_pre01/index.cgi?pg=130419 海外にも進出する地方自治体アンテナショップ 海外にも進出する地方自治体アンテナショップ<br />4月19日(金)<br />(金城)<br>こんにちは。金城わか菜です。<br>地域の特産品を販売する地方自治体のアンテナショップが人気を集めています。<br>今回は、アンテナショップの特徴と今後の動きについて、<br>お話を野村證券那覇支店支店長の田辺稔さんに伺います。<br><br>(田辺)よろしくお願いします。<br><br>(金城)<br> アンテナショップが人気を集めている理由はなんですか。<br><br>(田辺)<br>アンテナショップは、ご当地の食品がたくさん並んでいるので、<br>地域の雰囲気に浸かることができ、<br>常設店舗なので、いつでも行けることから人気を集めています。<br><br>(金城)<br>現在、どれくらいのアンテナショップがあるんですか。<br><br>(田辺)<br>2012年の10月時点では、<br>東京都内に出店している自治体が運営するアンテナショップは54店舗。<br>運営主体は都道府県が34店舗、市町村が20店舗です。<br>そのうちの24店舗が年間1億円以上を売り上げているようです。<br><br />(金城)<br>なるほど。<br>そもそもアンテナショップを出店させる背景にはどのようなものがあるんですか。<br><br>(田辺)<br>食べ物や観光資源などをPRして、現地に旅行客を誘致しようという狙いと、地方の中小企業の販売ルート開拓を自治体が手助けしながら、<br>地元企業を元気にしようという狙いがあります。<br><br>(金城)<br>自治体と企業・店舗が一体となって町おこしができるんですね。<br>今後のアンテナショップの展開について教えてください。<br><br>(田辺)<br>単独で出店するケースが多い中で、コンビニエンスストアなどの他店舗に間借りして、<br>店内の一角にアンテナショップのコーナーを設置するケースもあります。<br><br>(金城)<br>それにはどのようなメリットがあるんですか。<br><br>(田辺)<br>何よりもテナント料と人件費を大幅に抑えることができます。<br>また一定の集客が見込めて、家賃を抑えることができる間借りは理にかなっています。<br>そのため、四国の2つの自治体が共同出店しているケースもあります。<br><br>(金城)<br>それはライバル関係になってしまわないんですか。<br><br>(田辺)<br>確かにその可能性もありますが、<br>四国という大きな枠組みでのイメージアップや層状効果も期待できます。<br>海外には、3つの自治体が共同で出店しているケースもあります。<br><br>(金城)<br>これにはどのようなメリットがあるんですか。<br><br><br>(田辺)<br>日本製品は高品質で安心できるものとして海外でも人気があります。<br>ターゲットとして富裕層が中心となり、商品を気に入ってもらえれば日本への観光客誘致にもつながります。<br><br>(金城)<br>現在、日本を訪れる観光客はどれくらいいるのでしょうか。<br><br>(田辺)<br>2010年はおよそ861万人だったものが、<br>2011年は東日本大震災の影響でおよそ622万人に減少しまいましたが、<br>2012年にはおよそ837万人まで回復しています。<br><br />(金城)<br> これは海外のアンテナショップの影響力にも期待したいですね。<br><br>(田辺)<br>またアンテナショップは、教育機関と連携した取り組みも行われています。<br>都心の大学生が店舗の運営を行ったり、<br>地方の中高生が農産品の販売実習を行うなど人材育成の場としても活用されています。<br><br>(金城)<br>これは素晴らしい経験になりそうですね。本日はありがとうございました。<br><br /><br /> <a href="http://www.otv.co.jp/kurakei/2013_pre01/file/1304190.jpg">[JPG画像]</a> <a href="http://www.otv.co.jp/kurakei/2013_pre01/file/1304191.jpg">[JPG画像]</a> 2017-10-24T01:47:00+09:00 ネットで!店舗で!広がる「お試し自由サービス」 http://www.otv.co.jp/kurakei/2013_pre01/index.cgi?pg=130412 ネットで!店舗で!広がる「お試し自由サービス」 ネットで!店舗で!広がる「お試し自由サービス」<br />4月12日(金)<br />(金城)<br>こんにちは。金城わか菜です。<br>最近ネット通販では、様々な形の「お試し自由サービス」が増えています。<br>今回は、そんな多様化する「お試し」サービスについて、<br>野村證券那覇支店支店長の田辺稔さんに伺います。<br><br>(田辺)よろしくお願いします。<br><br>(金城)<br>田辺さん、具体的にネット通販ではどのようなお試しサービスが増えているんですか。<br><br>(田辺)<br>掃除ロボットやIH炊飯器などの人気家電を数千円で借りられる有料お試しサービスや、<br>書籍やCDの一部を購読・視聴できる無衣お試しサービスもあります。<br><br>(金城)<br>なるほど。私もよくネット通販で洋服を購入するんですが、<br>試着できるサービスがあると嬉しいですね。<br><br>(田辺)<br>そうですね。試着ができるとまでは言いませんが、<br>1年間、無料返品と代金返金ができるというサービスもありますよね。<br>ただ厳しい条件がついているので、実質、お試しできる商品は限られていると言えるかもしれません。<br><br />(金城)<br>特に下着や肌着などは実店舗でも試着できないことが多いですし、<br>衣料品の場合、お試し自由というのは難しい面がありそうですね。<br>(田辺)<br>その代わりといってはなんですが、<br>サイトに用意された全身モデル画像にシャツなどの画像を<br>自由に着せ替えることができる「バーチャル試着」というサービスがあります。<br><br>(金城)<br>楽しそうですね。<br>シャツ以外にも帽子やメガネなどのアイテム類も試せるんですか。<br><br>(田辺)<br>もちろんです。<br>メガネでは、ウェブカメラでパソコンに自分の顔を映し出し、<br>選んだメガネを眼の位置に重ねることができるサービスがあります。<br>顔を動かしてもメガネの画像が追従し、<br>実際に掛けた感じに近い試着ができるんです。<br><br>(金城)<br>面白いですね。<br>しかし、このように、ネット通販のお試しサービスが充実して便利になってくると、<br>実店舗側も対策を練らないといけないのではないでしょうか?<br><br>(田辺)<br>実店舗とネット店舗の両方を運営する企業の場合は、<br>バーチャル試着を「お客様に興味を持ってもらうため」の機会として位置づけ、バーチャル試着などの仕組みを実店舗でも活用し、相乗効果を狙っております。<br><br>(金城)<br>なるほど。実店舗でもバーチャル試着を利用すれば、<br>いちいち実物を試着し直す手間も省けますね。<br><br>(田辺)<br>実際、米国の大手衣料店では、全身が映せる大型モニターの前に立って、<br>試着したい衣料品を手元のタブレット端末で選択すると、<br>モニター上の自分がまるでその品をきているかのように見える仕組みを導入しました。<br><br>(金城)<br>実店舗の試着も、こうした技術により大きく変わるかもしれませんね。<br><br>(田辺)<br>おっしゃる通りです。<br>大手化粧品メーカーでは、昨年からネット販売を始め、<br>アイシャドウなどの人気商品をバーチャル試用出来る他、<br>専門員がウェブカメラで直接お客様にアドバイスをしたりするサービス展開をしております。<br><br>(金城)<br>様々な分野でお試しの選択枝が増えていくと、消費者としては嬉しいですね。<br>では、ここで野村證券からセミナーのお知らせです。<br><br /><br /> <a href="http://www.otv.co.jp/kurakei/2013_pre01/file/1304120.jpg">[JPG画像]</a> <a href="http://www.otv.co.jp/kurakei/2013_pre01/file/1304121.jpg">[JPG画像]</a> 2017-10-24T01:47:00+09:00 コツや勘を見える化!