コロナ医療ケアのため「入院待機ステーション」を開設へ

2021/06/11(金) 12:15

コロナ感染拡大で沖縄県内の医療提供体制がひっ迫する中、県は入院調整中の感染者を一時待機させる「入院待機ステーション」を今週末から開設します。

今週も連日100人を超える新規感染者が確認され、入院に向けて調整している人や自宅療養者が増加していて、こうした人への医療ケアをどう確保するかが課題となっています。
こうした中、県は入院が必要にも拘わらず入院先が決まらない感染者を一時的に待機させる場所として「入院待機ステーション」を設置し、今週末から運用を始めます。
ステーションでは20人ほどを受け入れる予定で、医師1人と看護師が常駐し、酸素を投与しながら経過を観察します。
また自宅での療養は家族内で感染するリスクもあることから、県は宿泊療養施設を新たに確保し自宅療養者を減らしたい考えです。
▼最近のニュース
沖縄県 米軍機の低空飛行訓練の情報を募る
沖縄県 新たに61人の新型コロナ感染確認
【速報】沖縄県 新たに61人の新型コロナウイルス感染確認
石垣市 新型コロナ医療応援の医師が2週間の勤務を終え岩手県に戻る
再びハンスト決行 ガマフヤーの具志堅さん 「知事は辺野古申請不承認を」
宣言継続の沖縄で新たに97人コロナ感染 知事ワクチン接種加速へ

ニュース記事リストへ戻る

「OTV Live News イット!」では、県民の皆様からの投稿映像を募集しています。
これまでのローカルニュースがさらにパワーアップ!より地域に密着した、生活に役立つ情報をお届けします。
沖縄県内のローカルニュースに加え、「嘉例ニュース」「沖縄アーカイブ」などの人気企画が満載!
  • 沖縄アーカイブ

    毎月1回 火曜日放送

  • アイランドスコープ

    毎月1回 木曜日放送

  • 嘉例ニュース

    毎月1回 金曜日放送

  • ツイッター公式アカウント

    OTVアナウンサーズ