LINE活用し感染者との接触情報を通知 「RICCA(リッカ)」

2020/10/16(金) 20:00

新型コロナウイルスの新たな感染対策として沖縄県民や観光客に利用を呼び掛けている。沖縄県は無料通信アプリ「LINE」を活用して新型コロナウイルスの感染者と接触した可能性がある場合、利用者に知らせるサービスを16日開始した。

沖縄県が運用を開始したのは新型コロナウイルス感染防止対策システム「RICCA」。県が1人1人の状況にあった新型コロナの情報を発信しているLINEの機能を追加し利用者が感染した人と接触した可能性がある場合に知らせてくれるものだ。

飲食店や病院などに設置されたQRコードをリッカで読み込むことで、その後、感染が判明した人と同じ時間帯、同じ場所にいた人に体調が優れない時の連絡先や感染防止策を徹底するよう通知が届く。

システムの効果を高めるには、より多くの人に利用してもらうことが重要で玉城知事は県民や事業者、それに観光客などに広く利用を呼びかけた。リッカの利用率を高めるため県ではQRコードを読み取る際に利用する施設のクーポンが受け取れるサービスを今月中に始める予定だ。
▼最近のニュース
首里城火災から1年 在りし日の姿に思い馳せプロジェクションマッピングも
沖縄の新規感染者32人 2人死亡
首里城火災から1年 二度と惨事起こすまい 早朝の消火訓練
消防士たちが首里城Tシャツでチャリティー
断固拒否の決議も 下地幹郎衆院議員が自民党に復党願い
沖縄のパイオニア 大城立裕さんにお別れ

ニュース記事リストへ戻る

「OTV Live News it!」では、県民の皆様からの投稿映像を募集しています。
これまでのローカルニュースがさらにパワーアップ!より地域に密着した、生活に役立つ情報をお届けします。
沖縄県内のローカルニュースに加え、「嘉例ニュース」「沖縄アーカイブ」などの人気企画が満載!
  • 沖縄アーカイブ

    毎月1回 火曜日放送

  • アイランドスコープ

    毎月1回 木曜日放送

  • 嘉例ニュース

    毎月1回 金曜日放送

  • ツイッター公式アカウント

    OTVアナウンサーズ