公開日
河村 もも(OFNE)

河村 もも(OFNE)

五感を超えるコーヒーを、首里から世界へ「rokkan COFFEE SHURI(ロッカンコーヒーシュリ)」(那覇市)

rokkan COFFEE SHURI_那覇市

那覇市樋川、与儀市場を賑わす「rokkan COFFEE(ロッカンコーヒー)」が、2023年10月1日、首里に2号店をオープンしたと聞いて早速行ってきました!その名も「rokkan COFFEE SHURI(ロッカンコーヒーシュリ)」。
名前のとおり、首里城のすぐ近く、龍潭池を眺める通り沿い、県立芸大の出口からすぐのところにあります。

rokkan COFFEE SHURI_那覇市

おいしいコーヒーを飲みながら、店主の奥武 拓也(おくたけ たくや)さんから、ゆっくりお話をうかがってきました。

目次

人気店「rokkan COFFEE(ロッカンコーヒー」が2号店を首里にオープンした理由

rokkan COFFEE SHURI_那覇市

「rokkan COFFEE(ロッカンコーヒー)」は那覇市樋川、与儀市場に1号店があり、いつもたくさんの人で賑わっています。

「rokkan」には「第六感」、すなわち「視・聴・嗅・味・触の五感を超えた先で、楽しむ食を作りたい」というたくやさんの想いが込められています。ロゴは、首里出身の拓也さんが琉球王朝 第2尚家の家紋をイメージして自らデザインしたそうです。

沖縄は、コーヒー栽培に適している地域を指すコーヒーベルトの最北限に含まれていて、名護やうるま市などでコーヒー豆の栽培が行われています。
沖縄、そして首里を大切に思う拓也さんは、「首里城をみながら、沖縄県産コーヒーを飲めるお店を作りたい」と、沖縄のシンボルでもある首里城の前に2店舗目を構えることを決意。
そして「rokkan COFFEE SHURI(ロッカンコーヒーシュリ)」がオープンしました。

沖縄の素材を生かした「rokkan COFFEE SHURI(ロッカンコーヒーシュリ)」の店内

店内には、こだわりがたくさん詰まっています。
レジカウンターは琉球石灰岩、ベンチは琉球畳でできていて、沖縄を感じる内装です。

rokkan COFFEE SHURI_那覇市
rokkan COFFEE SHURI_那覇市
rokkan COFFEE SHURI_那覇市

琉球畳の柔らかな手触りと座り心地は、なんだか落ち着いた気分にさせてくれます。

子ども用のおもちゃも、用意されていています。おむつ替えスペースも現在準備中とのこと。
おもちゃやおむつ替えスペースがあると「子どもも歓迎ですよ!」といってもらえているようで、小さい子どもを育てている身としてはあんしんします。

rokkan COFFEE SHURI_那覇市
rokkan COFFEE SHURI_那覇市

広い店内にはテーブル席はなく、カウンター席とベンチが余裕を持って配置されています。

「テーブルの上で自分たちだけでのコミュニケーションで終わってほしくない。出会いとコミュニケーションが生まれやすいのがコーヒー文化のいいところ。ここでお年寄りや子ども、外国の人も混ざりあう、カオスだけど温かい空間を作りたい。」と拓也さん。

「rokkan COFFEE(ロッカンコーヒー)」では、いつも店員さんが「いらっしゃい!」と明るくと迎え入れてくれて、「いってらっしゃい!」と笑顔で送り出してくれます。

やさしい空気のなか、カウンター席で店員さんとの会話を楽しんだり、広い空間で遊ぶ子どもに声をかけたり。日々自由なコミュニケーションが繰り広げられる様子が目に浮かびます。

水からこだわるコーヒーは格別のおいしさ

rokkan COFFEE SHURI_那覇市

私は「Ice Mocha(モカ)(アーモンドミルク・デカフェ変更)(700円・税込)を注文しました。ミルクをアーモンドミルクに変更したので、アーモンドのほのかな甘味と豊かな香りを感じられます。

rokkan COFFEE SHURI_那覇市

なんと、「rokkan COFFEE SHURI(ロッカンコーヒーシュリ)」のコーヒーはエスプレッソを落とす際の「水」からこだわっているそうです!
コーヒーや店内での飲み水など、用途に合わせて店内で水を製造しているのだそう。水道水を含めた3種類の水を飲み比べさせてもらいましたが、同じ水に見えて味が全然違って驚きました!

