薩摩侵攻だけでない「尚寧王」の生涯たどる

2020/10/16(金) 20:00

浦添市の市政50周年を記念し、琉球国王尚寧王の生涯を辿る企画展が16日から開かれている。

第二尚氏第7代国王の尚寧王は浦添の生まれで1609年の薩摩侵攻など国難に立ち向かった王として知られている。尚寧王の没後400年、浦添市制50周年の節目を記念した企画展が、浦添市美術館で始まり尚寧王にまつわる貴重な収蔵品が展示されている。

このなかで18年ぶりに一般公開されたのは尚寧王の遺骨が納められていたとされる石厨子だ。

浦添市教育委員会文化財係佐伯信之さん「直に見ていただけるというのは、非常に大きな意義があると思います。薩摩侵攻という大きな事件はあるんですけど、それ以外はなかなか皆さんに知られていないと思いますので、今回はそこも紹介できるように展示してみました」

尚寧王展は来月15日まで浦添市美術館で開かれています。
▼最近のニュース
首里城火災から1年 在りし日の姿に思い馳せプロジェクションマッピングも
沖縄の新規感染者32人 2人死亡
首里城火災から1年 二度と惨事起こすまい 早朝の消火訓練
消防士たちが首里城Tシャツでチャリティー
断固拒否の決議も 下地幹郎衆院議員が自民党に復党願い
沖縄のパイオニア 大城立裕さんにお別れ

ニュース記事リストへ戻る

「OTV Live News it!」では、県民の皆様からの投稿映像を募集しています。
これまでのローカルニュースがさらにパワーアップ!より地域に密着した、生活に役立つ情報をお届けします。
沖縄県内のローカルニュースに加え、「嘉例ニュース」「沖縄アーカイブ」などの人気企画が満載!
  • 沖縄アーカイブ

    毎月1回 火曜日放送

  • アイランドスコープ

    毎月1回 木曜日放送

  • 嘉例ニュース

    毎月1回 金曜日放送

  • ツイッター公式アカウント

    OTVアナウンサーズ