芸能の広場毎月第4水曜日 15:50〜16:50

郷土劇場誕生当時、放送時間はいつも銭湯が空っぽだった! 立法議院選挙の演説会は水曜は回避した。
郷土劇場は沖縄の肝心(ちむぐくる)、沖縄アイデンティティーを45年に亘って守り伝え続けてきた。
基本コンセプトは郷土芸能文化の継承発展。郷土芸能文化の核は肝心(ちむぐくる)、しなさきです。
全国のテレビ局の中でも、レギュラー番組で方言の番組を編成している局は極めて異例。
1959年11月の開局の翌年2月20日(水)水曜劇場のタイトル名になり、2012年2月20日には満52年になりました。
皇室アルバムと並び日本一の長寿番組です。

放送スケジュール

2020/3/25 (水) 放送 - 郷土劇場

2002年に劇団伊良波が上演した、伊良波尹吉作の「薬師堂」前編。三月三日の浜下りの日に、友人と薬師堂の浜に出かけた白露。多くの女性たちの中でもひときわ美しい鶴に一目ぼれする。白露の思いは募り毎夜毎夜、鶴の屋敷に忍び込んで二人は恋仲になるのだが・・・

<出演者>
【郷土劇場解説部分】当銘由亮、宮城実人、伊良波冴子  【薬師堂】白河白露・小渡和道、友人・当銘由亮 神谷武史、初岡鶴・伊良波さゆき、鶴の父・宮城亀郁、乳母・伊良波冴子、下男・翁長武夫 普久原明、真苅・八木政吉、その母・平良時子、その父・宜保哲也



ご意見、ご感想


E-mail : kyougeki@otv.co.jp
ハガキ:〒900-8588 沖縄テレビ 制作部「郷土劇場」