新型コロナウイルス 沖縄県新たに137人の感染確認

2021/04/14(水) 19:45

県内では14日、新たに新型コロナウイルスへの感染者が137人確認された。
県内の新規感染者は8日間で1000人を超えるなど県は「これまでにないペースで感染が広がっている」と危機感を示し、感染対策の徹底を呼び掛けている。

新たに感染が確認されたのは10歳未満から90代までの男女137人。
県は14日、那覇市内の医療機関など新たに2件のクラスターを認定したと発表した。
これで、県内のクラスターは149件。
県内では感染の高止まりの状況が続いて、累計の患者数は1万1000人を越え、今月6日からの8日間で感染者が1000人に達し、これまでにないペースで感染が拡大している。
人口10万人あたりの直近1週間の新規感染者の数は56.69人。
大阪府に次いで全国2番目に多く、新型コロナウイルス専用の病床占有率は、13日に続いて100%を超えている。
ところで、県内では今月12日から高齢者向けのワクチン接種が始まっているが、県によると先行接種を受けている医療従事者の中で、少なくとも3人がワクチン接種後に新型コロナウイルスに感染している。
県は感染や重症化のリスクをワクチンによって低減させることが出来るとする一方、リスクが完全にゼロになるわけでは無いと接種後も感染対策を継続するよう呼びかけている。
▽糸数公医療技監『感染については(ワクチン接種後も)同じように気を付けて頂きますけど接種を多くの方を打つことで全体の感染を抑えるという事を期待していますので是非受けて頂きたいと思います』
県内では15日、うるま市の津堅島で高齢者への接種のほか、県内で初めて65歳未満の住民への接種も行われる。
▼最近のニュース
新型コロナで困窮する学生を同窓会が支援
”落とし物”は現金1000万円以上
海中転落の夫婦を連携して救助 3人を表彰
浦添市が生理食塩水のみ誤注射で謝罪 新型コロナワクチン集団接種
ガレッジ川田さんなど 「復帰っ子」が明るい沖縄実現へ 新プロジェクト
県産パインの消費拡大へ 新名称を発表

ニュース記事リストへ戻る

「OTV Live News イット!」では、県民の皆様からの投稿映像を募集しています。
これまでのローカルニュースがさらにパワーアップ!より地域に密着した、生活に役立つ情報をお届けします。
沖縄県内のローカルニュースに加え、「嘉例ニュース」「沖縄アーカイブ」などの人気企画が満載!
  • 沖縄アーカイブ

    毎月1回 火曜日放送

  • アイランドスコープ

    毎月1回 木曜日放送

  • 嘉例ニュース

    毎月1回 金曜日放送

  • ツイッター公式アカウント

    OTVアナウンサーズ