様々な分野で進む技の数値化 http://www.otv.co.jp/kurakei/2013_pre01/index.cgi?pg=130405 コツや勘を見える化!様々な分野で進む技の数値化 コツや勘を見える化!様々な分野で進む技の数値化<br />4月5日(金)<br />(金城)<br>こんにちは。金城わか菜です。<br>技や感覚など数値では表しにくい分野で数値化が進んでいます。<br>今回は、その現状や意義について、<br>お話を野村證券那覇支店支店長の田辺稔さんに伺います。<br><br>(田辺)よろしくお願いします。<br><br>(金城)<br>数値では表しにくいものを数値化するというのはどういうことでしょうか。<br><br>(田辺)<br>例えば、「美味しさ」の味覚を数値化するとしましょう。<br>美味しい料理の秘訣を数字で把握し見ることができれば、<br>誰でもその味を再現できるかもしれないということなんです。<br><br>(金城)<br>実際、その数値化は進んでいるんですか。<br><br>(田辺)<br>はい。甘味、塩味、酸味、苦味といった基本的な味覚のバランスや、<br>糖分やアミノ酸などの成分を分析し、味の好みの調査に基づいて<br>新しい商品の開発などを行っている企業もあります。<br><br />(金城)<br>なるほど。味覚の世界に限らず、<br>様々な分野で数値化のメリットが考えられそうですね。<br><br><br><br>(田辺)<br>味覚以外にも、農作物や匠などのベテラン生産者の行動や技を<br>センサーで測定し、「匠の技」を数値化して見えるようにすることで、<br>生産者の弱点克服や、若い世代の就農業支援を図ることができます。<br><br>(金城)<br>日本の農業人口は減少傾向で、後継者不足が続いていると言われているので、農場技術の数値化はそうした問題の解決にも役立ちそうですね。<br><br />ただ、匠と呼ばれる人たちの行動や技術は、おそらく無意識的なものだと思いますが、どのように測定するんですか。<br><br>(田辺)<br>実際に、視線や指の動きがわかるセンサーを本人に取り付け、<br>気温などの環境データや生体データと組み合わせて、<br>達人の意思決定を数値で把握できるようにします。<br>主に、漆塗りなど伝統技能の分野で進められています。<br><br>(金城)<br>なるほど。伝統技能の分野も後継者の育成が大変な世界ですから、<br>技の数値化は有効ですね。<br><br><br>(田辺)<br>おっしゃる通りです。<br>ある京都の祇園祭のお囃子などの伝統芸能の分野でも、<br>師匠と弟子それぞれの太鼓を叩く動作を解析し、<br>これまで口伝えで受け継がれてきた技の数値化に取り組んでいます。<br><br>(金城)<br>何か結果は得られたんでしょうか。<br><br><br>(田辺)<br>バチが太鼓に当たる直前の時間の取り方や、<br>叩く瞬間の手首のスナップのきかせ方に大きな違いがあることが明らかになったそうです。<br><br>(金城)<br>なるほど。数値化すれば、<br>後継者を育成する上では大きな効果が期待できそうですね。<br><br>(田辺)<br>また、伝統の味も技もデータの形で残しておけば、<br>ずっと後世受け継いでいくことができますし、今まで備蓄された技術や<br>ノウハウを次世代にどう伝承していくかという意味では、<br>数値化は大きな意義があるといえるでしょう。<br><br>(金城)<br>では、ここで野村證券那覇支店からセミナーのお知らせです。<br><br /><br /> <a href="http://www.otv.co.jp/kurakei/2013_pre01/file/1304050.jpg">[JPG画像]</a> <a href="http://www.otv.co.jp/kurakei/2013_pre01/file/1304051.jpg">[JPG画像]</a> 2017-10-24T01:47:00+09:00 地球深部探査船「ちきゅう」が巨大地震発生の謎を解く http://www.otv.co.jp/kurakei/2013_pre01/index.cgi?pg=130329 地球深部探査船「ちきゅう」が巨大地震発生の謎を解く 地球深部探査船「ちきゅう」が巨大地震発生の謎を解く<br />3月29日(金)<br />(金城)<br>こんにちは。金城わか菜です。<br>世界有数の地震大国・日本!地震対策として<br>地球深部探査船「ちきゅう」が注目されています。<br>お話を野村證券那覇支店支店長の田辺稔さんに伺います。<br><br>(田辺)よろしくお願いします。<br><br>(金城)<br>田辺さん、地球深部探査船「ちきゅう」とは、どういったものですか。<br><br>(田辺)<br>「ちきゅう」は、人類史上初めてマントルや巨大地震発生域への大深度掘削を可能にする船です。<br><br>(金城)<br>マントルとは、なんですか。<br><br>(田辺)<br>地殻の下には岩石の層が続き、地球の表面から2千900キロメートルまではマントルと呼ばれます。<br>固体として地球を構成する大きな成層構造のうち、この岩石だけで<br>地球の80%を占めているんです。<br><br>(金城)<br>80%!?そんなに占めているのには驚きですね。<br><br>(田辺)<br>大陸の移動や大規模な火山活動により、地球は誕生以来その姿を変え続けています。<br>その原動力が固体でありながら、流動する不思議な物質「マントル」なんです。<br><br><br>(金城)<br>なるほど。では、話は戻って、地球深部探査船「ちきゅう」が<br>マントルへの掘削を可能にするということですが、<br>どのくらいの深さまで掘削することができるんですか。<br><br>(田辺)<br>海底の下7千メートル以上掘削することが可能と言われています。<br>これで、大地を動かすマントルまで掘り、巨大地震の謎を解こうとしているんです。<br><br>(金城)<br>地震発生のメカニズムが解明されたら素晴らしいですね。<br><br>(田辺)<br>地球は誕生から46億年にわたる長い歴史を持っているそうですが、<br>その過程の環境変動などの活動の痕跡が、深海底の中に残されていると言われています。<br>「ちきゅう」を使った海底掘削から得られるデータの研究から分かることは多いはずです。<br><br>(金城)<br>そうなると、地震の謎の他にもいろんなことがわかりそうですよね。<br><br>(田辺)<br>そうなんです。なので、地球深部探査船「ちきゅう」には、<br>「マントルに到達し、巨大地震の謎を解く」という他に、「生物の起源に迫る」、「掘り出した地層から過去の環境を探る」というミッションが課せられています。<br><br />(金城)<br>なるほど。ちなみに、「ちきゅう」はマントルに到達しているんですか。<br><br><br><br>(田辺)<br>いえ、まだです。<br>今後10年くらいをめどに到達できるように計画されているようです。<br><br>(金城)<br>計画のためにどういった活動が行われているんですか。<br><br>(田辺)<br>青森県八戸沖で「ちきゅう」を使った海洋科学掘削が行われており、<br>昨年9月には、掘削深度が海底下2千466メートルに達したと<br>発表されました。これは世界記録となります。<br><br>(金城)<br>すごいですね。これから、どんどん世界記録がでてくるんでしょうね。<br><br>(田辺)<br>そうですね。そして、「ちきゅう」による調査が<br>地球環境の変動の仕組みやこれまで謎とされていた地震発生のメカニズムをも解明し、<br>地震対策の仕組みが構築できることを期待したいです。<br><br>(金城)<br>今後の地球深部探査船「ちきゅう」に関するニュースに注目したいと思います。<br><br>ありがとうございました。