くらしと経済 〜2016年放送

10月7日(金)この冬の鍋は「ハイブリッド鍋」!試したい主婦は6割

登川
こんにちは、沖縄テレビアナウンサーの登川二奈です。
10月から改めて私が担当させていただくことになりました。
井上さん宜しくお願いします。

井上
よろしくお願いします。

登川
早速ですが、最近は夏の暑さも弱まりお家で鍋料理を食べる方も増えてくる時期ではないでしょうか。

井上
そうですね。鍋料理の時期ですが、インターネット調査マイボイスコムの「鍋料理に関するアンケート調査」によると、鍋料理を食べたくなる季節は冬が77.8%と最多で秋は27.1%というデータがあります

登川
冬の方が秋よりも3倍近く鍋料理を楽しんでいるんですね。そうなると皆さん冬はどのくらいのペースで鍋料理を楽しんでいるのでしょうか?

井上
はい。マイボイスコムの同調査によると、冬場に自宅で鍋料理を食べる頻度は「1ヶ月に2~3回」が最も多く32.6%、続いて「1週間に1回程度」が25.5%という結果が出ています。

登川
皆さんかなりの頻度で鍋料理を楽しんでいることがわかりますね。ところで冬に鍋料理を楽しむ方にとって、鍋料理の魅力とはどんなところなのでしょうか?


井上
マイボイスコムの調査結果では鍋料理の魅力として「温まりたい」が63.0%、「野菜をたくさん食べたい」が61.2%、その他「調理や片付けを簡単に済ませたい」、「余った食材を食べたい」などの意見も聞かれました。

登川
これほど食べたくなる理由がたくさん挙がる料理もめずらしいですね。
それだけ鍋料理には多くの魅力があるんですね。

井上
そうですね。最近ではたくさんの食材や多種多様な食材を美味しく、バリエーション豊かなメニューとして楽しみたいというニーズもみえてきました。

登川
鍋にバリエーションですか?

井上
はい。
それを裏付ける流れとしてこの冬大注目なのが「ハイブリッド鍋」です。

登川
ハイブリッド鍋とはどのような鍋料理ですか?

井上
複数の食材を融合させ一つの食べ物にしたハイブリッドグルメのひとつです。
例えば、しょうゆ味の鍋と煮込みハンバーグを合わせた「ハンバーグ鍋」、トマト鍋とカレーを合わせた「トマトカレー鍋」などです。

井上
トレンド総研の「2016年・鍋トレンド予測レポート」においても、「鍋料理を作る時には、自分なりのアレンジを加えたい」と答えた主婦が全体の49%、「ハイブリッド鍋を試してみたい」と回答したのは、全体の59%にものぼりました。

登川
半数以上がハイブリッド鍋にチャレンジしてみたいと考えているんですね。
オススメの組み合わせはありますか?

井上
はい。ドゥ・ハウスの調査で「好きな鍋の味は?」と聞いたところ、1位は「鶏ガラ」で85.5%、2位は「しょうゆ味」、3位は「味噌味」でした。

登川
やはり、昔ながらの味が人気なんですね。

井上
これらのベーシックな味に、アレンジを加えていくのが失敗の少ないハイブリッド鍋の第一歩となりますよ。

登川
この冬は進化し続けるハイブリッド鍋から目が離させそうにないです。
ではここで野村證券からセミナーのお知らせです。

井上
第1回ハッピーライフセミナー
10月18日 火曜日 14時~15時半
「ご家族で考えるこれからのこといろいろ」
野村証券那覇支店 石川氏

登川
井上さんありがとうございました。

2016年 記事一覧へ戻る