第三次普天間爆音訴訟 過去最多の原告で追加提訴

2021/03/25(木) 19:45

過去最多の原告団でアメリカ軍機の夜間・早朝の飛行差し止めを求めていく。

国を相手取った第3次普天間爆音訴訟で、25日新たに1100人余りが原告に名を連ねた。
▽普天間爆音訴訟原告団島田善次団長『この実態を打破していくためには、一人一人が決意を新たにして臨むほかありません』
普天間基地周辺の住民は去年12月、アメリカ軍機の夜間・早朝の飛行差し止めや損害賠償などを求める3度目の裁判を起こした。
その後も原告団が引き続き裁判への参加を呼び掛けたところ、新たに1166人が追加提訴し、原告の数は過去最も多い5300人余りとなった。
これまでの裁判では過去の騒音被害について国に賠償を命じる一方、飛行差し止めについては「アメリカ軍機の運用を国が制限する立場にない」として訴えが退けられていた。
▼最近のニュース
沖縄県 米軍機の低空飛行訓練の情報を募る
沖縄県 新たに61人の新型コロナ感染確認
【速報】沖縄県 新たに61人の新型コロナウイルス感染確認
石垣市 新型コロナ医療応援の医師が2週間の勤務を終え岩手県に戻る
再びハンスト決行 ガマフヤーの具志堅さん 「知事は辺野古申請不承認を」
宣言継続の沖縄で新たに97人コロナ感染 知事ワクチン接種加速へ

ニュース記事リストへ戻る

「OTV Live News イット!」では、県民の皆様からの投稿映像を募集しています。
これまでのローカルニュースがさらにパワーアップ!より地域に密着した、生活に役立つ情報をお届けします。
沖縄県内のローカルニュースに加え、「嘉例ニュース」「沖縄アーカイブ」などの人気企画が満載!
  • 沖縄アーカイブ

    毎月1回 火曜日放送

  • アイランドスコープ

    毎月1回 木曜日放送

  • 嘉例ニュース

    毎月1回 金曜日放送

  • ツイッター公式アカウント

    OTVアナウンサーズ