一緒に行った夫は「Ice Black Coffee(アイスブラックコーヒー)(500円・税込)」を注文しました。4種類ある豆のなかから「MALAWI(マラウィ)」の豆を選びました。中煎りで焙煎され、ほどよく華やかで飲みやすいアイスコーヒーは、暑い夏にぴったりです。

rokkan COFFEE SHURI_那覇市
rokkan COFFEE SHURI_那覇市

「Black coffee(ブラックコーヒー )」「Cold Brew(コールドブリュー)」「Espresso(エスプレッソ)」は生産者さんや、生産工程を読み、イメージしながら豆を選べます。
季節で豆の種類が変わるのも楽しいですね!

コーヒー豆のセレクトは、試飲用に仕入れた豆を、スタッフみんなで目隠しをしておいしいと思った豆を選ぶ、多数決方式で決めているそうです。流行やブランドに左右されずに選ばれたおいしい豆が店内で焙煎されて、提供されます。

店内で手作りしているこだわりのデザート

店内にある工房で手作りされたケーキは、たくさん種類があって、とてもおいしそうです。

rokkan COFFEE SHURI_那覇市
rokkan COFFEE SHURI_那覇市

迷いましたが、SNSで話題になっていた「キャラメルナッツタルト(480円・税込)」を選びました。
サクサクのタルト生地に、甘すぎないキャラメルナッツの香ばしさがたまりません!コーヒーとの相性バツグンです!

沖縄の作り手から生まれる、心躍る器たち

rokkan COFFEE SHURI_那覇市
rokkan COFFEE SHURI_那覇市

店内飲食の際に提供される器は沖縄の作り手によって、ていねいに作られたものです。

沖縄県読谷村の吹きガラス工房 彩砂(るり)のグラスや、同じく読谷村の志陶房(こころざしとうぼう)の夏至南風(カーチベー)シリーズのカップは、店内はもちろん、「rokkan COFFEE」のオンラインストアでも購入できます。

素敵な器で飲むコーヒーは、心を癒してくれます。沖縄観光のお土産にもおすすめです!

「ROKKANCOFFEE(ロッカンコーヒー)」のこれから

コーヒーをはじめたきっかけを尋ねると「モテると思ったから(笑)」と話す、お茶目な拓也さん。
今後の展望についても尋ねてみると「コーヒー豆を育てて、酪農もはじめて。収穫した豆をその場で焙煎して作ったエスプレッソに、搾りたての牛乳でラテを作りたい!水は湧水を汲んで、石臼で豆を挽けたら最高だよね!」と目を輝かせて語ってくれました。

沖縄でできたものにこだわり、あふれる好奇心でコーヒーと向き合う、拓也さんが作る「rokkan COFFEE SHURI(ロッカンコーヒーシュリ)」で、生まれる物語がとても楽しみです!

Information

rokkan COFFEE SHURI_那覇市
rokkan COFFEE SHURI(ロッカンコーヒー シュリ)
住所
〒903−0812
沖縄県那覇市首里当蔵町2丁目14 やまごうビル1F
電話番号
098−943−4399
営業時間
6時〜18時(L.O.なし)
定休日
なし
駐車場
クレジットカードの利用
電子マネーの利用
HP・SNSのリンク
Instagram
沖縄のカフェまとめ

関連記事

『おしゃれカフェまとめ』
沖縄本島(南部、中部、北部)のカフェをご紹介します。ドライブがてら、デートなどにおすすめのカフェで、ゆったりした時間を過ごしてみませんか?

>記事を読む

山下珈琲店_那覇市首里

関連記事

レトロな喫茶店「山下珈琲店」が街にもたらす味わい深い彩り(那覇市)
首里当蔵の龍潭通り。県立芸大の向かい側にある内科と薬局の間の小路に入って、少し進むとコーヒーと書かれたのぼりが出ている…

>記事を読む

新感覚ハンバーガー!フルーツグルメバーガー。LITOR(リッター)

関連記事

カフェとしてコーヒーにもこだわる『LITOR(リッター)』
2017年のラテアート世界大会で3位に入賞したバリスタ、店長の柳 尚道(やなぎ たけみち)さんにラテ。デットクスなどの美容効果もある竹炭を使ったカフェラテ「ブラックラテ」にはスワンのラテアート…

