米軍PFOS実態調査のため基地内立ち入り求めるもゼロ回答

2021/09/14(火) 19:20

先月、アメリカ軍が人体に有害なPFOSなどを含む汚染水を下水道に放出した問題で、県は基地内への立ち入っての調査をアメリカ軍に働きかけるよう政府に要請しました。

アメリカ軍は普天間基地から放出した汚染水について、PFOSとPFOAの濃度は1リットルあたり2.7ナノグラムと安全性を強調していましたが、宜野湾市が放出したその日に下水道の水を採取して調査したところ、国の基準値の13倍を超える値が確認されました。

14日、環境省の出先機関を訪れた県の溜基地対策統括監は基地の中におけるPFOSの管理や汚染の実態を把握するため、普天間基地や嘉手納基地に立ち入っての調査が実現するようアメリカ軍への働きかけを求めました。

このあと非公開で行われた面談の場で環境省沖縄奄美自然環境事務所の宇賀神知則所長は「県の要請は東京の本省に伝える」と述べるに留まり、具体的な説明はありませんでした。
▼最近のニュース
103歳おばあちゃん 玄孫(やしゃご)と対面 「抱っこするために長生きしたい」
辺野古サンゴ移植 当局に助言する”専門家委員会”の見解を質す
緊急事態宣言下の”シルバーウィーク” 蜜を避けてリフレッシュ
沖縄4人死亡80人感染 2か月ぶり100人下回る
今こそ、アートのチカラ 沖展関連イベント
ヤンバルクイナの生態学ぶ クイナの日にちなんで

ニュース記事リストへ戻る

「OTV Live News イット!」では、県民の皆様からの投稿映像を募集しています。
これまでのローカルニュースがさらにパワーアップ!より地域に密着した、生活に役立つ情報をお届けします。
沖縄県内のローカルニュースに加え、「嘉例ニュース」「沖縄アーカイブ」などの人気企画が満載!
  • 沖縄アーカイブ

    毎月1回 火曜日放送

  • アイランドスコープ

    毎月1回 木曜日放送

  • 嘉例ニュース

    毎月1回 金曜日放送

  • ツイッター公式アカウント

    OTVアナウンサーズ