<br><br /><br /> <a href="http://www.otv.co.jp/kurakei/2013_pre01/file/1303290.jpg">[JPG画像]</a> 2017-10-24T01:47:00+09:00 小型タブレット端末の人気が上昇中! http://www.otv.co.jp/kurakei/2013_pre01/index.cgi?pg=130322 小型タブレット端末の人気が上昇中! 小型タブレット端末の人気が上昇中!<br />3月22日(金)<br />(金城)<br>こんにちは。金城わか菜です。<br>最近はスマートフォンよりも少し大きい端末を<br>使っている人をよく見かけるようになってきました。<br>今回は、小型のタブレット端末の現状について、<br>お話を野村證券那覇支店支店長の田辺稔さんに伺います。<br><br>(田辺)よろしくお願いします。<br><br>(金城)<br>田辺さん、小型のタブレット端末とは、どのくらいの大きさを指しますか。<br><br>(田辺)<br>パソコンの大きさを表す際に「インチ」という単位を聞くと思いますが、<br>小型タブレット端末は、大体7インチ程の大きさの端末になります。<br><br>(金城)<br>ちなみに、1インチは何センチで表されますか。<br><br>(田辺)<br>1インチは2.54センチです。<br>なので、大きさはメーカーによって多少前後しますが、<br>7インチの場合は、縦がおよそ20センチ、横がおよそ13センチになります。<br>今この小型タブレットが人気を集めているんです。<br><br>(金城)<br>人気を集めるポイントはどこにあるんでしょうか。<br><br>(田辺)<br>ポイントは価格と機能にあります。<br>まず、価格は、ノートパソコンに比べて安いです。<br>メーカーによってバラツキがありますが、<br>大体2万円から3万円台となっています。<br>昨年末には1万円を切る機種まで登場したようです。<br><br>(金城)<br>なるほど。では機能としてはどうでしょう。<br><br>(田辺)<br>小型のタブレット端末は、<br>スマートフォンよりは大きく、ノートパソコンよりは小さい、<br>さらに、画面の見やすさを確保し、<br>機能もスマートフォンやパソコンとさほど変わらない!<br>そういうところが人気のポイントとなっています。<br><br>(金城)<br>スマートフォンは字が小さくて使いにくいといった中高年層の方にも<br>タブレット端末は便利になりますね。<br><br>(田辺)<br>そうですね。そういう意味では、タブレット端末は年齢を問わず、<br>デジタル機器の操作に不慣れな方にも見やすく、<br>使いやすい端末といえるでしょう。<br><br>(金城)<br>実際、タブレット端末を利用している人はどれくらいいるのでしょうか。<br><br>(田辺)<br>10代から60代までの男女3千282人に行った調査によると、<br>タブレット端末を保有しているのは13.2%、<br>保有していないのは81%となりました。<br><br />(金城)<br>こうやってみると、まだ持っている人はそこまで多くないようですね。<br><br><br>(田辺)<br>そうですね。しかし、タブレット端末を保有していない人に、<br>今後タブレット端末を購入・利用したいか調査したところ、<br>4%の方が「実際に購入を検討している」、<br>41.7%の方が「今後欲しいと思っている」と答えており、<br>半数近い人が興味を持っています。<br><br />(田辺)<br>そうなると、今後、実際に小型のタブレット端末を利用する人は<br>益々増えていきそうですね。<br><br>(田辺)<br>はい。まだ利用している人がそこまで多くなくても、<br>実際、売上実績も伸びてきていますからね〜。<br><br>(金城)<br>その売上はどのくらいでしょうか。<br><br>(田辺)<br>ある調査によると、パソコン市場においてタブレット端末は、<br>9月が15%、10月が19.8%で、今まさに、右肩上がりで伸びてきています。<br>昨年の11月の時点で初めて30%台のシェアを獲得しました。<br><br />(金城)<br>小型タブレット端末の人気はさらに高まりそうですし、<br>インターネットの利用がどのように広がり、日常生活が便利になっていくのか楽しみですね。<br><br>ありがとうございました。<br><br /><br /> <a href="http://www.otv.co.jp/kurakei/2013_pre01/file/1303220.jpg">[JPG画像]</a> <a href="http://www.otv.co.jp/kurakei/2013_pre01/file/1303221.jpg">[JPG画像]</a> 2017-10-24T01:47:00+09:00 健康志向で人気が高まるシリアル食品 http://www.otv.co.jp/kurakei/2013_pre01/index.cgi?pg=130315 健康志向で人気が高まるシリアル食品 健康志向で人気が高まるシリアル食品<br />3月15日(金)<br />(金城)<br>こんにちは。金城わか菜です。<br>手軽に食べられて栄養バランスがいいシリアルの人気が高まっていて、<br>生産量、出荷額ともに増えています。<br>詳しいお話を野村證券那覇支店支店長の田辺稔さんに伺います。<br><br>(田辺)よろしくお願いします。<br><br>(金城)<br>子供のころから馴染みのある食べ物ですが、シリアルは種類もあって<br>おいしく頂けますし、栄養面のバランスもいいんですよね?<br><br>(田辺)<br>はい。シリアルはコーンフレークをはじめ<br>玄米フレークやグラノーラがあります。<br>グラノーラとはオーツ麦や玄米などの穀物に、レーズンなどの<br>ドライフルーツを加えたものです。<br>オーツ麦の食物繊維は玄米の7倍以上で、鉄分やミネラルも穀物の中で<br>トップクラスなんです。<br><br>(金城)<br>そのシリアルの生産量が増えているんですね。<br><br>(田辺)<br>はい。日本スナック・シリアルフーズ協会の調べによると、<br>2011年度の生産量は前の年に比べて4%増えて<br>3万300トン、出荷額は3.5%増えて265億円です。<br>とりわけ玄米フレークとグラノーラの出荷額はおよそ20%増えています。<br><br />(金城)<br>栄養バランスがよくておいしく、手軽に食べられる点がいいんでしょうね。<br><br>(田辺)<br>玄米フレークやグラノーラなどは美容や健康を意識する女性に人気です。<br>また外食で偏食しがちな男性や高齢者からの需要もあります。<br>さらにシリアルの賞味期限は大体1年と長いので、東日本大震災の後は<br>保存食として備蓄されるようになっています。<br><br>(金城)<br>なるほど、現代の健康志向に合った栄養食で、保存食でもあるんですね。<br>介護を受けている方や妊婦さんにもいいかもしれません。<br><br>(田辺)<br>それからシリアルは「朝食の欠食率」を改善してくれるかもしれません。<br>「欠食」とは「食事をとらない」ことですが、<br>とくに朝食をとらない人の増加が問題になっています。<br>こちらのデータによると、2011年の朝食の欠食率は男性が14.4%、<br>女性が11.1%と増えています。<br>またこの調査結果によると、男女ともに20歳から29歳が最も高くて、<br>3人に1人は朝ごはんを食べていないことになるんです。<br><br />(金城)<br>シリアルなら手軽に朝食をとることができますから、<br>欠食率改善につながるのではないでしょうか?<br><br>(田辺)<br>そうですね。厚生労働省は「健康21」というプロジェクトを進めていて、<br>食生活は健康面だけではなく心のバランスを左右する重要なことと位置付けています。<br>そこで、朝食の欠食率の割合を中高生は0%、<br>つまり全員が毎日朝食をとることを目標に掲げています。<br>これに、シリアルが一役買うかもしれませんね。<br><br>(金城)<br>ところでそのシリアル。市場は今後、どのように変化していきそうですか?<br><br>(田辺)<br>メーカー側は、商品を大人向けに開発してきているほか、<br>また、最近はシリアルの専門店もあるようですし、シリアルの中には<br>特定保健用食品、いわゆる「トクホ」の許可を受けている商品も出ていて<br>さらに普及しそうですね。