沖銀・沖電が脱炭素社会へ協定締結

2021/09/14(火) 12:05

「SDGs」持続可能な開発目標の1つでもある脱炭素社会の実現に向けて取り組む動きが県内でも加速しています。

先週、沖縄銀行と沖縄電力は個人や企業に向けた「脱炭素」の普及啓発に連携して取り組む協定を結びました。2050年までにCO2の排出実質ゼロを目指す沖縄電力の本永浩之社長は、「持続可能な社会の実現性が高まる」と期待を込めました。
こうした中、脱炭素社会の進展について全国の企業を対象にした調査で「プラスの影響がある」と回答した県内の企業は15.9%と全国平均を上回りました。また「マイナスの影響がある」とした企業は11%で、大型トラックなどEV化が進んだ際の車両価格への影響を心配する声も聞かれました。
調査した帝国データバンクは、「県内企業の脱炭素社会への意識は全国よりも高く、一方で自社の取り組みに落とし込めていない企業も一定数あるとして今後の事業に与える影響は大きく、早い段階からの準備が重要」と指摘しています。
▼最近のニュース
103歳おばあちゃん 玄孫(やしゃご)と対面 「抱っこするために長生きしたい」
辺野古サンゴ移植 当局に助言する”専門家委員会”の見解を質す
緊急事態宣言下の”シルバーウィーク” 蜜を避けてリフレッシュ
沖縄4人死亡80人感染 2か月ぶり100人下回る
今こそ、アートのチカラ 沖展関連イベント
ヤンバルクイナの生態学ぶ クイナの日にちなんで

ニュース記事リストへ戻る

「OTV Live News イット!」では、県民の皆様からの投稿映像を募集しています。
これまでのローカルニュースがさらにパワーアップ!より地域に密着した、生活に役立つ情報をお届けします。
沖縄県内のローカルニュースに加え、「嘉例ニュース」「沖縄アーカイブ」などの人気企画が満載!
  • 沖縄アーカイブ

    毎月1回 火曜日放送

  • アイランドスコープ

    毎月1回 木曜日放送

  • 嘉例ニュース

    毎月1回 金曜日放送

  • ツイッター公式アカウント

    OTVアナウンサーズ