死亡者の6割が集団感染

2020/09/16(水) 12:30

今年7月以降に新型コロナウイルスに感染して死亡した人の6割以上が医療機関など施設内で集団感染していたことが分かった。

沖縄県は15日新型コロナウイルスに感染して死亡した人の感染状況を分析したを公表した。4月の第1波では飲食に伴う感染が42.9%と最も高く、次いで家庭内感染が28.9%となっていた。

一方で第2波の7月以降は死亡した38人のうち23人が病院や社会福祉施設などの集団感染によるもので6割以上を占めている。また死亡した人のうち70代以上の高齢者が9割近くに上っていた。

糸数公統括監「(医療や福祉)施設内での集団発生がおきてしまうと、その施設の特に高齢者が重症化して亡くなると示される。」

医療機関などでの集団感染で死亡した人の割合が高いことから沖縄県は今後、各施設と連携して感染予防の指導や対策に取り組んでいくことにしている。
▼最近のニュース
「食べないと損!」子ども達がミツバチ学びハチミツ味見
新型コロナウイルス 沖縄で3週間ぶり20人以上の新規感染 1人死亡
「操縦機長や整備士の所属・名前回答せず」米軍ヘリ炎上事故
首里城再建 木材は”国産ヒノキ”
新型コロナウイルス 沖縄で新たに7人感染
高江ヘリ炎上事故 容疑者不詳のまま書類送検 沖縄県警

ニュース記事リストへ戻る

「OTV Live News it!」では、県民の皆様からの投稿映像を募集しています。
これまでのローカルニュースがさらにパワーアップ!より地域に密着した、生活に役立つ情報をお届けします。
沖縄県内のローカルニュースに加え、「嘉例ニュース」「沖縄アーカイブ」などの人気企画が満載!
  • 沖縄アーカイブ

    毎月1回 火曜日放送

  • アイランドスコープ

    毎月1回 木曜日放送

  • 嘉例ニュース

    毎月1回 金曜日放送

  • ツイッター公式アカウント

    OTVアナウンサーズ