<br><br>(金城)<br>朝食やおやつと、それぞれの食生活にシリアルを取り入れて、<br>日々の健康維持に努めたいですね。<br>ありがとうございました。<br><br /><br /> <a href="http://www.otv.co.jp/kurakei/2013_pre01/file/1303150.jpg">[JPG画像]</a> <a href="http://www.otv.co.jp/kurakei/2013_pre01/file/1303151.jpg">[JPG画像]</a> 2017-10-24T01:47:00+09:00 拡大する「ショールーミング」!実店舗の対策は? http://www.otv.co.jp/kurakei/2013_pre01/index.cgi?pg=130308 拡大する「ショールーミング」!実店舗の対策は? 拡大する「ショールーミング」!実店舗の対策は?<br />3月8日(金)<br />(金城)<br>こんにちは。金城わか菜です。<br>ネット通販の普及とともに、実店舗で商品を確認しネット店舗で注文する<br>「ショールーミング」という消費行動が広がっています。<br>お話を野村證券那覇支店支店長の田辺稔さんに伺います。<br><br>(田辺)よろしくお願いします。<br><br>(金城)<br>ショールーミングという消費行動が拡大してきているということですが、<br>実際のところいかがでしょうか。<br><br>(田辺)<br>ある新聞社の調査によると、<br>食料品やファッションの消費行動は「実店舗で購入する」、<br>旅行関連や家電・ITにおいては「ネット通販で購入する」方が多いようです。<br><br>(金城)どちらで購入するかは商品分野によって違うようですね。<br><br>(田辺)<br>そうですね。どちらにしても<br>とにかく、ネット通販が普及してきている中、実店舗としては、<br>来店して、お店で買っていただく工夫が必要になります。<br><br>(金城)<br>実際、各分野でショールーミングに対して<br>何か取り組みを行っているのでしょうか。<br><br>(田辺)<br>家電の分野の例でいうと、<br>ある大手家電量販店では、値札の横のバーコードに携帯電話をかざすと、<br>その用品と大手ネット通販での値段が比較できるようになっています。<br><br>(金城)<br>それは、ショールーミング派を迎える強気の作戦ですね。<br><br>(田辺)<br>これには、店員が他社のネット通販の特徴などについて説明することで、<br>店頭価格に対するお客様の納得感が増すなどの効果があるそうです。<br><br>(金城)<br>なるほど。<br>実店舗は、ネットにはない接客を通じた<br>コミュニケーションを活かしているわけですね。<br><br>(田辺)<br>ファッション分野に関して、ある大手ブランドでは、<br>販売員がお客様の全身ファッションをコーディネートして撮影し、<br>その画像を自社ネット店舗の特設サイトで発表するという<br>キャンペーンを行ったそうです。<br><br>(金城)<br>それにはどういう効果があるんですか。<br><br>(田辺)<br>お客様が実店舗でしかできない体験を演出することによって<br>再び来店の動機を作る手法で、売上高は前の年を上回ったそうです。<br><br>(金城)<br>なるほど。実店舗とネット店舗を分け隔てなく活用していて面白いですね。<br><br>(田辺)<br>特にファッション分野で成功していると言えるのが、<br>「オー・トゥ・オー」という戦略です。<br>これは「オフライン・トゥ・オンライン」の略で<br>ネット上の自社店舗から実店舗へお客様を誘導する戦略です。<br><br>(金城)詳しく教えてください。<br><br>(田辺)<br>例えば、ネット店舗で、実店舗でも使えるクーポンを発行したり、<br>ネットで購入した衣料品の返品や交換を実店舗で受け取るといった手法が一般的です。これに連動し、実店舗でもネット店舗で使えるクーポンを配る例もあります。<br><br />(金城)<br>なるほど。これは実店舗とネット店舗、どちらも納得してもらえるサービスを<br>提供するところが重要であると言えそうですね。<br><br>ではここで、野村證券那覇支店からセミナーのお知らせです。<br><br /><br /> <a href="http://www.otv.co.jp/kurakei/2013_pre01/file/1303080.jpg">[JPG画像]</a> <a href="http://www.otv.co.jp/kurakei/2013_pre01/file/1303081.jpg">[JPG画像]</a> 2017-10-24T01:47:00+09:00 より鮮やかで省エネ!期待の「MEMSディスプレイ」 http://www.otv.co.jp/kurakei/2013_pre01/index.cgi?pg=130301 より鮮やかで省エネ!期待の「MEMSディスプレイ」 より鮮やかで省エネ!期待の「MEMSディスプレイ」<br />3月1日(金)<br />(金城)<br>こんにちは。金城わか菜です。<br>テレビなどのディスプレイの技術革新は日々進歩しており、<br>液晶や有機ELなどに続く次世代ディスプレイの模索が続いています。<br>お話を野村證券那覇支店支店長の田辺稔さんに伺います。<br><br>(田辺)よろしくお願いします。<br><br>(金城)<br>昨年、この番組で次世代ディスプレイとして、<br>有機ELテレビについて取り上げましたよね。<br><br>(田辺)<br>そうですね。有機ELテレビは液晶より画質が鮮やかになると紹介しました。<br>あれからテレビ技術も進歩しております。<br><br>(金城)<br>どう進歩しているんですか。<br><br>(田辺)<br>そもそも液晶や有機ELというのは、薄型テレビのパネルを作る技術ですが、<br>画像を表示する技術もあるんです。<br><br>(金城)<br>それはどういった技術ですか。<br><br>(田辺)<br>現在映し出される映像は、ハイビジョン方式が主流ですが、<br>そこに4倍の精細度を持つ4K(ヨンケー)方式が登場しました。<br>よりきめ細かい表現が可能なので自然な立体感があるそうです。<br><br />(金城)<br>なるほど。<br>こうみると、ディスプレイ技術は本当に日進月歩ですね。<br><br>(田辺)<br>はい。さらに、液晶や有機ELに続く次世代ディスプレイとして<br>有力視される技術もでてきています。<br>それが、「MEMS(メムス)ディスプレイ」です。<br><br>(金城)<br>「MEMSディスプレイ」というのはどのような技術ですか。<br><br>(田辺)<br>微小電子機械システムと訳し、ミクロレベルの、<br>肉眼では見えないぐらい小さな機械です。<br>実は、既に私たちの身の回りで大活躍しているんです。<br><br>(金城)<br>どういったところで活躍しているんですか。<br><br>(田辺)<br>例えばスマートフォン!<br>本体を横向きにすると画面も横向きに変わりますよね。<br>これは本体が動く時の加速度や回転の状態を検知し、<br>その変化量を電気信号に変えるといった半導体の働きによるものなんですが、その半導体の中に小さな機械が組み込まれています。<br><br>(金城)<br>それが、メムスディスプレイなんですね!<br><br>(田辺)<br>そうです。メムスディスプレイは、LEDのパネル表面に敷き詰めた<br>微細なシャッターが、1秒間に100回以上という超高速で開いたり、<br>閉じたりすることにより必要な色を通し、色調や明るさを調整します。<br><br><br />(金城)<br>液晶などとの違いはなんでしょうか。<br><br>(田辺)<br>液晶のように「カラーフィルター」や「偏光板」を使わない分、<br>光の透過性がよく、光源の消費電力を抑えることができます。<br><br>(金城)<br>これは省エネですね!<br><br>(田辺)<br>おっしゃる通りですね。メムスディスプレイは省エネ性能を持っているので、<br>スマートフォンやタブレット端末に向いたディスプレイとして<br>期待が高まっています。<br><br>(金城)<br>なるほど。<br>テレビにしてもスマートフォンなどにしても、<br>進歩するディスプレイの技術動向からは目が離せませんね。