>記事を読む

コーヒー&お惣菜のお店 soen

関連記事

コミュニティの中心に、コーヒーと惣菜を「soen(ソウエン)」
さまざまに過ごせる空間が広がります。そして最初の来訪のきっかけにと作られたのが、コーヒーと総菜スタンド『soen』。

>記事を読む

PANINO & COFFEE PALLET(パニーニ&コーヒー パレット)

関連記事

本格パニーニとコーヒーが自慢「PANINO & COFFEE PALLET(パニーニ&コーヒー パレット)」(恩納村)
良質な豆選びと焙煎技術に定評のある「沖縄セラードコーヒー」の豆を使用したエスプレッソ、バニラアイス、牛乳、氷をミキサーでクラッシュしたコーヒーシェイクは絶品。

>記事を読む

REEF KNOT COFFEE(リーフ ノット コーヒー)(宜野湾市)メニューは、映画のタイトルになっている|OTV 沖縄モンドウォーカー 2021年8月8日放送

関連記事

メニューが映画のタイトル!スイーツもおいしいカフェ「REEF KNOT COFFEE(リーフ ノット コーヒー)」

>記事を読む

THE CAPE sandwich & coffee & tea(ザ ケープ サンドイッチ&コーヒー&ティー)

関連記事

アフリカの料理やスイーツが楽しめるカフェ「THE CAPE sandwich & coffee & tea(ザ ケープ サンドイッチ&コーヒー&ティー)」
タンザニアやエチオピアなど、アフリカ地域にこだわったコーヒー豆を季節によって厳選して使用。

>記事を読む

HARVEST MOON coffee&wineウィンウィン 2022年11月26日放送

関連記事

アフリカの料理や雑貨をそろえたコンセプトカフェ「HARVEST MOON coffee&wine(ハーベスト ムーン コーヒー&ワイン)」(南城市)

>記事を読む

FLAP COFFEE and BAKE SHOP 普天間店

関連記事

自家焙煎コーヒーや手作りスイーツを提供する「FLAP COFFEE and BAKE SHOP 普天間店」
名護にあるFIAP COFFEE and BAKE SHOPの宜野湾店。ロースター(焙煎士)が厳選した豆を自家焙煎し丁寧に抽出したコーヒーや、エスプレッソを用いたアレンジコーヒーなどのドリンクと、コーヒーと相性のいい手作りスイーツを提供するカフェ。

>記事を読む

又吉コーヒー園(国頭郡)にて、コーヒー豆|南国ChillOut(チルアウト)2023年7月27日放送

関連記事

キャンプにジップラインなど非日常を体験!「又吉コーヒー園」
コーヒーの焙煎体験やジップライン、五右衛門風呂などさまざまなアクティビティが楽しめます。都会の喧騒から離れた又吉コーヒー園で非日常を体感しませんか!?

>記事を読む

志喜屋キャンプ場(南城市知念)にて挽き立てのコーヒー豆にお湯を注ぐ様子 | OTV 南国ChillOut(チルアウト)2021年9月2日放送

関連記事

キャンプコーヒーとスモアで味わう“至福の時間”ミルを使って好みの粗さにコーヒー豆を挽いていく。
挽いた瞬間にふわっと広がる香りを味わうのが、コーヒーを淹れる楽しみの1つである。

>記事を読む

やんばる学びの森キャンプ場(国頭村安波)にて焙煎したコーヒー豆|OTV 南国ChillOut(チルアウト)2022年8月25日放送

関連記事

至福のキャンプ珈琲~自家焙煎にチャレンジ~自然を感じながら飲むドリップコーヒーは格別ですよね。
キャンプで楽しむコーヒーを更に美味しくするために自分自身で生豆から焙煎してみませんか?!
今回は自分好みに焙煎するコツや必要な道具などをご紹介します。

>記事を読む

「コーヒーに国境はない」クーデターで混乱続くミャンマーの豆を取り寄せ…生産者を支援する焙煎人

関連記事

「コーヒーに国境はない」クーデターで混乱続くミャンマーの豆を取り寄せ…生産者を支援する焙煎人。
ミャンマーのコーヒー生産者の力になりたいと、沖縄のコーヒー店の店主が新たな支援を始めている。
焙煎にこだわり、生産者の思いを届ける。

>記事を読む

あわせて読みたい記事

あなたへおすすめ!