第488回番組審議会『報告』

沖縄テレビ放送の第488回番組審議会が、平成30年7月10日(火)に開催されました。今回は6名の委員が出席しました。
今月の議題は、『OTVプライムニュース』から記者とアナウンサーのニュース企画です。
委員から次のような意見が述べられました。

※絶滅危惧種のコウモリが22年ぶりに発見された場所は長年アメリカ軍が練習場として使用してきた場所。皮肉にもそこは手つかずの自然が残ったため貴重な生息地になったことを知った。

※絶滅が危惧されるコウモリの研究は地味ではあるが、自然保護を考える上で意義ある研究にスポットを当てたことを評価したい。

※不幸な交通事故でお嬢さんを亡くされて本当にご両親はつらかったと思う。
そのご両親がつらい気持ちからどういう風にして乗り越えてきたかという姿を紹介してくれたリポートだった。

※3本通して感じたことは、キャスターの締めのコメントがそれぞれ本当に見事だった、大変に研ぎ澄まされた良いニュースの伝え方だったと感じた。

※「15歳で働く喜び更生の道」は人を育てる美しさ、それをごく自然体で映像にしてある点を評価したい。また現在の青少年問題に対して明るい示唆を与える内容で高く評価したい。

※問題のある子を受け入れて理解してくれる何人かの大人が、直接面倒を見たりすることによって、どんな子でも立ち直ってやり直しがきくのだというところを、さりげなく爽やかながらも、非常に重く訴えてくれた。

※非行や貧困等の現代における課題に、どのように社会全体で関わっていくか、どう関わるべきか、考えるきっかけとなるリポートだったと思う。


< 審議委員 >
出席 :山内 彰委員長 宮城 能彦副委員長 山内 カンナ委員 山川 厚子委員
本永 浩之委員 玉城 常邦委員
欠席 :嘉数 道彦委員

 

バックナンバー