辺野古サンゴ採捕訴訟 玉城知事が意見陳述

2020/11/20(金) 19:50

普天間基地の名護市・辺野古への移設工事を巡り、農林水産大臣が玉城知事にサンゴの採捕許可を認めるよう「指示」したのは違法な関与だとして、取り消しを求める裁判が20日開かれ玉城知事が意見陳述した。
裁判は即日結審し、判決は来年2月3日に言い渡される。

裁判の前には移設工事に反対する市民団体が集会を開き、意見陳述に当たる玉城知事が国の違法性を訴えた。
▽玉城知事『沖縄県が審査中であるにも関わらず、農林水産大臣は私が処分の判断をする前に許可を命じました。このような事は知事の判断権限を奪う物であり大きな問題となります』
普天間基地の移設工事を巡り、埋め立て予定地に生息するおよそ4万群体のサンゴについて今年2月、農林水産大臣が県に移植を許可するよう指示を出した。
県はこれを国の違法な関与として国地方係争処理委員会に申し出ましたが、今年7月違法性は無いと結論付けられたため、県はこれを不服として福岡高裁那覇支部に提訴した。
意見陳述で玉城知事は「地方自治体への国の関与は最小限であるべきという地方自治の原則に合致しない」と国の違法性を訴えた。
また、移植申請の処分を保留していたことについては「工事の内容が確定しておらず妥当か判断できる状況ではない」と説明した。
いっぽう、国は「45日間という標準処理期間を超えても許可・不許可を判断しない県の姿勢は公平性を欠く」として請求の棄却を求めている。
裁判は即日結審し、判決は来年2月3日に言い渡される。
▼最近のニュース
ミニバスケット沖縄ナンバー1決定!
沖縄で新たに78人がコロナ感染 3連休が影響か
【速報】沖縄でコロナ新規感染者78人
白バイ・パトカーにも試乗 沖縄・石垣市の小学校で出前授業
エコドライブ推進で環境大臣賞
おにぎりにして食べるぞ! 石垣島の小学生が田植えに挑戦

ニュース記事リストへ戻る

「OTV Live News it!」では、県民の皆様からの投稿映像を募集しています。
これまでのローカルニュースがさらにパワーアップ!より地域に密着した、生活に役立つ情報をお届けします。
沖縄県内のローカルニュースに加え、「嘉例ニュース」「沖縄アーカイブ」などの人気企画が満載!
  • 沖縄アーカイブ

    毎月1回 火曜日放送

  • アイランドスコープ

    毎月1回 木曜日放送

  • 嘉例ニュース

    毎月1回 金曜日放送

  • ツイッター公式アカウント

    OTVアナウンサーズ