2020年度の沖縄観光客7割減 外国人は初めてゼロに

2021/05/03(月) 19:00

昨年度沖縄を訪れた観光客の数は258万人あまりで、前の年度に比べて7割以上減りました。

県によりますと去年4月から今年3月までの観光客の数は258万3600人で、前の年度に比べておよそ689万人、率にして72.7%減りました。
新型コロナウイルスの影響で書き入れ時となるゴールデンウィークや夏休み、年末年始に国や県の緊急事態宣言が重なり、減少数・減少率ともに過去最も大きくなりました。
外国人観光客は日本への入国制限やクルーズ船の運休などにより、本土復帰後初めてゼロになりました。
今年度もコロナの感染状況やワクチンの接種スケジュールに大きく左右されるほか、海外からの入国制限が続いている事から県は年度の前半までは厳しい状況が続くと予想しています。
▼最近のニュース
新型コロナで困窮する学生を同窓会が支援
”落とし物”は現金1000万円以上
海中転落の夫婦を連携して救助 3人を表彰
浦添市が生理食塩水のみ誤注射で謝罪 新型コロナワクチン集団接種
ガレッジ川田さんなど 「復帰っ子」が明るい沖縄実現へ 新プロジェクト
県産パインの消費拡大へ 新名称を発表

ニュース記事リストへ戻る

「OTV Live News イット!」では、県民の皆様からの投稿映像を募集しています。
これまでのローカルニュースがさらにパワーアップ!より地域に密着した、生活に役立つ情報をお届けします。
沖縄県内のローカルニュースに加え、「嘉例ニュース」「沖縄アーカイブ」などの人気企画が満載!
  • 沖縄アーカイブ

    毎月1回 火曜日放送

  • アイランドスコープ

    毎月1回 木曜日放送

  • 嘉例ニュース

    毎月1回 金曜日放送

  • ツイッター公式アカウント

    OTVアナウンサーズ