「戦没者の遺骨が地中に」辺野古埋め立て土砂 南部からの採取計画に疑義

2020/11/21(土) 18:00

米軍普天間基地の移設計画で、沖縄防衛局が辺野古の埋め立てに使う土砂の調達場所を県全域に広げている。
遺骨収集ボランティア「ガマフヤー」の具志堅代表は「南部には沖縄戦犠牲者の遺骨が多く眠っている」と土砂を採取しないよう訴えている。

沖縄防衛局は今年4月に県に提出した設計変更申請の中で、辺野古の埋め立てに使う土砂を新たに糸満市・八重瀬町など本島南部からも調達を検討する考えを示している。
沖縄防衛局を訪れた遺骨収集ボランティア・ガマフヤーの具志堅隆松代表は「沖縄戦の激戦地となった南部では今も多くの遺骨が地中に残っている」として、緑地帯などを新たな採石場として開発しないよう訴えた。
▽ガマフヤー・具志堅隆松代表『(土砂の)需要を満たすために緑地帯が新たに伐採されて採石場になると、遺骨収集しなければいけない場所が遺骨もろとも消失してしまうことになりかねない』
具志堅代表は南部のいたるところで遺骨が出土する現状を視察するよう求めたが、防衛局の担当者は「要請内容を内部で共有したい」と述べるにとどめた。
▼最近のニュース
ミニバスケット沖縄ナンバー1決定!
沖縄で新たに78人がコロナ感染 3連休が影響か
【速報】沖縄でコロナ新規感染者78人
白バイ・パトカーにも試乗 沖縄・石垣市の小学校で出前授業
エコドライブ推進で環境大臣賞
おにぎりにして食べるぞ! 石垣島の小学生が田植えに挑戦

ニュース記事リストへ戻る

「OTV Live News it!」では、県民の皆様からの投稿映像を募集しています。
これまでのローカルニュースがさらにパワーアップ!より地域に密着した、生活に役立つ情報をお届けします。
沖縄県内のローカルニュースに加え、「嘉例ニュース」「沖縄アーカイブ」などの人気企画が満載!
  • 沖縄アーカイブ

    毎月1回 火曜日放送

  • アイランドスコープ

    毎月1回 木曜日放送

  • 嘉例ニュース

    毎月1回 金曜日放送

  • ツイッター公式アカウント

    OTVアナウンサーズ