<br><br>ではここで、野村證券那覇支店からセミナーのお知らせです。<br><br><br /><br /> <a href="http://www.otv.co.jp/kurakei/2013_pre01/file/1303010.jpg">[JPG画像]</a> <a href="http://www.otv.co.jp/kurakei/2013_pre01/file/1303011.jpg">[JPG画像]</a> 2017-10-24T01:47:00+09:00 日本人の米離れに歯止めをかけるか 米の新品種が続々登場 http://www.otv.co.jp/kurakei/2013_pre01/index.cgi?pg=130222 日本人の米離れに歯止めをかけるか 米の新品種が続々登場 日本人の米離れに歯止めをかけるか 米の新品種が続々登場<br />2月22日(金)<br />(金城)<br>こんにちは。金城わか菜です。<br>近年、日本人の米離れが進んでいるそうです。<br>今回は、日本人と米食の実態についてお話を野村證券那覇支店支店長の田辺稔さんに伺います。<br><br>(田辺)よろしくお願いします。<br><br>(金城)<br>日本人にとってお米は大切な食文化の1つですが、近年その米の消費量が落ちているとのことですが本当ですか。<br><br>(田辺)<br>そうなんです。<br>農林水産省によると、2011年7月から2012年6月までの国内の主食用米の需要実績が813.3万トンと過去最低を記録しました。<br>今後はさらに落ち込み、戦後初めて800万トンを割り込む見通しになっています。<br><br />(金城)<br>なるほど。今では、朝食にパンを食べるという家庭も多いですからね。<br><br>(田辺)<br>実際、2011年の家庭調査によると、2人以上の世帯がお米を買うために1年間に支払った金額は、2万7千777円で前年に比べ減少しました。<br>一方、パンを購入した額は前年より増えて2万8千371円です。<br><br />(金城)<br>パンがお米を逆転しましたね。<br><br>(田辺)<br>そうですね。今では、コンビニやスーパーでお弁当やおにぎりが買えるので「自宅でお米を炊く」から「炊いてあるお米を買う」へと、ライフスタイルが変化しているんですね。<br><br>(金城)<br>それでは、このまま日本のお米文化は衰退していくのでしょうか。<br><br>(田辺)<br>実は、そうとも限らないんです。こうした状況の中で、日本人の米離れに待ったをかけようという動きもあるんです。<br><br>(金城)<br>それは、どういう動きですか。<br><br>(田辺)<br>日本各地で米の新品種の開発が盛んに行われているそうです。ある民間の米調査会社によると、この6年間で米の新品種は120も登場しているそうです。<br><br>(金城)<br>どんな新品種があるんですか。<br><br>(田辺)<br>例えば、約10年かけて開発した山形県の「つや姫」があります。炊いたときに粒が立ち、つやも目立つと言われています。<br>その他にも北海道産の「ふっくりんこ」や石川県産の「ほほほの穂」などユニークな名前の新品種も続々登場しています。<br><br>(金城)<br>なるほど。そもそも日本全国にお米の品種はどのくらいあるんですか。<br><br>(田辺)<br>農林水産省によると、東京都を除く全国道府県に654の品種があります。コシヒカリやササニシキなど有名ブランドは全国で栽培しているため、一部名称は重複しますが、それでもかなりの数に上ります。<br><br>(金城)<br>654品種もあるのは驚きです。<br>これにさらに新品種も登場してくると、お米を食べる楽しみが一層広がりますね。<br>ではここで、野村證券那覇支店からセミナーのお知らせです。<br><br><br>(田辺)<br><br />(金城)<br>ありがとうございました。<br><br /><br /> <a href="http://www.otv.co.jp/kurakei/2013_pre01/file/1302220.jpg">[JPG画像]</a> <a href="http://www.otv.co.jp/kurakei/2013_pre01/file/1302221.jpg">[JPG画像]</a> 2017-10-24T01:47:00+09:00 便利さを高め続けるコンビニエンスストア http://www.otv.co.jp/kurakei/2013_pre01/index.cgi?pg=130215 便利さを高め続けるコンビニエンスストア 便利さを高め続けるコンビニエンスストア<br />2月15日(金)<br />(金城)<br>こんにちは。金城わか菜です。<br>文字通り便利なお店として利用されているコンビニエンスストア。<br>今回は、コンビニエンスストアについてお話を野村證券那覇支店支店長の田辺稔さんに伺います。<br><br>(田辺)<br>よろしくお願いします。<br><br>(金城)<br>コンビニエンスストア、いわゆるコンビニは、色んな商品が購入できる他、<br>公共料金の支払い等販売以外でのサービスも充実しているので、やはり利用者は多いのではないでしょうか。<br><br>(田辺)<br>そうですね。<br>あるアンケート調査によると、週に2・3回利用する方は25.2%と最も多く、週1回利用する方が21.4%となっていて、約6割の人が週1回以上でコンビニを利用しているそうです。<br><br>(金城)<br>なるほど。<br>現在、日本全国に何店舗くらいあるんですか。<br><br>(田辺)<br>社団法人日本フランチャイズチェーン協会の調査によると、<br>2012年11月度のコンビニエンスストアの店舗数は、4万6千688店で、1年で2,400店も増加しています。<br><br />(金城)<br>こんなに利用者や店舗が多いと、競争がとても厳しそうですね。<br>コンビニ各社はどう対応しているのですか。<br><br>(田辺)<br>「コンビニスイーツ」などの<br>プライベートブランドを中心とする新商品の拡充や、ドラッグストアなどの異業種とのコラボレーションによる新サービスの導入を行っています。<br><br>(金城)<br>なるほど。コンビニで薬が買えると、急な体調不良やケガの場合に助かりますね。<br><br>(田辺)<br>そうですね。<br>また、最近では一人暮らしの高齢者にちょうどいい量でパックになった惣菜が種類豊富になってきているんです。<br><br>(金城)<br>コンビニという若者が多く利用するイメージがありますが、<br>シニアの方々はどのくらいの頻度で利用しているんですか。<br><br>(田辺)<br>50代以上の男女681世帯に対して行った調査によると、<br>週に1回以上利用する割合が全体で15.9%だったのですが、一人暮らしの場合では60.5%に達しました。<br><br />(金城)<br>なるほど。ちなみにどんなサービスがのぞまれているんですか。<br><br>(田辺)<br>1番は、「郵便局や行政の窓口」。<br>次に「生鮮食品の販売」で公的機関やスーパーのようなサービスが求められていることが分かります。<br><br>(金城)<br>すでに野菜などの生鮮食品を販売しているところもありますし、コンビニは利用者にとってますます便利な存在になっていきますね。<br><br>(田辺)<br>そうですね。また、コンビニでは、「宅配サービス」も注目されています。採算性などの部分で課題もありますが、地域密着型サービスとして取り組みが始まっていて、複数の企業が宅配事業を展開しています。<br><br>(金城)<br>コンビニも様変わりしてますます便利になっていきそうですね。<br>ではここで、野村證券那覇支店からセミナーのお知らせです。<br><br><br>(田辺)<br><br />(金城)<br>ありがとうございました。<br><br /><br /> <a href="http://www.otv.co.jp/kurakei/2013_pre01/file/1302150.jpg">[JPG画像]</a> <a href="http://www.otv.co.jp/kurakei/2013_pre01/file/1302151.jpg">[JPG画像]</a> 2017-10-24T01:47:00+09:00 二酸化炭素を地下へ!