沖縄テレビ放送基準

第18章 広告の時間基準

(144) コマーシャルの種類はタイムCM、スポットCMとする。
  <ラジオ>
(145) タイムCMは、次の限度を超えないものとする。ニュース番組および5分未満の番組の場合は各放送局の定めるところによる。

5分番組
10分番組
15分番組
20分番組
25分番組
30分番組
1分00秒
2分00秒
2分30秒
2分40秒
2分50秒
3分00秒
30分以上の番組 10%
(1) 番組内で広告を目的とする言葉、音楽、効果、シンギング・コマーシャル(メロディだけの場合も含む)、その他お知らせなどは、コマーシャルとする。
(2) 共同提供、タイアップ広告などは、タイムCMの秒数に算入する。
(146) PTの1番組に含まれる秒数の標準は次のとおりとする。

10分番組
15分番組
20分番組
25分番組
30分番組
2分00秒
2 分40秒
3 分20秒
3 分40秒
4 分00秒
上記以外の番組は各放送局の定めるところによる。
(147) ガイドは各放送局の定めるところによる。
  <テレビ>
(148) 週間のコマーシャルの総量は、総放送時間の18%以内とする。
(149) プライムタイムにおけるコマーシャルの時間量は、以下を標準とする(SB枠を除く)。ただし、スポーツ番組および特別行事番組については各放送局の定めるところによる。

5分以内の番組
10分以内の番組
20分以内の番組
30分以内の番組
40分以内の番組
50分以内の番組
60分以内の番組
1分00秒
2分00秒
2分30秒
3分00秒
4分00秒
5分00秒
6分00秒
60分以上の番組は 上記の時間量を準用する。

(注) プライムタイムとは、局の定める午後6時から午後11時までの間の連続した3時間半を言う。
(1) タイムCMには、音声(言葉、音楽、効果)、画像(技術的特殊効果)などの表現方法を含む。
(2) 演出上必要な場合を除き、広告効果を持つ背景・小道具・衣装・音声(言葉、音楽)などを用いる場合はコマーシャル時間の一部とする。
(150) スーパーインポーズは、番組中においてコマーシャルとして使用しない。ただし、スポーツ番組および特別行事番組におけるコマーシャルとしての使用は、各放送局の定めるところによる。
(151) スポットCMの標準は次のとおりとするが、放送素材の音声標準は民放連技術規準による。

音声
時間 音節数
5秒
10秒
15秒
20秒
30秒
60秒
3.5秒以内
8 秒以内
13 秒以内
18 秒以内
28 秒以内
58 秒以内
21音節
48音節
78音節
108音節
168音節
348音節
その他は各放送局の定めるところによる。
(152) ガイドは各放送局の定めるところによる。

[<戻る]

沖縄テレビ放送基準
第1章 人 権
第2章 法と政治
第3章 児童および青少年への配慮
第4章 家庭と社会
第5章 教育・教養の向上
第6章 報道の責任
第7章 宗 教
第8章 表現上の配慮
第9章 暴力表現
第10章 犯罪表現
第11章 性表現
第12章 視聴者の参加と懸賞・景品の取り扱い
第13章 広告の責任
第14章 広告の取り扱い
第15章 広告の表現
第16章 医療・医薬品・化粧品などの広告
第17章 金融・不動産の広告
第18章 広告の時間基準
沖縄テレビ放送
放送基準
昭和34年12月1日 制定
昭和41年2月18日 改訂
昭和50年6月1日 改訂
昭和60年4月1日 改訂
平成5年4月1日 改訂
平成11年4月1日 改訂
平成15年6月1日 改訂
平成16年4月1日 改訂
平成26年11月1日 改訂
平成28年3月1日 改訂