沖縄こどもの国 アミメキリンのキボウが天国へ旅立つ

2021/04/14(水) 20:10

沖縄市の沖縄こどもの国で長年愛されてきたアミメキリンの『キボウ』が12日天国へと旅立った。

アミメキリンのキボウは沖縄こどもの国で2004年2月6日に生まれ、毎年開かれる誕生日会には多くの人が祝福に訪れるなど人気を集めていた。
キボウは今月8日頃から体調を崩し治療に当たっていたものの、12日息を引き取った。
キボウは17歳2か月で、人間の年齢に換算すると50歳くらいという。
死因については調査中で、園の職員は「キボウのお母さんは国内最高齢のキリンとして30歳まで生きた高子で長寿の家系だったのでまさかと思った」「今年初めには妹の夢が光を出産し姪っ子を柵越しに見守っていたのが記憶に残ります」とコメントしている。
▼最近のニュース
新型コロナで困窮する学生を同窓会が支援
”落とし物”は現金1000万円以上
海中転落の夫婦を連携して救助 3人を表彰
浦添市が生理食塩水のみ誤注射で謝罪 新型コロナワクチン集団接種
ガレッジ川田さんなど 「復帰っ子」が明るい沖縄実現へ 新プロジェクト
県産パインの消費拡大へ 新名称を発表

ニュース記事リストへ戻る

「OTV Live News イット!」では、県民の皆様からの投稿映像を募集しています。
これまでのローカルニュースがさらにパワーアップ!より地域に密着した、生活に役立つ情報をお届けします。
沖縄県内のローカルニュースに加え、「嘉例ニュース」「沖縄アーカイブ」などの人気企画が満載!
  • 沖縄アーカイブ

    毎月1回 火曜日放送

  • アイランドスコープ

    毎月1回 木曜日放送

  • 嘉例ニュース

    毎月1回 金曜日放送

  • ツイッター公式アカウント

    OTVアナウンサーズ