日本がリードする注目の技術 http://www.otv.co.jp/kurakei/2013_pre01/index.cgi?pg=130208 二酸化炭素を地下へ!日本がリードする注目の技術 二酸化炭素を地下へ!日本がリードする注目の技術<br />2月8日(金)<br />(金城)<br>こんにちは。金城わか菜です。<br>地球温暖化を促進する二酸化炭素の排出削減策として、ある技術が注目されています。<br>今回は、その技術について、お話を野村證券那覇支店支店長の田辺稔さんに伺います。<br><br>(田辺)よろしくお願いします。<br><br>(金城)<br>田辺さん、早速ですが、二酸化炭素の排出削減策として、注目されている技術とはどんな技術ですか。<br><br>(田辺)<br>それは、「CCS」という技術です。当初は石炭やガスを効率よく取り出すための技術でしたが、<br>最近では、発電所や工場などの排出ガスから二酸化炭素を回収して地下へ埋める技術として注目されています。<br><br>(金城)<br>排出ガスからどのように二酸化炭素を取り出すんですか。<br><br>(田辺)<br>排出ガスには様々な成分が含まれていますが、そこから二酸化炭素を排出して高圧をかけ、液体と気体の性質を併せ持つ特殊な状態にして、地下水で満たされた帯水層に染みこませるという方式が一般的です。<br><br>(金城)<br>それは意外な技術ですね。<br><br>(田辺)<br>また、CCSを活用して北九州市は、クリーンな火力発電を目指す実験も進めています。<br><br>(金城)<br>それはどういった実験ですか。<br><br>(田辺)<br>石炭ガス化複合発電、いわゆる「IGCC」という方式で、従来のように粉にした石炭をボイラーで燃やし、その蒸気でタービンを回す他に、石炭をガスにしてガスタービンも回すことで効率をアップするものです。<br><br>(金城)<br>ちなみに、IGCCとCCSはどう関わっているんですか。<br><br>(田辺)<br>CCSには、ボイラーの排ガスから二酸化炭素を回収する「燃焼後回収」とそれ以前の段階で、石炭ガス化の際に出るガスから回収する「燃焼前回収」がありますが、IGCCでは燃焼前回収を用いることで効率よく、しかも純度の高い二酸化炭素が取り出せます。<br><br />(金城)<br>なるほど。ちなみに、本格的な実用化は進んでいるんですか。<br><br>(田辺)<br>IGCCについては、北九州の他、広島県などで大規模な実証実験が進められていますし、日本とオーストラリアが官民共同で、主に「酸素燃焼方式」という分離・回収方法を検証するプロジェクトも開始しています。<br><br><br />(金城)<br>二酸化炭素を分離・回収する方法はいろいろあるんですね。<br><br>(田辺)<br>今、お話した「酸素燃焼方式」は1973年に日本で発案された方式で、これまで日米欧の実験施設で試験が続けられてきました。<br><br>(金城)<br>日本が発案した方式が採用されていたのは驚きです。<br><br>(田辺)<br>二酸化炭素の分離・回収の技術に関しては日本が一歩先を行っており、実証実験を急いで一早く商業化を進めれば、海外に輸出できる重要な産業になるという見方もあります。<br><br>(金城)<br>競争が激しそうですが、是非、日本が牽引役になってほしいです。<br>ではここで、野村證券那覇支店からセミナーのお知らせです。<br><br>(田辺)<br><br />(金城)<br>ありがとうございました。<br><br /><br /> <a href="http://www.otv.co.jp/kurakei/2013_pre01/file/1302080.jpg">[JPG画像]</a> <a href="http://www.otv.co.jp/kurakei/2013_pre01/file/1302081.jpg">[JPG画像]</a> 2017-10-24T01:47:00+09:00 レトロどころか未来的!生まれ変わる「路面電車」 http://www.otv.co.jp/kurakei/2013_pre01/index.cgi?pg=130201 レトロどころか未来的!生まれ変わる「路面電車」 レトロどころか未来的!生まれ変わる「路面電車」<br />2月1日(金)<br />(金城)<br>こんにちは。金城わか菜です。<br>レトロなイメージのある路面電車ですが、次世代の都市交通を目指す「LRT」という考え方のもと、そのメリットが見直されつつあります。<br>今回は、LRTをめぐる動向についてお話を野村證券那覇支店支店長の田辺稔さんに伺います。<br><br>(田辺)よろしくお願いします。<br><br>(金城)田辺さん、LRTについて教えてください。<br><br>(田辺)<br>「LRT」とは、中心市街地の活性化など、より広い視点になって見直される路面電車のシステム全体のことを指します。<br><br>(金城)<br>LRTがもたらす効果にはどういったものがあるんですか。<br><br>(田辺)<br>街づくりや賑わいの再生や低床式車両のバリアフリー、他にもLRTは排気ガス、騒音もあまりないため、交通環境負荷の軽減などにもつながります。<br><br />(金城)<br>日本のLRT導入の状況を教えてください。<br><br>(田辺)<br>日本では、2006年に富山市に日本初のLRTが誕生しています。富山市は、市街地が低密度で広がっていることから住民は車で移動することが多く、公共交通が衰退していました。<br><br>(金城)<br>つまり、車を使わない人、使えない人には生活しずらい街だったということですね。<br><br>(田辺)<br>そうですね。2006年当時の調査では、自由に使える車のない人は29.5%でその7割が60歳以上でした。そこで、公共交通を活性化のために、LRTを導入し、路上も含め駅を増設したり、運行頻度も増やすなどの取り組みを進めました。<br><br />(金城)<br>その後、何か成果は得られたんですか。<br><br>(田辺)<br>はい。1日の平均利用者が、平日で2.2倍、休日は4.7倍に増え、利用者が定着しました。その後も路線は拡大しています。<br><br><br>(金城)<br>なるほど。富山市の成功にならおうという都市はでてきたのでしょうか。<br><br>(田辺)<br>広島市では、半数の車両をLRTで使われる「超低床型車両」と呼ばれる車両「LRV」にしていく取り組みが行われています。しかし、富山市のような街づくりの一環としてのLRTの導入となると、まだこれからの段階です。<br><br>(金城)<br>他の地域でも、何か拡大期待に向けた取り組みは行われているのでしょうか。<br><br>(田辺)<br>例えば、埼玉県さいたま市や堺市などでは、交通網の見直し計画をまとめており、さらには、東日本大震災の被災地振興のためにLRTを活かすというアイデアも出ています。<br><br>(金城)<br>なるほど。今後、LRTが普及するためには何が必要なのでしょうか。<br><br>(田辺)<br>ただ単に採算性を問うのではなく、住民との合意形成も徹底的に行い、LRT導入によって街がどう変わるかを入念に説明することが成功の秘訣だとされています。日本のLRT普及の拡大にはそうした考え方が鍵になるという意見もあるようです。<br><br>(金城)<br>LRT導入を活用して、魅力的な街づくりが進むといいですね。<br>ではここで、野村證券那覇支店からセミナーのお知らせです。<br><br>(田辺)<br><br />(金城)<br>ありがとうございました。<br><br /><br /> <a href="http://www.otv.co.jp/kurakei/2013_pre01/file/1302010.jpg">[JPG画像]</a> <a href="http://www.otv.co.jp/kurakei/2013_pre01/file/1302011.jpg">[JPG画像]</a> 2017-10-24T01:47:00+09:00 日本でも成長が期待される「オーガニック」関連市場 http://www.otv.co.jp/kurakei/2013_pre01/index.cgi?pg=130125 日本でも成長が期待される「オーガニック」関連市場 日本でも成長が期待される「オーガニック」関連市場<br />1月25日(金)<br />(金城)<br>こんにちは。