芸能の広場毎月第4水曜日 15:50〜16:50

郷土劇場誕生当時、放送時間はいつも銭湯が空っぽだった! 立法議院選挙の演説会は水曜は回避した。
郷土劇場は沖縄の肝心(ちむぐくる)、沖縄アイデンティティーを45年に亘って守り伝え続けてきた。
基本コンセプトは郷土芸能文化の継承発展。郷土芸能文化の核は肝心(ちむぐくる)、しなさきです。
全国のテレビ局の中でも、レギュラー番組で方言の番組を編成している局は極めて異例。
1959年11月の開局の翌年2月20日(水)水曜劇場のタイトル名になり、2012年2月20日には満52年になりました。
皇室アルバムと並び日本一の長寿番組です。

放送スケジュール

2019/1/23 (水) 放送 - 郷土劇場

真喜志康忠「義理の兄妹」(前後編)

1983年に上演され、郷土劇場第989回として放送された、真喜志康忠の芸能生活50周年記念公演(作・平安山英太郎、演出・真喜志康忠)を当時の映像そのままで放送する。 妻に先立たれ、乳飲み子と小さな息子を抱え命を絶とうとする父親。その前に偶然、新垣の主が通りがかり、父子を救う。その時出会ったばかりにもかかわらず、新垣の主は父親に、持っていたお金を渡し、乳飲み子も預かるという。
新垣の主は、預かった乳飲み子をカナシーと名付け、実の息子と兄妹として育てるが、ある日、兄は父親の会話を聞いてしまう。それは、妹が「実の妹ではない」ことだった。恋心が芽生える兄。時を同じくして現れる別の男性の姿・・・、はたして兄の恋心は妹カナシーに届くのだろうか?当時の映像をそのままお送りする。

<出演者>
阿兄・真喜志康忠
主・森田豊一
カナシー・伊良波冴子
正夫・玉木伸
幼少期の正夫・嘉数美智子
正夫の父・花城清一
隣のアンマー・嘉数好子



ご意見、ご感想


E-mail : kyougeki@otv.co.jp
ハガキ:〒900-8588 沖縄テレビ 制作部「郷土劇場」