らくらくクッキング

2020年7月18日放送 今回のテーマ「夏野菜」

〜暑い夏を乗り切るために、夏野菜を思いっきり食べつくそう!!〜

夏野菜・豆知識
夏野菜といえばトマト・ナス・オクラ・とうもろこし・ズッキーニ・ゴーヤー・カボチャなど、色の濃い&馴染みのある野菜ばかり。夏を乗り切るための栄養素がたっぷりで、水分の多い野菜にはカリウムやミネラルなどが多く含まれている。 沖縄では、ウンチェー(空心菜)、カンダバー、ふーちばー、ナーベラー、青パパイヤ、モウイなどがある。
夏野菜のガスパチョ
Atacched File
<材料(2人分)>

a

・水 100ml
・オリーブオイル 小さじ2
・コンソメ顆粒 小さじ1
・塩 ひとつまみ
・ワインビネガー(酢でもOK)大さじ1


・トマト缶 200g(トマトなら2個)
・キュウリ 1/2本
・赤パプリカ 1/2個
・玉ねぎ 1/4個
・食パン 1枚
・ニンニク 小さじ1/2

<作り方>
①パプリカ、キュウリ、玉ねぎは1cmほどのサイの目切りにし、キュウリとパプリカは飾り用にスプーン一杯分を5mm角にカットする
②ミキサーにカットした野菜、パンをちぎりながら入れ、トマト缶、ニンニクも加えて滑らかになるまで攪拌する(2分程度)
③ボウルに移して a を入れて混ぜ合わせ、冷蔵庫で冷やす
★冷蔵庫で一晩寝かすと味が染み込んで美味しくなる
④器に、飾り野菜と一緒に盛り付け、最後にオリーブオイルを適量かけたら完成!

※「飲むサラダ」と言われるガスパチョはスペインの郷土料理
※水の量を調整すれば、冷製パスタのソースや、そうめんのつけダレになります
夏野菜たっぷりのキーマカレー
Atacched File
<材料(2人分)>

a

・カットトマト缶 100g
・カレー粉 大さじ2
・塩コショウ 少々


・ゴーヤー 1/2本
・ナス 1/2本
・赤パプリカ 1/2個
・玉ねぎ 1/2個
・合挽き肉 200g
・ショウガ 小さじ1/2(チューブ)
・めんつゆ 50cc(3倍濃縮)
・サラダ油 小さじ2

<作り方>
①ナス、赤パプリカ、玉ねぎは、粗みじん切りにする
②ゴーヤーは、種とワタを取り除き、5mm幅の輪切りにする
③フライパンに、サラダ油、ショウガを入れ火にかけ、香りが立ってきたら玉ねぎを入れて透き通るまで炒める
④合挽き肉を加え、肉の色が変わるまで炒める
⑤肉の色が変わってきたら a を加え、さらにナス、パプリカ、めんつゆを入れ混ぜ、最後にゴーヤーを入れ、ふたをして中火で2〜3分蒸し焼きにする。
⑥水分が飛ぶまで煮詰めたら完成!

※夏野菜がたっぷり食べられるカレー、時短&フライパンでチャチャっと作っちゃいましょう!
※トッピングで卵黄を乗せてもOK
夏野菜たっぷりの冷やし坦々麺
Atacched File
<材料(2人分)>

a

・豆板醤 大さじ1
・酒 大さじ1
・砂糖 小さじ1
・醤油 小さじ1


・中華麺 2人前
・ラー油(仕上げ用)少々

具材
・空心菜 50g
・オクラ 4本
・ナス 1本
・サラダ油 小さじ1

スープ
・水 100cc
・白練りごま 大さじ1
・すりおろしニンニク 小さじ1/2
・すりおろしショウガ 小さじ1/2
・鶏ガラスープの素 小さじ2
・豆乳 500cc
・白だし 大さじ1

肉みそ
・豚ひき肉 100g
・長ネギ 5cm
・すりおろしニンニク 小さじ1/2
・すりおろしショウガ 小さじ1/2
・ごま油 少々

<作り方>
①「スープ」の材料(水、白練りごま、ニンニク、ショウガ、鶏がらスープの素)を鍋に入れて火にかけ、しっかり混ざったら火から下ろし、豆乳、白だしを加えて混ぜ、冷蔵庫で冷やしておく
②「具材」の空芯菜は、サッと湯がいておく
③ナスは、斜め切りにし、オクラは縦半分にカットする
④フライパンに油をひき、ナスとオクラを入れ、焼き野菜にする
⑤「肉みそ」の材料、長ネギはみじん切りにする
⑥フライパンにごま油をひき、ニンニク、ショウガ、長ネギを炒め、香りが出たら豚ひき肉を入れ炒め、肉の色が変わったら a を入れ、水分が飛ぶまで煮詰める
⑦中華麺を茹で、水でしめたら器に入れてスープを注ぎ、具材と肉みそを盛り付ける
⑧仕上げにラー油をかけたら完成!

前へ TOP 次へ