くらしと経済 〜2014年放送

12月12日(金)どこまで人に追いつくか?急速に加速する「人工知能」!

(金城)
こんにちは。金城わか菜です。
ロボット掃除機やカーナビ、スマホなど私達の日常を快適にしてくれるテクノロジー「人工知能」が目覚ましい進化を遂げてます。
今回は人工知能の現状と今後の可能性についてお伝えします。
お話を野村證券那覇支店 支店長 井上剛さんに伺います。

(井上)
よろしくお願いします。

(金城)
人工知能といえば、最近はロボット掃除機が人気ですよね。
留守中に掃除をしてくれて、自分で充電器に戻るので、かなり便利ですよね。


(井上)
そうですね。
ロボット掃除機の2012年の販売台数は38万台で、2018年には90万台に達すると予測されています。
さらに音声認識機能が付いた商品もあり、声をかけると掃除を始めてくれたり、
温度や湿度を教えてくれるものもあります。

(金城)
最近は音声認識機能も珍しくなくなって機械と会話する事もできる様になりましたね目覚ましい発展を遂げる人工知能技術ですが具体的にどういった革新があったのですか。

(井上)
人工知能の様々な研究分野の中に「機械学習」という分野があります。
コンピューターが大量のデータから特定のパターンや規則性を確率的に推測する仕組みです。
例えば将棋プログラムの場合、プロ棋士の試合の膨大な指し手のデータを入力するだけで、各局面において、最善の指し手を導き出してくれるのです。
(金城)
なるほど!
データを基に人工知能が学習していくということですよね。

(井上)
はい。
この機械学習を応用すると、人間以上の判断力や作業能力を備えた
プログラムを開発する事ができます。
いくつかその応用例をまとめてみました。
簡単なレジ精算や必要書類を高速で抽出してくれると、時間を有効に使えて気持ちよく仕事に取りかかれそうですね。

(金城)
なるほど。
この技術を使うことで、かなり仕事が効率化しますし、精度も高いのでミスも
減りそうですね。

(井上)
また機械学習の技術はさらに進化を続けていて「ニューラル・ネットワーク」という技術が数十年に一度の技術革新と言われ話題となっています!

(金城)
「ニューラル・ネットワーク」とは一体どういった技術の事ですか?

(井上)
人間の脳の仕組みを再現することで、コンピューターが人間に頼らずデータを学習し、意味やパターン、ルールを見つける事ができるのですここに、人工知能技術の現在と未来についてまとめてみました。

(金城)
人工知能が人間に頼らず学習するという事は、人間により近いロボットが今後開発されるかもしれないということですね。

(井上)
そうですね。
スマホの音声認識や自動運転技術など、現在使われている人工知能の大幅な進化が
期待されますし、仕事でも作業負担の軽減や新たな産業にもつながるでしょう。
人間と機械の関係が新たな段階に入ることは間違いありません。

(金城)
今では想像できないようなハイテクな未来に期待したいと思います!
それでは野村証券からセミナーのお知らせです

(井上)

(金城)
本日は、興味深いお話、ありがとうございました。

2014年 記事一覧へ戻る