CLOSE

番組審議会

第523回番組審議会『報告』

沖縄テレビ放送の第523回番組審議会が4月12日開催されました。審議には6名の委員が出席し、1名からレポート提出がありました。

議題は3月放送の「沖縄復帰50年特別企画 オキナワ強者(チューバ―)列伝」で、委員から次のような意見が寄せられました。

※四氏についてもう少し知りたくなり、細かな解説があってもよかったのではないかと思った。その反面、1時間という番組枠としてはうまくまとめられていたのではないかなとも思った。

※生放送のいいところが生かされているのか、ちょっと分からなかった。経済界四天王を沖縄のエンターテイメントを代表する4人が演じるVTRを受けてのコメントがいるだろうか?と感じた。

※(番組セットについて)もっと赤を多用したほうがいいと思った。白いペンキを塗るより、赤で、誇り、情熱、チューバ―列伝というこのパワーをビジュアルで伝えた方がいい。

※番組に感情移入して「すごいな」となったところで(コメンテーターの)軽いコメントがあり違和感があった。視聴者が熱くなったところをもっと引き上げてもらうと次に進めていける。

※沖縄の復興をドラマ仕立てで分かりやすく説明していて、あっという間に番組が終わった。オグレスビー氏の偉業をもう少し多く紹介してもよかったと思った。

※四天王がつくった会社が今も沖縄経済を引っ張る中核の会社として活躍しているという事を少し入れると現在につながった。データとしてそういう要素があればさらに良かったと感じた。

※エンタメと教養、報道をどううまくマッチングさせるかというのは難しい。お笑いの人がいないと若い人たちはなかなか見ないだろうし、かといって笑いが強すぎると軽くなってしまう。エンタメで教養番組をするというのは沖縄テレビの得意技となっているのでこれを深められたらすごい番組になっていくのではないかと思った。

<審議委員>
出席:宮城能彦委員長・松本剛副委員長・仲宗根斉委員・新城和博委員・桃原早香委員・我那覇奈緒委員
欠席:稲嶺佳乃委員(レポート参加)

 

 

バックナンバー

第525回番組審議会『報告』

第524回番組審議会『報告』

第523回番組審議会『報告』

第522回番組審議会『報告』

第521回番組審議会『報告』