沖縄テレビの組織と職務内容



各部署での業務内容

総務局

人事部 / 総務部

総務部
役員秘書や受付業務、諸会議に関すること、また全従業員が働きやすいよう社内全体の設備や環境を整えています。
社員の福利厚生なども管理するところです。
人事部
採用試験に関する事から社員の人事や教育、研修、労務に関わる諸規程などを管理するところです。

経理部

沖縄テレビの財務に関する部署です。
税務や金銭の出納、経営分析及び長期・中期経営計画などを行ないます。

営業局

営業部

沖縄エリアのスポンサーに対してCMや番組に関する企画・セールスを行い、CM制作に携わる仕事を行っています。
若い社員が多く、熱気があふれています。実際に番組やCMを自分で企画し、最終的に会社の売り上げが目に見える部署です。

業務部

放送料金の収入計画や管理、料金設定を行なっている収入の管理部署です。
CMの視聴者ターゲットを考慮し、適切な時間帯に放送できるような管理もしています。

事業部

イベントやコンサートなど各種事業の企画立案や実施運営を行っています。
本社内で各支社をサポートし、主に沖縄エリアにおける支社関連スポンサーフォローも行っています。

支社

東京支社

大手スポンサーや広告代理店が集中しているところで、番組やCMの企画・セールスなどを行なっています。またキー局のフジテレビと編成交渉や番組購入などを行なうところです。

関西支社

関西エリアのCMに関する企画やセールスを行っています。

福岡支社

福岡エリアのCMに関する企画やセールスを行っています。

報道制作局  

報道部

報道部は、日々のニュースにおける企画や取材、出稿を行う部署です。
アナウンサーは、沖縄テレビの顔といっても過言ではありません。ニュースやスポーツ中継、番組のMCなどを行うほか、取材活動や番組制作も行います。
報道記者は、視聴者へ正しい情報を届けるため、県内各地を駆け巡り、迅速かつ的確な取材活動を行います。情報を深く掘り下げ、番組として企画することもあります。

報道推進部

報道部で出来上がった原稿やニュース素材をもとにニュースの送り出しを行なう部署です。
全国中継ではフジテレビとの調整役として、また地方の通信員(北部・中部・宮古・石垣)から送られてくるニュース素材を管理します。また、過去のニュース素材の整理・管理、アーカイブなども行なっています。
報道カメラマンは報道の番組やニュースの取材・撮影を行い、撮ってきた映像の編集を行います。時には自ら取材に出てリポートすることもあります。

制作部

プロデューサーやディレクター、美術スタッフなどがおり、バラエティーやスポーツ、ドキュメンタリー番組など企画・構成・制作に関することを行なっています。

技術局

管理技術部

番編成運行部から送られてきた放送データをもとに、実際のオンエアがきちんと放送されているか監視している部署です。また放送に関するすべての設備(県内の中継局や電力設備、回線等)や社内ネットワークシステムが正常に運用できるよう整備しています。
中継局などを管理することもあるため、第1級陸上無線技術士や電気主任技術者の資格を取得しておけば有利です

制作技術部

カメラマンや音声、照明、VE(Video Engineer)がいます。ディレクターと共に屋外での中継や取材、スタジオ内での収録を行ないます。SNG(Satellite News Gathering)中継車から電波を送るためには第1級陸上特殊無線技士などの資格が必要なため、取得しておけば有利です。

編成局

編成運行部

番組を編成するところと、番組を運行するところに分かれています。
編成では視聴率を検証し、より良いコンテンツを視聴者にお届けするよう努力しています。またより多くの人に番組を見てもらうための広報展開を行なっています。人気キャラクター「ゆ〜たん」もいます。一方、番組運行では、番組素材・CM素材・提供スーパーの準備や、何時にどの番組を放送するのかなど1日分の放送データの作成を行っています。
また、番組及びCMの考査に関する業務を行っています。月に1回、社外の方で構成される番組審議員による番組審議会を仕切ります。