志喜屋キャンプ場(南城市知念)にてドリップコーヒーにお湯を注ぐ様子 | OTV 南国ChillOut(チルアウト)2021年9月2日放送

キャンプコーヒーとスモアで味わう“至福の時間”

ナビゲーターの大城良太がキャンプを体験しながら感じたことをテーマ別にレポートしていく。今回のテーマは、キャンプコーヒーとスモアで味わう“至福の時間”。
ランタンや焚き火の灯に照らされながら、アウトドアならではの至福の時間の過ごし方を紹介する。

キャンプ場で本格コーヒー!

青空が広がっていた上空も徐々にランタン色に染まっていく。

志喜屋キャンプ場(南城市知念)にて沈む夕日の様子 | OTV 南国ChillOut(チルアウト)2021年9月2日放送

夕飯を食べ終え、ホッと一息つくときに飲みたくなるのが「コーヒー」。
日も沈み、空気もひんやりとしてきた中で飲む一杯は心を落ち着かせる。
インスタントで飲んでも美味しいが、今回は自分で豆から挽いて淹れたてのドリップコーヒーを味わう。

志喜屋キャンプ場(南城市知念)にて海辺でコーヒーを入れる | OTV 南国ChillOut(チルアウト)2021年9月2日放送

コーヒーを淹れるために準備するものは

・コーヒー豆
・コーヒーミル
・ドリッパー
・フィルター
・コーヒーポット
・マグカップ
・火(今回はガスボンベを使用)

「挽きたての香り」を堪能

ミルを使って好みの粗さにコーヒー豆を挽いていく。
挽いた瞬間にふわっと広がる香りを味わうのが、コーヒーを淹れる楽しみの1つである。
また豆を挽く「ゴリゴリ」という音も心地よい。

志喜屋キャンプ場(南城市知念)にてミルで豆を挽く大城良太 | OTV 南国ChillOut(チルアウト)2021年9月2日放送

こだわりのコーヒーポットで湯を沸かす

豆を挽いている間に湯の準備をする。
ヤカンやケトルでもコーヒーは淹れられるが、今回は注ぎ口が細くなったコーヒーポットを使用することにした。

志喜屋キャンプ場(南城市知念)にてケトルでコーヒーにお湯を注ぐとオシャレ | OTV 南国ChillOut(チルアウト)2021年9月2日放送

見た目もオシャレで、置いているだけで雰囲気を醸し出す。

本格的なドリップに挑戦

コーヒードリッパーにペーパーフィルターをセット。
その中に挽きたての粉を入れて準備をする。

志喜屋キャンプ場(南城市知念)にて挽き立てのコーヒー豆をフィルターに入れる | OTV 南国ChillOut(チルアウト)2021年9月2日放送

【美味しく淹れるポイント】
1.コーヒーに少量の湯を注ぎ、粉全体に均一にお湯を含ませ20秒ほど蒸らす。
2.勢いよく湯を注いでしまうとエグ味や雑味が出てしまうのでゆっくり注ぐ。
3.「の」の字を描くように一定の量をゆっくり、なるべく細く注ぐ。

志喜屋キャンプ場(南城市知念)にてゆっくりとお湯を注ぐ大城良太 | OTV 南国ChillOut(チルアウト)2021年9月2日放送

焦らずに、心を落ち着かせてコーヒーがぽたぽたと落ちる時間まで楽しもう。

志喜屋キャンプ場(南城市知念)にて挽き立てのコーヒー豆にお湯を注ぐ様子 | OTV 南国ChillOut(チルアウト)2021年9月2日放送

コーヒーのお供に「キャンプ定番のスイーツ」

苦いコーヒーには甘いデザートがよく合う。
昔からキャンプ場でよく食べられているスイーツと言えば「スモア」。
スモアとは焼いたマシュマロとチョコレートをビスケットで挟んだ食べ物だ。
暗くなってきたので焚火を準備。

志喜屋キャンプ場(南城市知念)にて焚火を準備する | OTV 南国ChillOut(チルアウト)2021年9月2日放送

スモアという名前は、あまりの美味しさに、「some more!(もうちょっとちょうだい!)」とおねだりすることから、スモアという名前がついたと言われているそう。

志喜屋キャンプ場(南城市知念)にてマシュマロを炙る大城良太 | OTV 南国ChillOut(チルアウト)2021年9月2日放送

マシュマロを炙る

マシュマロを串で刺し、焚き火で炙る。すぐに焦げてしまったり、マシュマロに火が引火してしまったりするので炙り加減が難しい。
マシュマロの焼いている時は大人も童心に帰ることができる。

志喜屋キャンプ場(南城市知念)にてスモア用のマシュマロは軽く焦げ目がつくくらい炙る | OTV 南国ChillOut(チルアウト)2021年9月2日放送

個人的にはほんのり焦げ目がついたぐらいがベストだと思う。

志喜屋キャンプ場(南城市知念)にて、炙ったマシュマロをビスケットの上にのせる | OTV 南国ChillOut(チルアウト)2021年9月2日放送

チョコレートを挟んで完成

火傷しないように串からマシュマロを外し、その上にチョコレートを乗せる。
するとチョコレートが溶けていくので、すかさずビスケットで挟む。

志喜屋キャンプ場(南城市知念)にて炙ったマシュマロをビスケットとチョコをのせてサンドする | OTV 南国ChillOut(チルアウト)2021年9月2日放送

外はサクッ、中はトローリのマシュマロにビスケットとチョコレートの食感が加わり、最高のデザートが完成だ!

志喜屋キャンプ場(南城市知念)にて完成したスモア | OTV 南国ChillOut(チルアウト)2021年9月2日放送

コロナ禍が収束したら、みんなでワイワイ言い合いながらスモアを作って楽しみたいとしみじみ感じた。

コーヒーとスモアと・・・

淹れたてのコーヒーと熱々のスモア。

志喜屋キャンプ場(南城市知念)にていれたてのコーヒーを味わう大城良太 | OTV 南国ChillOut(チルアウト)2021年9月2日放送

これだけで最高なのだが、今回のキャンプでは更に「満点の星空」がソロキャンプを格別なものに演出してくれた。
取材したこの日は、七夕も近いという事もあり天の川が綺麗に見られた。

志喜屋キャンプ場(南城市知念)にて一眼レフで撮影した満天の星空(天の川)| OTV 南国ChillOut(チルアウト)2021年9月2日放送

片手にコーヒーとスモアを持って星空を眺める。キャンプでしか味わえないチルタイム。
まさに“至福の時間”だ。