認知症の行方不明者を捜索するためのワーキンググループ

2021/09/14(火) 12:10

認知症のため行方が分からなくなった人を早期に発見するための対処法について考えるワークショップが12日開かれました。

浦添市民を対象にオンラインで行われたワークショップには80人が参加しました。この中では過去、実際に行方不明になった高齢者を捜索した事例を紹介し、日頃から地域住民同士のコミュニケーションを図り認知症の人を地域で見守ることの大切さを確認しました。
▽沖縄ハンズオンNPOプログラムコーディネーター宮里ジュンさん『まず認知症っていう言葉も今、遠い問題ではなくて本当に身近にある問題となってきていると思います。同じ課題を共有することで私だったらこういう風に解決できるというそういう糸口に繋がる』
主催者は認知症への理解が進むよう今後もワークショップを重ねることにしています。
▼最近のニュース
103歳おばあちゃん 玄孫(やしゃご)と対面 「抱っこするために長生きしたい」
辺野古サンゴ移植 当局に助言する”専門家委員会”の見解を質す
緊急事態宣言下の”シルバーウィーク” 蜜を避けてリフレッシュ
沖縄4人死亡80人感染 2か月ぶり100人下回る
今こそ、アートのチカラ 沖展関連イベント
ヤンバルクイナの生態学ぶ クイナの日にちなんで

ニュース記事リストへ戻る

「OTV Live News イット!」では、県民の皆様からの投稿映像を募集しています。
これまでのローカルニュースがさらにパワーアップ!より地域に密着した、生活に役立つ情報をお届けします。
沖縄県内のローカルニュースに加え、「嘉例ニュース」「沖縄アーカイブ」などの人気企画が満載!
  • 沖縄アーカイブ

    毎月1回 火曜日放送

  • アイランドスコープ

    毎月1回 木曜日放送

  • 嘉例ニュース

    毎月1回 金曜日放送

  • ツイッター公式アカウント

    OTVアナウンサーズ