金城わか菜です。<br>農薬を使わない有機栽培「オーガニック」は、健康・安心志向をうけて拡大しつつあります。<br>お話は野村證券那覇支店支店長の田辺稔さんに伺います。<br><br>(田辺)よろしくお願いします。<br><br>(金城)<br>田辺さん、「オーガニックは」拡大しつつあるということですが、どれだけ伸びてきているんでしょうか。<br><br>(田辺)<br>こちらに日本の有機食品と認められた品目の数量をまとめたものがあります。伸びは緩やかですが、数量は増加しています。また、有機農家の25%は新規就農者ですから、これから農業を手掛ける世代がごく自然に有機農業を選択するようになっていけば、さらに成長していくでしょう。<br><br />(金城)<br>そもそも原料に農薬などが使われていないものは、オーガニックという理解でいいんでしょうか。<br><br>(田辺)<br>いえ、有機栽培だからといって、<br>「オーガニック」は名乗れません。<br>農水省のJAS規格のもとで生産や製造の方法について認定を受けたものだけが、オーガニックのマークが添付され名乗ることができます。<br><br>(金城)<br>なるほど。特に食材でいうと、見た目はオーガニックと言えるかどうか判断できないので、こうした認証制度はいいですね。<br><br>(田辺)<br>そうですね。<br>例えば、オーガニックコットンの場合、3年間、農薬や化学肥料を使っていない土地で栽培され、収穫されたかどうかの他、製造の全工程、環境への影響、労働の安全や児童労働がないかなどの社会面も含めて、専門の認証機関が認めたものだけがオーガニックコットンと呼ばれます。<br><br>(金城)<br>社会的側面まで審査の対象になるというのは意外ですね。<br><br>(田辺)<br>実は、普通のコットン栽培は、大量の農薬や化学肥料が使われているので、環境はもちろん、生産者の健康にも大きな影響を与えます。<br>なので、オーガニックコットン栽培は、社会面や環境面の問題解決と表裏一体の関係にあるということですね。<br>実際、衣料メーカー側の意識も変わりつつあります。<br><br>(金城)<br>どのように変わってきているんですか。<br><br>(田辺)<br>ある有名なファストファッションメーカーでは、2020年までに素材を完全にオーガニックコットンに切り替えることを目指しています。また、オーガニックコットン導入量を前の年の倍以上に増やす計画をしている衣料メーカーも多数あります。<br><br>(金城)<br>なるほど。<br>ちなみにオーガニックと言えば、シャンプーや化粧品などの分野もありますよね。<br><br>(田辺)<br>はい。近年国内の化粧品市場は<br>横ばいが続いていますが、有機栽培の植物を原料に使った化粧品など、好調に拡大してきているようです。<br><br>(金城)<br>これは、特に環境や社会問題への意識が高い消費者には、好意的に受け止められそうですよね。<br><br>(田辺)<br>今日、地球環境や企業の社会的責任について、消費者や地域社会など企業を取り巻く関係者の関心が高まりつつあります。<br>そうした流れに乗り、消費の形とあいまって、オーガニック素材を手掛ける企業は今後ますます業績を上げ、市場を拡大していくと考えられています。<br><br>(金城)<br>安全・安心で健康にもいい、そして社会問題の解決にも役立ちそうなオーガニック素材の今後が楽しみです。<br>本日はありがとうございました。<br><br /><br /> <a href="http://www.otv.co.jp/kurakei/2013_pre01/file/1301250.jpg">[JPG画像]</a> 2017-10-24T01:47:00+09:00 男性も美容の時代!?需要高まる美容家電市場 http://www.otv.co.jp/kurakei/2013_pre01/index.cgi?pg=130118 男性も美容の時代!?需要高まる美容家電市場 男性も美容の時代!?需要高まる美容家電市場<br />1月18日(金)<br />(金城)<br>こんにちは。金城わか菜です。<br>空気が乾燥して肌荒れが気になるこの季節。そんな肌の悩みを解消するために「美容家電」が注目されています。<br>お話を野村證券那覇支店支店長の田辺稔さんに伺います。<br><br>(田辺)よろしくお願いします。<br><br>(金城)<br>田辺さん、肌の悩みというと、「乾燥」や「シミ」「たるみ」など、女性は特に気になるところです。<br><br>(田辺)<br>そもそも、肌質を悪化させる原因は、疲れやストレス、そして、睡眠不足や空気の乾燥、さらに食生活の乱れなどが挙げられます。<br><br>(金城)<br>なるほど。肌は体調のバロメーターとも言われていますからね。<br>しかし、仕事や家事で忙しいとなかなかエステに行く時間がないと言う人も多いのではないでしょうか。<br><br>(田辺)<br>そこで、今注目されているのが「美容家電」です。美容家電であれば、お家で手軽に肌のケアができます。<br><br>(金城)<br>確かに、最近は、本当に多くの美容家電製品がでてきていますよね。<br>実際、市場はどのようになっているんでしょうか?<br><br>(田辺)<br>販売チャンネルが多様化していることなどから、市場は今後も成長していくと見込まれています。<br>野村総合研究所によると、2012年の美容家電市場は約1,430億円で、2015年には、1,732億円に達すると予測されています。<br><br />(金城)<br>特に、どのような商品が人気なんですか?<br><br>(田辺)<br>乾燥対策として蒸気を利用したスチーマーが人気です。他にもプレートの片面を温かく、一方の片面を冷たくして、交互に温めたり冷やしたりすることで肌を引き締め、血行促進をはかる製品も人気です。<br><br>(金城)<br>ちなみに、最近では、携帯型の美容家電製品もでていて、持ち運びができるのも便利ではないでしょうか。<br><br>(田辺)<br>携帯型の美容家電製品というと、電動歯ブラシやヘアアイロン、電動のフェイスローラーなどがありますね。<br><br>(金城)<br>なるほど。<br>ちなみに、今回のテーマは男性も美容の時代!?となっているんですが、男性は、美容についてどのように考えているんでしょうか。<br><br>(田辺)<br>最近は、身だしなみに気を使う男性が増えています。<br>実際、ある研究所が「男性の美容に関する意識調査」を行ったところ、全体の7割の男性が美容に関心を持っていたそうです。<br>ちなみに、男性の場合の美容というと、洗顔やヒゲ剃り後の保湿、化粧水の使用などが挙げられます。<br><br><br />(金城)<br>意外に、男性も美容に関心を持っている人は多いんですね。<br><br>(田辺)<br>ほとんどの男性がヒゲを剃りますし、このことで肌の角質や皮脂膜を傷つけています。また、UVケアに気を付けている多くの女性と違って紫外線にもさらされているので、男性こそ実は、女性よりもスキンケアに気を配る必要があるということですね。<br><br>(金城)<br>そうなると、男性用の場合、電気シェーバーなどの美容家電と化粧品のセット販売などがさらなる美容家電市場拡大のカギになりそうですね。<br><br>(田辺)<br>実際、そのような取り組みも行われていますし、女性用に開発された頭皮マッサージの美容家電が男性に人気だったという例もあるので、美容家電の市場は、まだまだ成長の可能性が大きいといえそうです。<br><br>(金城)<br>男女関係なく、肌のケアについて改めて考えていきたいですね。<br>本日はありがとうございました。<br><br /><br /> <a href="http://www.otv.co.jp/kurakei/2013_pre01/file/1301180.jpg">[JPG画像]</a> <a href="http://www.otv.co.jp/kurakei/2013_pre01/file/1301181.jpg">[JPG画像]</a> 2017-10-24T01:47:00+09:00 教育現場にもデジタル化の波? http://www.otv.co.jp/kurakei/2013_pre01/index.cgi?pg=130111 教育現場にもデジタル化の波? 教育現場にもデジタル化の波?<br />1月11日(金)<br />(金城)<br>こんにちは。金城わか菜です。<br>子供たちの学びの場にIT機器が導入され、教育現場のIT化が進んでいます。<br>詳しいお話を野村證券那覇支店支店長の田辺稔さんに伺います。<br>よろしくお願いします。<br><br>(田辺)よろしくお願いします。<br><br>(金城)<br>田辺さん。今や小学校ではパソコンの授業がありますし、教育現場がIT化していると聞くと、時代は刻々と変わっていく感じがしますね。<br><br>(田辺)<br>そうですね。実は、子供たちがどの程度パソコンに触れているかという、昨年のデータがあるので紹介します。小学5年生がパソコンを利用する頻度は「週に3〜4日」で、「30分〜1時間」利用する児童が多く、中学2年生になると「ほぼ毎日」で「1〜2時間」利用している生徒が多いんです。<br><br />(金城)<br>子供たちにとってはゲームをしたり、調べ物をしたりといろんな用途で使えますから、教育現場のIT化も馴染みやすいでしょうね。<br><br>(田辺)<br>はい。総務省では2010年度から「フューチャースクール推進事業」を実施しています。<br>「教育のIT化の軸」としては電子黒板の導入や、電子黒板とつながるタブレットPCの導入、タブレットPCで読むデジタル教科書の3つとしています。<br><br>(金城)<br>昔ながらの黒板や教科書が、国の主導でデジタル機器にかわっているんですね。最大のメリットは何ですか?<br><br>(田辺)<br>これまでの教科書は情報が印刷されているだけですが、デジタル教科書なら音声や映像などを盛り込んで多角的に情報を伝えることができますし、電子黒板なら、ボードに書き込んだ文字や図などをデジタルデータにして保存することもできます。<br><br><br />(金城)<br>そうですか!楽しみながら学習できそうですし、電子黒板の普及が進めば、授業がずいぶん効率的になりますね。<br><br>(田辺)<br>実際、全国の学校で電子黒板の数が<br>増えているんです。こちらのデータでも、昨年と5年前の状況で、導入が急速に進んだことがわかります。<br><br />(金城)<br>すごいですね。デジタル教科書も導入は進んでいるんですか?<br><br>(田辺)<br>はい。デジタル教科書の全国の整備率は2012年で22.6%です。<br>文部科学省は2020年度までに全国の小中学校の全児童生徒にデジタル教科書を配布することを目標にしています。<br>ただそのためには予算が必要ですし、タブレットPCなどを一人1台整備するための電源の確保やセキュリティなど環境整備が不可欠です。<br><br>(金城)<br>昔は「読み・書き・そろばん」と<br>いわれていましたけど今や教育現場では「読み・書き・IT」なんですね。<br><br>(田辺)<br>最近は小学生をターゲットにした、電子機器メーカーが作る電子辞書も登場しています。家庭学習用の電子辞書は手軽に使えて知的好奇心を刺激するいい道具になっていますよ。<br><br>(金城)<br>なるほど。学びの環境がどんどん進化していきますね。これからの入学祝いでも電子辞書は喜ばれそうですね。<br><br>ここで、野村證券那覇支店のセミナーのご案内です。<br><br>(田辺)<br><br />(金城)<br>ありがとうございました。<br><br /><br /> <a href="http://www.otv.co.jp/kurakei/2013_pre01/file/1301110.jpg">[JPG画像]</a> <a href="http://www.otv.co.jp/kurakei/2013_pre01/file/1301111.jpg">[JPG画像]</a> 2017-10-24T01:47:00+09:00 これからの電力は海から!本格化する洋上風力発電 http://www.otv.co.jp/kurakei/2013_pre01/index.cgi?pg=130104 これからの電力は海から!本格化する洋上風力発電 これからの電力は海から!本格化する洋上風力発電<br />1月4日(金)<br />(金城)<br>こんにちは。金城わか菜です。<br>日本のエネルギー政策が大きな転換期を迎えています。<br>今日は、日本のエネルギーの新たな柱となる可能性がある洋上風力発電の現状について、お話を野村證券那覇支店支店長の田辺稔さんに伺います。<br><br>(田辺)よろしくお願いします。<br><br>(金城)<br>日本のエネルギー政策が転換期を迎えているということですが、これはどういうことでしょう。<br><br>(田辺)<br>環境省では、原子力発電への依存度を下げて、「地熱」や「バイオマス」、「洋上風力」や「波力・潮流」といった海洋エネルギーなど4分野に力を入れる計画をまとめました。<br><br>(金城)<br>なるほど。<br>その中でも注目されているのが「洋上風力発電」なんですね。<br><br>(田辺)<br>はい。陸上ではなく海上で風車を回す風力発電です。洋上は陸上より安定して風が吹いていることから、稼働率を高く保てるという利点があります。<br><br>(金城)<br>日本は周囲を海に囲まれていますし、それを活用しない手はないですね。<br>具体的には、どういう風に建てられるのでしょうか。<br><br>(田辺)<br>海域の条件により2つの方法があります。水深が50mまでなら、海底に土台を作る「着床式」、水深が50mを超える場合は、土台を海に浮かべる「浮体式」です。<br>「浮体式」の場合、土台はチェーンで海底に係留されますが、台風や津波に絶えるための技術の向上などは、まだこれからの段階です。<br><br>(金城)<br>やはりまだ課題もあると思いますが、現在、日本ではどのような段階にあるんですか。<br><br>(田辺)<br>2010年6月に、茨城県神栖市沖で、高さ100mの風車7基による発電が始まっています。<br>一方、2011年度、政府は、福島県沖に大規模な施設を建設するための実証実験に125億円の予算を計上し、実験が開始されています。<br><br />(金城)<br>これはどういった実験ですか。<br><br>(田辺)<br>福島の実験は、いくつかの種類の発電設備の性能を評価したり、浮体の動きや気象・海の状態の観測方法を確立したりなど内容が多岐にわたり、内容も規模も世界で例のないものとなっています。<br><br>(金城)<br>これは、福島県の復興のためにも意義のある事業と言えそうですね。<br><br>(田辺)<br>そうですね。また、将来、洋上風力発電の関連産業が集積すれば、雇用も増えます。<br><br>(金城)<br>それはどういうことでしょうか。<br><br>(田辺)<br>洋上風力発電設備の場合、風車を支える構造物や送電ケーブルなど、構成要素が増えますし、海上工事、海上での保守点検などの人材も必要になりますので、そのぶん雇用が増えることになります。<br><br>(金城)<br>エネルギー対策としてだけでなく、地域経済に貢献することが期待できるわけですね。<br>ところで、環境省が力を入れる分野には「波力・潮流」もあるというお話でしたが、こちらはどのような技術ですか。<br><br>(田辺)<br>「波力発電」は、波の上下動を利用しタービンを回す技術で、「潮流」は強い潮の流れを利用してタービンを回す技術です。これらは、まだまだこれからの段階ですが、これらも含めて海洋エネルギーを利用した発電産業に大きな成長が秘められているのは確かです。<br><br>(金城)<br>広い海に大きな可能性があることがわかりました。<br>ではここで、野村證券那覇支店からセミナーのお知らせです。<br><br>(田辺)<br><br />(金城)<br>ありがとうございました。<br><br /><br /> <a href="http://www.otv.co.jp/kurakei/2013_pre01/file/1301040.jpg">[JPG画像]</a> <a href="http://www.otv.co.jp/kurakei/2013_pre01/file/1301041.jpg">[JPG画像]</a> 2017-10-24T01:47:00+09:00